--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme :
genre :

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2014-08-23(Sat)

広島の災害報道。雑感。

ニュースで現場の映像を見る度に、改めて、自然の脅威を感じてしまう。いや、もちろん自然にとってはちっぽけな現象なのかもしれないが、一瞬にして命を奪われるワタシたちにとってそれは脅威であり恐怖でもある。つくづく人間の非力さを痛感させられる。

今に始まったハナシではないが、災害関連のニュースを見る度に感じるコトがある。災害発生→犠牲者の悲劇性→原因追求→行政批判・・・というこの流れ。今回もまた然り、である。テレビ各局共に、まるでひな形でもあるかのようなパターン化されたニュースの展開。悲劇であればあるほど、それは責任追求ということとセットになって報じられる。ニュースの構図としてはわかりやすい。“防げたハズでしょ!行政はもっと何かやれたハズでしょ!天災じゃなくてこれは人災じゃないんですか!”

安直過ぎる。

いや、批判するなというハナシではない。次の悲劇を起こさないためにも、行政の怠慢、責任の所在については徹底的に糾弾すべきである。明らかに人災である場合は、ある種の犯罪としての報道姿勢で臨んでもらいたい。マスコミとしての責任を果たしてもらいたい。それは強く思う。がしかし・・・・、である。ニュースを見ていると、どうも最初から“批判ありき”で進めようとする安直な意図を感じるのである。漠然とした世論誘導。当事者でなくとも、悲劇の原因に怒りを感じる余地があれば、その矛先をどこに向けるか、というモードでニュースを見ることになる。このところの災害関連のニュースを見ていて普通にそう感じて当たり前のハナシだ。ただ、これはストーカー殺人や幼児虐待といった事件ではない。自然災害の話である。ましてや今までに体験したことのないような天候に見舞われてのことである。

いつも槍玉に挙げられるのが、避難勧告のタイミングである。もっと早いタイミングで出していれば、亡くならずにすむ命もあったのではないか・・・というアレ。多くの犠牲者が出ているという現実を前にすれば、行政側もそのことを認めざるを得ない。その一方で、オオカミ少年的な状態に陥ることだけは避けなければならない。恐らく避難勧告を出すハードルを下げれば、それはそれで、乱発すべきではないなどと言った声も出て来るだろう。“何事もなくて良かったじゃないか”なんてコトバはかき消されてしまうに違いない。音は小さくとも、批判や文句の声はよく通る(笑)。

またこれは住民の自己責任という単純な話でもない。ある番組では、あの土砂災害の起きた場所の地形的な危険性や、宅地開発による弊害といったことに言及していたが、それこそ結果論で論じられる薄っぺらなものでしかない。津波に襲われれば、沿岸地域は常にその危険性があると言い、もし東京に地震が起きれば、いつ起きても不思議ではなかったと言うだろう。川沿いの地域は増水による危険性を指摘され、安全そうに思えるだだっ広い平地でも、竜巻の危険性を指摘される。要するに、100%安全安心な場所などないのである。居住地としての安全性に地域差があるのは確かだが、最近の自然災害関連のニュースを見ていると、そもそもその地域差の認識というのも無意味なのではないか・・・・と思い知らされるのである。危ない場所に住むのが自己責任と言うのであれば、日本に住んでいる以上、全国民が同じ自己責任を負っているということでもある。テレビ番組で直接言及されることはないが、ニュアンスとして見え隠れする自己責任というコトバの根底には、被災するのはあくまでも他人事だという妙な思い込みがあるように思えて仕方がない。

よく言われる、“過去の教訓を活かせなかったのか”、ということについても、そのコトバだけが先走っているようにも感じる。もちろん過去の災害から学ぶことは大事だし、減災に向けての取り組み方に活かしていくべきことでもある。しかし、自然を相手に、“教訓を活かす”ということはそう簡単なことなのだろうか。これは、交通事故を防ぐといった類いの話ではない。住宅地として何十年も平穏な生活を送ってきた場所で、突然今回のようなことが起きる。起きる可能性は他の地域に比べて高い、というそれだけの理由で、数百人の住人に引っ越しを強制出来るだろうか。

自然のチカラには適うハズもないし、そもそも人間の存在なんて塵みたいなものだ。自然破壊ってなことが問題になることがあるが、結局それは人間破壊の問題でしかない。単なるしっぺ返し。要するに、人間は、自然界の中でどうにか生かされているという認識をもつ必要があるということ。圧倒的な自然のチカラを何度も目の当たりにしていながら、ワタシたちは人間の非力さを学習もしなければ認めようともしていない。どんな自然の脅威も、“喉元過ぎれば・・・”ってヤツである。マスコミは行政を批判さえしていれば、善人側に立っているという安易で大きな勘違いから卒業し、ワタシたち人間の非力さを極当たり前に、そして謙虚に受け止めるべきということを語ることから始めるべきではないのか。

話が逸れているようないないような・・・・え~っと・・・避難勧告のタイミングの話だった(笑)。もし避難勧告に従って避難所へ行く途中に犠牲になるようなことがあるとどうなのか。今回のように、避難民もろとも避難所自体が流されてしまったらどうするのか。避難勧告の回数が増えた場合、そのそれぞれの緊急性の違いはどう捉えるべきなのか。そもそも、避難勧告が出されて、それに素直に従って避難準備を始める人がどれほどいるのか。こういった諸々のことを考えると、行政への過剰な期待と闇雲な批判がいかに不毛なものであるかということがわかってくるのである。

つまり、次の悲劇を最小限に抑えるためにマスコミがチカラを入れるべきなのは、安直な行政批判ではなく、ワタシたち自身の、人間自身の意識、認識についてなのである。自然界には到底立ち向かえないし、適う相手でもない。ただ、その犠牲になることが、単なる運命論で片付けられるべきではない。大切なのは、生き残ろうとする直感力の必要性である。現に野生動物は本能的に生き延びる術を身に付けてる。人間にも同じチカラがあればとは思うが、悪天候の度に“なんかヤバそうな感じだから、引っ越しましょう!”というワケにはいかない。しかし、漠然とでも意識をしておくことがいかに重要であるかというのは、今回被災した人々のインタビューから感じられることもである。皆が口々に、異様なニオイ、音、振動、周りの違和感等々を訴えている。それをどう活かすか。生死の分かれ目のひとつの要素でもある。ただ、今回の災害が深夜から早朝にかけて起きていることを考えると、判断するには難しい状況にあったこともまた事実だろう。

話は戻るが、これは事件ではなく、自然災害であるということ。犯人逮捕で終わり、という類いのものでも、解決策を見つけて終わり、という類いのものでもない。もちろん人災という側面についての検証も徹底してされるべきだが、それが定番のお約束企画であってはならない。今更ではあっても、ワタシたちの災害に対する認識、恐らくは“謙虚さ”の一語に尽きると思うのだが、そのことについても語られるべきだと思う。




↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

関連するエントリー

Loading


comment

Secret

Thank you for your comment !!!!
calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from parkingline. Make your own badge here.
Created with flickr badge.
profile

parkingline

Author:
parkingline

日々の戯言雑言
アレコレ
日々の怒喜交々
アレコレ
喜怒哀楽の覚書
アレコレ

recent entries
recent comments

recent trackbacks

NINJA counter
NINJA visitor
gooberwalk
tag cloud v1.2a
写真表示(#1)ドリームマッチ2009(#1)紅葉(#3)ぶらさがり取材(#3)東国原知事(#1)鬼百合(#1)USP.45(#1)漁船衝突(#6)イージーカバー(#1)東京都青少年健全育成条例(#1)F-05D(#1)トカレフ(#1)麻生首相(#5)ハリー・キャラハン(#1)福田君を殺して何になる(#1)秋葉原連続通り魔事件(#1)固定スライド(#1)爆弾(#1)虐待(#2)ストリートビュー(#2)光学ドライブ(#2)総裁選(#2)S2S(#1)なめらかスロー(#1)インターセプター(#1)ハッピーサマー缶(#1)放火(#1)桜(#2)製造責任(#1)加藤容疑者(#3)PowerShotSX50HS(#4)秋葉原連続殺傷事件(#1)死刑囚(#2)ドラッグ(#1)実名報道(#4)佐世保高1女子殺害(#3)ファイル転送(#1)舞鶴公園(#2)画像表示(#1)鳩山首相(#1)クワガタ(#1)ソフトウェア更新(#1)電動ブローバック(#1)THETA(#1)待受(#1)H&K(#1)橋下知事(#5)DebbieGibson(#1)スカーレット・ヨハンソン(#2)合成写真(#1)Winodws8.1(#1)ロス疑惑(#2)尖閣諸島(#7)picnik(#2)ドコモ(#1)ソーダ味(#1)ペプシホワイト(#1)安田弁護団(#1)photofunia(#1)Skype(#1)臓器移植(#1)UFO(#1)和布刈公園(#1)M29(#1)夕陽(#2)ジャケット写真(#2)ヒメツルソバ(#1)Weapon_of_Choice(#1)鹿児島夫婦殺害(#2)自殺(#3)プッチンプリン(#1)ペプシ(#1)instaxmini(#1)バトン(#1)王貞治(#1)冤罪(#1)バラク・オバマ(#1)原発事故関連(#84)18-35mm(#3)タクティカル・エリート(#1)SIGMA(#4)GLOCK18C(#1)ヤモリ(#2)地下鉄サリン事件(#1)接写(#1)筑紫哲也(#1)法務大臣(#1)ペプシアイスキューカンバー(#1)flickr(#1)死刑反対派(#1)楳図かずお(#2)テロ指定解除(#1)swf(#1)雲(#4)USB(#1)KatyPerry(#1)西川社長(#1)福知山花火大会(#2)関門トンネル人道(#1)docomo(#2)wma(#1)宮崎県知事(#1)チェキ(#1)GPS(#1)クエンティン・タランティーノ(#1)イグ・ノーベル(#1)大統領選(#1)ひき逃げ(#3)キーボードカバー(#1)M92F(#2)bluetooth(#2)ブラウザ(#1)障害者(#2)皇族(#1)参議院選挙(#1)三浦和義元社長(#1)SⅡS(#1)クリエイティブフィルター(#2)ブルドッグ(#1)キル・ビル(#1)PCゲーム(#1)ニード・フォー・スピード(#1)教師(#1)EF50mm(#1)泣き(#1)70-300mm(#1)障害者割引(#1)船外活動(#1)Spyder4pro(#1)MSI(#16)MHL-HDMI変換アダプタ(#1)グロック26(#1)拉致問題(#2)大蘇ダム(#1)osx(#1)体罰(#1)福岡タワー(#1)携帯(#3)DragonEdition2(#10)F-01A(#9)朝鮮学校(#2)SCM(#1)精神鑑定(#8)フォント(#2)音楽(#1)くまモン(#1)友泉亭公園(#1)F-01F(#7)WiMAX2+(#1)グーグルマップ(#2)千葉景子(#2)永遠のゼロ(#1)光市母子殺害事件(#30)さんま(#1)政権交代(#1)はなむけ(#1)白と金(#1)景観破壊(#2)トイガン(#3)フジテレビ(#6)郵便法(#1)フォトショップ(#1)ワイプ(#1)裁判所(#1)Mk23(#1)八百長(#1)バッタ(#1)FC2ブログ(#3)消費者庁(#1)江東バラバラ殺人事件(#2)麻薬(#1)天皇制(#1)中大教授刺殺(#1)ウド&井上(#1)広島女児殺害(#1)モデルガン(#1)HY-MHL1(#1)エアガン(#2)長崎市長射殺(#1)小1殺害(#2)ノーベル賞(#1)KSC(#1)白鷺(#1)インタビュー(#1)日本郵政(#1)韓国(#1)参院選(#1)キチガイ(#1)ネットカフェ(#1)飲酒運転(#19)爪切り事件(#3)失言(#1)いじめ(#1)HDD(#1)マッド・マックス(#1)こんにゃくゼリー(#15)関連するエントリー(#1)北朝鮮(#10)本庄第一高校(#1)ドナーカード(#1)佐賀県知事(#4)民主党(#33)ルービック・キューブ(#1)オート9(#1)コルトガバメント(#1)007(#1)M9A1(#2)EOS70D(#36)アンストッパブル(#1)大阪府知事(#1)バラエティー(#1)流出(#8)振り込め詐欺(#1)クレーン車6児童死亡(#2)宇宙遊泳(#1)インターネット(#1)土浦連続殺傷事件(#1)GP-E2(#1)ドキュメンタリー(#1)X360(#1)犯罪(#1)世田谷一家殺害事件(#1)NASA(#1)カマキリ(#1)飛行機雲(#1)殺害(#1)亀井大臣(#1)監禁(#1)写真(#2)年越し派遣村(#3)死刑制度(#131)アイコン(#1)東京マルイ(#6)SIGMA50-500mm(#1)Windows8.1(#3)メタリック・ナノパズル(#1)国会(#1)創価学会(#5)夜桜(#1)政府(#1)薬物(#1)責任能力(#10)東海テレビ(#2)テレビ番組(#1)ベレッタ(#2).44マグナム(#1)px4(#1)F-06B(#35)ツイッター(#6)ジャケット(#1)拘束(#1)RICHO(#1)砂風呂遊び(#1)キック・アス(#4)ガスガン(#14)カラス(#1)WA(#1)GT70(#10)法相(#2)窃盗(#1)ウエスタン・アームズ(#1)海上自衛隊(#1)Safari(#1)コーラ(#1)グロック26アドバンス(#1)スカイプ(#1)転送(#3)タグ(#1)GeforceGTX780M(#1)闇サイト殺人(#1)お笑い(#2)キム・ヨナ(#1)リボルテックダンボー(#1)ばった(#1)itunes(#2)fatboy_slim(#1)pc(#2)皇室(#1)心神喪失(#1)44マグナム(#1)裁判員裁判(#6)ファットボーイ・スリム(#1)野田消費者行政担当相(#6)公明党(#4)中山前国交相(#1)プラネタリウム(#1)スマホカバー(#1)量刑(#1)関門海峡花火大会(#1)懲戒請求(#1)グロック(#1)ゼロ戦(#1)映画(#1)ポール・ニューマン(#1)people(#1)政教分離(#3)死に神(#1)クイックプレイリスト(#1)オニユリ(#1)デザートイーグル(#3)中山国交相(#1)石原都知事(#3)BlogPeople(#1)死刑廃止を推進する議員連盟(#1)オートアート(#1)緒形拳(#1)加工(#1)個室ビデオ(#1)死刑(#3)被災松(#3)mp3(#2)朝日新聞(#2)酒井法子(#1)Opera(#1)田母神幕僚長論文(#5)アカマイ設定(#1)flv(#1)改正国籍法(#1)grasshopper(#1)少年法(#6)youtube(#1)中川昭一(#1)ロボコップ(#1)USBメモリ(#2)事故(#1)福祉(#2)まやかしの世界(#1)福岡城跡(#1)広告(#1)オバマ大統領(#1)露店爆発事故(#2)組み立てキット(#1)Wi-Fi(#1)国会のヤジ(#1)テロップ(#1)ソーコム(#1)下関(#1)中国(#1)学校(#1)和布刈(#1)コカ・コーラ(#1)人権(#2)関門海峡(#3)うろこ雲(#1)デリンジャー(#1)東国原(#2)モバイルバッテリー(#1)WiMAX(#1)スター・ウォーズ(#1)自民党(#3)青と黒(#1)足利事件(#2)集団暴行(#1)サイクリング(#2)死刑廃止論者(#2)鳩山政権(#2)マクロリングライト(#1)浅田真央(#1)時効制度(#1)ロマン・ポランスキー(#1)タナカワークス(#1)XBOX(#1)事件(#2)夕日(#2)空(#3)川崎中1殺害事件(#5)オリンピック(#1)GoogleMap(#2)ジャイロ・タイヤ(#1)映画音楽(#1)小6殺害(#1)福田元首相(#1)東日本大震災(#1)コオニユリ(#1)裁判員制度(#1)ドレスの色(#1)想像力(#1)フルブラウザ(#1)番組(#1)夕焼け(#4)大相撲(#1)GO!GO!7188(#1)radiko(#1)デジカメ(#14)マウント(#2)秋葉原殺傷事件(#2)蒟蒻畑(#11)24時間テレビ(#1)アートワーク(#1)デザート・イーグル(#2)GoogleAJAXFeedAPI(#1)フィギュアスケート(#1)三浦元社長(#1)御祓い(#1)OSX(#1)ビーチサンダル(#1)グロック18C(#1)泣かせ(#1)万引き(#1)BIOS(#2)クリストファー・ウォーケン(#1)修整(#1)東金女児(#1)訴訟(#1)千葉法相(#4)S&W(#1)オウム(#1)待受ショートカット(#1)金正日(#1)むかご(#1)GX660R(#6)きちがい(#1)windows8(#2)門司港レトロ展望室(#1)GoogleEarth(#1)HighslideJS(#1)ズームレンズ(#2)猫(#4)謝罪会見(#1)死刑廃止(#2)とくダネ!(#1)ライバルズ(#1)企業責任(#2)朝鮮学校無償化(#4)
mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

QR code
QRコード

ashiato
categories
Trackback People

BlogPeople People

amazon
AD
search this site by Google
Loading
search form
all entries

全ての記事を表示する

monthly archives
FC2BLOG

BlogPeople
RSS links



 RSSリーダーで購読する

“ブロとも” form

この人とブロともになる

blogscouter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。