--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme :
genre :

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2014-04-08(Tue)

“死刑制度を考える”というTVタックルを久々に見たけれど・・・。

最近はあまりにつまらなすぎてマトモに見てなかったのだが、深夜枠に移動して多少はマシになってるのか・・・と淡い期待を抱きつつ、そしてテーマも“死刑制度を考える”ってことなのでかなり興味をそそられつつ見てみたら、これがなんと!深夜枠ならではのディープでアツい論戦が・・・・・全然なく、ホントに欠片もなく、ガッカリ感炸裂の井戸端雑談番組になっていた。今夜は面白いかも、と思ったワタシがバカだった(笑)。まぁ、それでも死刑制度反対派の薄っぺらでツッコミどころ満載のオバカさが相変わらず健在(笑)だったので、その平常運転ぶりが確認出来ただけでも良かった。うそ。時間の無駄だった。じゃあ見なきゃ良かったか?いや、見てみないとわからない。。。ん~・・・まぁそんなことはどうでもいい(笑)。

死刑制度反対派の底の浅さについては今更語るまでもないのだが、番組を見終えて改めて驚いたのは、彼らが被害者の立場や人権といったことに全く言及しなかったことだ。生放送ではなく収録の番組なので、単に編集でカットされていただけ、と信じたいが、その他のトークの場面でいくらでも触れる余地があったにも関わらず、マヌケな論理のすり替えに終始していただけだった。“国が被告の命を奪って更生の道を閉ざすのか”ってなことをヌカすだけ。“人の命が、人の命が”ってやたら言うだけの“命ガー”。そこに被害者が奪われた命や人権についての視点は皆無である。おまけに“死刑制度は残酷”なんていう幼稚でズレズレなハナシに行ってしまうものだから手に負えない(笑)。かたや死刑制度賛成派という面々もまた反対派のレベルに併せたかのようなガッカリなキャスティングで、いよいよ雑談バラエティーへまっしぐら(笑)。元法務大臣の鳩山氏が唯一の救いと言うか、それでも微妙にズレてはいたのだが(笑)。

ワタシ個人は、死刑制度が抑止力として機能するとは全く考えていないので、そこをアツく語る賛成派が出て来ると脱力してしまうのである。番組内の芸人がそうだった。ありゃりゃ、という感じ(笑)。人を殺した事も殺す寸前に至ったこともないので本当のところはわからないが、いざそういう状況になった時、“死刑になるから殺すのやめよ~っと”ってな改心を瞬時にすると思うか????ということ。死刑制度が頭を過ぎり殺害を思い留まって事なきを得た、なんてケースが実際どのくらいあるだろうか。もちろんあったとしても自己申告でもしない限りそれをカウントするのは不可能だ。殺人未遂としての事件も、死刑制度にビビってというわけではないだろう。単に殺害実行に失敗しただけに過ぎないハズだ。

また、“自らの死を以て償いたいという死刑囚の思いを尊重すべきだ”ってなことを賛成派席のタレント弁護士兼議員が言っていたが、それもまた本来賛成派が主張すべき内容としてはズレている。まぁ、それは弁護士ならではの視点なのかも知れないが、ワタシからすると、全く不要なものとしか思えない。もし死刑囚としての思いがあるならば、手記に記せばいいだけのハナシである。被害者の人権を奪った時点で、加害者の人権も消失しているハズだし、そうあるべきだと考える。加害者に対しても尊重すべきものが云々というのは、被害者が存在している以上、全く不毛な論理だ。“尊重すべき”という表現は当てはまらないとは思うが、敢えてもしそれがあるとするならば、“確実に刑を執行する”という法的な約束事しかない。それは尊重すべきと言うより大臣の法的責務である。

冤罪の可能性については、反対派が待ってましたとばかりに数十年前の事件も最近の事件もその種類を問わず横並びにして語り始めるのだが、これは死刑制度の賛否と絡めて話されるべきではない。冤罪の恐怖やその罪深さについては、先日の袴田事件の再審開始がとても象徴的なので、やたらと反対派はそれをシンボルに息巻くのだが、今とはまるで違う昔の捜査の実態や制度を盾に、死刑制度と冤罪の危険な関係を説くのはそもそも論点が違うのである。ワタシだけでなく、死刑制度に賛成している大半の人々の認識としては、対象となるのはほぼ現行犯のみではないだろうか。つまりは、冤罪の可能性がゼロの事案。自白や状況証拠や推論によるものではないもの。なので例え死刑賛成派であっても、袴田事件のような例外の存在については素直に認めていると思うのだ。現在執行待ち状態の死刑囚のうち、そういった冤罪の可能性があるのがどのくらい存在するのか知らないが、そう多くはないはずである。ただ、ほんの少しでも、その可能性があるならば、それは徹底して調査されるべきだし、再審のハードルを高くするメリットなどないハズである。

人を殺したら死を以て償う。その為に量刑として死刑がある。極シンプル、極当たり前のコト。法治国家で保証されるべきバランス。そんな当たり前のことがこの国ではなかなか保たれていない。死刑判決のハードルも高ければ、執行のハードルも更に高いという不条理な現実。加害者天国。他人の命を奪った人間の人権が保障され、その人間を“生かし続ける”ために税金が使われることが普通のことだろうか。被害者は死んでしまったら“死人に口なし”のまま扱われるのが果たして正義だろうか。死刑制度に反対、もしくは慎重な立場から出て来る“死刑になりたいヤツが出て来る恐れ”というのがあるが、中途半端な詭弁のようで何とも・・・という感じだ。そんな心配をする前に、そういうヤツが出て来ないような社会を作る義務や責任を意識し自覚すべきではないのか。それに今も昔もその手のアホというのは必ず出て来るのである。防ごうと思って防げるものではない。しかし、社会として減らす努力は出来るハズだ。

それにしても、深夜枠に移動したTVタックル。所詮は雑談バラエティー。朝ナマのような緊張感もなければ考えさせられるような切り口もまるでない。編集も素人っぽいし妙にうるさい感じ(笑)。深夜ならではのオトナの会話・・・というのも皆無。そのまま夕方のニュース枠か昼の主婦向けバラエティー枠と入れ替えてもいいくらいのフワフワ感だった(笑)。まぁ、これは期待したこちらのミス。逆に番組内容としては夜9時台と何ら変わっていない安定の軽さと薄さ(笑)。

番組のエンディングでタケシが言っていた、“死刑ではなく、命のサイクルを学べるような労働を囚人に科す”というのもわからなくもないが、それも所詮はその場を和ます年寄りならではの聞き心地のイイ発言でしかない。彼は社会復帰という更生の道ではなく、命の学習を受けさせ、自分の犯した罪の大きさを思い知らせながら刑期を全うさせてはどうか、と言いたいのだろうが、そもそも、他人の命を奪った時点でその人間は終わり、なのである。死刑執行までの時間的猶予すら不要なハズだ。もし学習させるならば、刑務所に入る前に受けさせるべきである。


↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : TV番組
genre : テレビ・ラジオ

tag : 死刑制度

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

関連するエントリー

Loading


comment

Secret

Thank you for your comment !!!!
calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from parkingline. Make your own badge here.
Created with flickr badge.
profile

parkingline

Author:
parkingline

日々の戯言雑言
アレコレ
日々の怒喜交々
アレコレ
喜怒哀楽の覚書
アレコレ

recent entries
recent comments

recent trackbacks

NINJA counter
NINJA visitor
gooberwalk
tag cloud v1.2a
pc(#2)関門トンネル人道(#1)ネットカフェ(#1)朝日新聞(#2)EF50mm(#1)本庄第一高校(#1)オバマ大統領(#1)夕焼け(#4)クイックプレイリスト(#1)裁判所(#1)大統領選(#1)ライバルズ(#1)people(#1)砂風呂遊び(#1)USB(#1)ゼロ戦(#1)バッタ(#1)サイクリング(#2)秋葉原殺傷事件(#2)タグ(#1)マクロリングライト(#1)白鷺(#1)カラス(#1)露店爆発事故(#2)接写(#1)とくダネ!(#1)F-01A(#9)集団暴行(#1)ペプシアイスキューカンバー(#1)バトン(#1)ペプシホワイト(#1)光市母子殺害事件(#30)flv(#1)HDD(#1)改正国籍法(#1)コルトガバメント(#1)osx(#1)S&W(#1)裁判員裁判(#6)闇サイト殺人(#1)蒟蒻畑(#11)佐世保高1女子殺害(#3)トカレフ(#1)合成写真(#1)東日本大震災(#1)フォント(#2)放火(#1)福田元首相(#1)photofunia(#1)関門海峡(#3)グロック(#1)GoogleAJAXFeedAPI(#1)訴訟(#1)チェキ(#1)F-06B(#35)飛行機雲(#1)和布刈(#1)国会(#1)むかご(#1)青と黒(#1)懲戒請求(#1)友泉亭公園(#1)土浦連続殺傷事件(#1)下関(#1)参議院選挙(#1)GPS(#1)44マグナム(#1)雲(#4)GP-E2(#1)韓国(#1)法務大臣(#1)謝罪会見(#1)電動ブローバック(#1)筑紫哲也(#1)コーラ(#1)BIOS(#2)朝鮮学校(#2)グロック26(#1)FC2ブログ(#3)ベレッタ(#2)Winodws8.1(#1)学校(#1)windows8(#2)参院選(#1)フジテレビ(#6)クワガタ(#1)エアガン(#2)総裁選(#2)地下鉄サリン事件(#1)世田谷一家殺害事件(#1)修整(#1)東国原(#2)ペプシ(#1)X360(#1)東京都青少年健全育成条例(#1)BlogPeople(#1)企業責任(#2)ばった(#1)オリンピック(#1)M92F(#2)マウント(#2)北朝鮮(#10)泣き(#1)instaxmini(#1)ロボコップ(#1)ジャイロ・タイヤ(#1)浅田真央(#1)石原都知事(#3)番組(#1)実名報道(#4)youtube(#1)関連するエントリー(#1)ドレスの色(#1)WA(#1)殺害(#1)死刑廃止(#2)F-01F(#7)秋葉原連続殺傷事件(#1)冤罪(#1)川崎中1殺害事件(#5)radiko(#1)責任能力(#10)デリンジャー(#1)自民党(#3)死刑(#3)教師(#1)フィギュアスケート(#1)ドコモ(#1)H&K(#1)スマホカバー(#1)キル・ビル(#1)死刑制度(#131)リボルテックダンボー(#1)ドナーカード(#1)GO!GO!7188(#1)朝鮮学校無償化(#4)爆弾(#1)はなむけ(#1)臓器移植(#1)ソフトウェア更新(#1)UFO(#1)広島女児殺害(#1)ツイッター(#6)写真表示(#1)御祓い(#1)クレーン車6児童死亡(#2)swf(#1)オートアート(#1)宇宙遊泳(#1)拉致問題(#2)死刑囚(#2)インターネット(#1)民主党(#33)精神鑑定(#8).44マグナム(#1)XBOX(#1)flickr(#1)24時間テレビ(#1)八百長(#1)クエンティン・タランティーノ(#1)トイガン(#3)年越し派遣村(#3)死刑廃止論者(#2)船外活動(#1)永遠のゼロ(#1)景観破壊(#2)さんま(#1)中大教授刺殺(#1)デザート・イーグル(#2)三浦元社長(#1)心神喪失(#1)政権交代(#1)体罰(#1)裁判員制度(#1)ブラウザ(#1)写真(#2)きちがい(#1)大蘇ダム(#1)S2S(#1)キチガイ(#1)オウム(#1)画像表示(#1)KSC(#1)フォトショップ(#1)万引き(#1)ロマン・ポランスキー(#1)オート9(#1)死刑廃止を推進する議員連盟(#1)タクティカル・エリート(#1)ビーチサンダル(#1)製造責任(#1)ウエスタン・アームズ(#1)千葉法相(#4)窃盗(#1)SIGMA(#4)PowerShotSX50HS(#4)バラク・オバマ(#1)自殺(#3)Mk23(#1)音楽(#1)オニユリ(#1)キック・アス(#4)西川社長(#1)皇室(#1)ルービック・キューブ(#1)カマキリ(#1)法相(#2)picnik(#2)M9A1(#2)グロック26アドバンス(#1)事故(#1)Windows8.1(#3)夜桜(#1)grasshopper(#1)田母神幕僚長論文(#5)モバイルバッテリー(#1)東金女児(#1)監禁(#1)江東バラバラ殺人事件(#2)HY-MHL1(#1)酒井法子(#1)東海テレビ(#2)障害者(#2)橋下知事(#5)時効制度(#1)お笑い(#2)政教分離(#3)ストリートビュー(#2)mp3(#2)犯罪(#1)海上自衛隊(#1)ファットボーイ・スリム(#1)キム・ヨナ(#1)少年法(#6)死に神(#1)フルブラウザ(#1)野田消費者行政担当相(#6)ガスガン(#14)舞鶴公園(#2)イージーカバー(#1)itunes(#2)メタリック・ナノパズル(#1)bluetooth(#2)紅葉(#3)消費者庁(#1)SCM(#1)うろこ雲(#1)白と金(#1)映画(#1)DragonEdition2(#10)大阪府知事(#1)OSX(#1)ジャケット(#1)いじめ(#1)東国原知事(#1)ワイプ(#1)RICHO(#1)Opera(#1)千葉景子(#2)グーグルマップ(#2)プッチンプリン(#1)振り込め詐欺(#1)マッド・マックス(#1)ヤモリ(#2)px4(#1)アートワーク(#1)人権(#2)ジャケット写真(#2)Spyder4pro(#1)鳩山政権(#2)福田君を殺して何になる(#1)東京マルイ(#6)尖閣諸島(#7)個室ビデオ(#1)固定スライド(#1)クリストファー・ウォーケン(#1)ハッピーサマー缶(#1)失言(#1)待受ショートカット(#1)国会のヤジ(#1)バラエティー(#1)コオニユリ(#1)テロ指定解除(#1)インタビュー(#1)王貞治(#1)流出(#8)18-35mm(#3)宮崎県知事(#1)docomo(#2)三浦和義元社長(#1)ぶらさがり取材(#3)アイコン(#1)ポール・ニューマン(#1)飲酒運転(#19)PCゲーム(#1)テロップ(#1)関門海峡花火大会(#1)NASA(#1)70-300mm(#1)ヒメツルソバ(#1)虐待(#2)足利事件(#2)猫(#4)夕陽(#2)DebbieGibson(#1)創価学会(#5)ドキュメンタリー(#1)WiMAX(#1)Weapon_of_Choice(#1)組み立てキット(#1)麻生首相(#5)事件(#2)ハリー・キャラハン(#1)THETA(#1)MSI(#16)亀井大臣(#1)夕日(#2)大相撲(#1)ブルドッグ(#1)ズームレンズ(#2)加工(#1)金正日(#1)門司港レトロ展望室(#1)クリエイティブフィルター(#2)鳩山首相(#1)加藤容疑者(#3)スカイプ(#1)福岡タワー(#1)原発事故関連(#84)漁船衝突(#6)死刑反対派(#1)光学ドライブ(#2)GX660R(#6)ドリームマッチ2009(#1)GT70(#10)KatyPerry(#1)SⅡS(#1)デザートイーグル(#3)ニード・フォー・スピード(#1)空(#3)中山前国交相(#1)転送(#3)ファイル転送(#1)楳図かずお(#2)鬼百合(#1)GeforceGTX780M(#1)GLOCK18C(#1)被災松(#3)Wi-Fi(#1)爪切り事件(#3)広告(#1)映画音楽(#1)モデルガン(#1)スター・ウォーズ(#1)SIGMA50-500mm(#1)テレビ番組(#1)秋葉原連続通り魔事件(#1)まやかしの世界(#1)F-05D(#1)福岡城跡(#1)MHL-HDMI変換アダプタ(#1)グロック18C(#1)公明党(#4)想像力(#1)GoogleMap(#2)長崎市長射殺(#1)小1殺害(#2)くまモン(#1)福祉(#2)GoogleEarth(#1)Safari(#1)キーボードカバー(#1)福知山花火大会(#2)和布刈公園(#1)こんにゃくゼリー(#15)USP.45(#1)麻薬(#1)ロス疑惑(#2)スカーレット・ヨハンソン(#2)デジカメ(#14)鹿児島夫婦殺害(#2)小6殺害(#1)EOS70D(#36)007(#1)Skype(#1)ドラッグ(#1)量刑(#1)中国(#1)ソーダ味(#1)政府(#1)プラネタリウム(#1)障害者割引(#1)ウド&井上(#1)佐賀県知事(#4)wma(#1)皇族(#1)HighslideJS(#1)安田弁護団(#1)タナカワークス(#1)薬物(#1)郵便法(#1)なめらかスロー(#1)インターセプター(#1)WiMAX2+(#1)ひき逃げ(#3)M29(#1)中川昭一(#1)待受(#1)日本郵政(#1)イグ・ノーベル(#1)泣かせ(#1)ソーコム(#1)拘束(#1)アカマイ設定(#1)緒形拳(#1)桜(#2)USBメモリ(#2)ノーベル賞(#1)中山国交相(#1)fatboy_slim(#1)アンストッパブル(#1)天皇制(#1)コカ・コーラ(#1)携帯(#3)
mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

QR code
QRコード

ashiato
categories
Trackback People

BlogPeople People

amazon
AD
search this site by Google
Loading
search form
all entries

全ての記事を表示する

monthly archives
FC2BLOG

BlogPeople
RSS links



 RSSリーダーで購読する

“ブロとも” form

この人とブロともになる

blogscouter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。