FC2ブログ
2009-10-22(Thu)

タマランな~・・・・大蘇ダム。

via: たまらぬ水、あふれる怒り 大蘇ダム問題【大分のニュース】- 大分合同新聞
“水が貯まらないダムなんて作りやがって・・・全くタマランよ・・・”などと、ベタベタなシャレのひとつも言いたくなるような間抜け極まりないハナシである。先日のニュースでこの大蘇ダムの存在を初めて知った。30年の工期と600億円の巨費を投じながら、完成後にいざ水を貯めてみたらこれが全然貯まらない。一日4トン近くもの水が地中に漏れ浸透してしまうというのだからスゴイ話である。まぁ、スゴイというより、地元の方には申し訳ないが、あまりにも面白すぎる話である。学校のプールの水漏れではない。ダムである、ダム。巨大なダム。村を潰し山を切り開いて作ったダム。でも肝心の水が貯まらない。じゃぁ、今あるのは何か・・・ワカラン(笑)。一部農家では、田んぼ用に当てにしていた水が来ないために、わざわざ上流域の農家にお願いして一時的に水を回してもらっているという。バカデカいダムが既に完成していながら、である。こんなアホな話もないだろう。どれくらいの天下りと土建屋の懐が潤ったかは知らないが、ここまでわかりやすい手抜きといい加減さは他にそうないだろう。

意味のないコトやムダなコトへの新しいツッコミとして、「大蘇ダムか!」ってのも加えるとイイかも知れない。ズルズルとムダに時間を引き延ばして銭儲けを目論む連中には「八ッ場ダムか!」でイイ。
スポンサーサイト




↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

tag : 大蘇ダム

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-21(Wed)

冤罪確定、検察糾弾祭りで盛り上がるだけで本当にいいのか。

via: asahi.com(朝日新聞社):足利事件、再審公判が開廷 菅家さんが無罪訴え - 社会

via: NHKニュース テープの証拠使用 判断を保留
以前もエントリーしたが、この足利事件の冤罪関連の報道を見ていると、バランスに欠けているというか、マスコミ特有の祭りというか雪崩現象というかオバカな振り子というか、どうもしっくり来ない。まぁ、時のニュースにしっくりも何もないとは思うが、アンバランスさだけが目立っていると思うのは気のせいだろうか。冤罪の恐ろしさもわかる。そして冤罪のまま17年間刑務所に入れられていたとしたら、その苦しみは言葉などでは言い表せないはずだ。「間違ってました、ゴメンナサイ」で済むハナシでもない。そして全てが金で解決出来るものでもない。ただ、冤罪という二文字をひとり歩きさせて、ドラマチックに、そしてセンセーショナルに取り上げるのはいいが、ならば同じだけの時間を割いて、“じゃあ真犯人は誰なんだ?”ということを、ジャーナリズムとしての限界まで報道すべきではないのか。鬼の首を取ったような言いぐさで、検察を糾弾するだけで悦に入っていていいのか。今日のNHKニュースなど、見ていて思わず笑ってしまった。菅家氏の法廷での証言を、声優を使って情感たっぷりにテロップに重ねるという芸の細かさ(上記事)。民放では当たり前に目にするが、あのNHKが、である。まるで民放ワイドショーの事件レポート並みだ(笑)。悲劇の主人公が逆転勝利を勝ち取るといったミニドラマでも作った気でいるのかと少々呆れる思いだった。
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 今日のニュース
genre : ニュース

tag : 足利事件 冤罪

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-20(Tue)

引き際、往生際、悪いとみっともない。日本郵政社長辞任。

via: asahi.com(朝日新聞社):日本郵政・西川社長が辞任表明 民営化見直し「隔たり」 - 政治
ろくにその人物像を知らずに敢えて書くのだが(笑)、この西川氏、恐らく立派なヒトなんだと思う。自分の上司や会社の社長に彼のようなヒトがいたら、近付きがたいようなオーラのようなものを感じるだろう、とも思う。ドップリと金融の世界一筋でその明暗を生き抜いてきたその経験値は誰もが認めるところだろう。が、やはりかんぽの宿売却を巡る一連の騒動を見る限り、なんとも往生際の悪い頑固な爺さんにしか映らなかった。で、実際そうだった(笑)。こんな記事こんな記事を見るにつけ、何故にいさぎよく責任を取るという選択肢を選べないのかが不思議でならなかった。民間企業の一般常識からすれば、到底理解しがたいことである。ましてや政権交代はもはや時間の問題というのはかなり前から想像出来ていたはずで、いずれ社長職に固執していられなくなるほどに、批判の矛先はその強さを増してくるということもわかっていたはずだ。“最後までやり遂げることが今の私の使命だと思っております”ってなコトバは不祥事まみれの政治家のコトバだ。素人にも疑念を抱かれるような事態に対して、一連の言動はあまりにみっともなかった。辞める勇気を示すことと、責任を丸ごと認めることとは違うはずだ。今日のこのお爺ちゃんの会見は、辞意表明をするに至ってもなお、何故自分が辞めなければならないのかという不満に満ちていた。裏を返せば使命感の強さとそれ故の悔しさとも取れるが、結局のところ、単なるプライドの問題に過ぎないという会見だった。国民の金を預かる立場、説明責任、利益還元等々、そんなキーワードはこのヒトのアタマからは完全に消えているようだった。

口元がいつもへの字だというのは損だな。スマイルバッジでも胸元に付けてたら印象も違ったかも知れない(笑)。


↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 今日のニュース
genre : ニュース

tag : 日本郵政 西川社長

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-19(Mon)

デヴィ夫人・・・正論。

via: 死刑は必要か否か|デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba
死刑囚に対して福田君となぜ「君」付けにするのでしょう”・・・・やられた、お見事(笑)。このブログ記事、あのデヴィ夫人の口調を想像しながら読むと自然と笑えてくるのだが、実に的を射たマトモなコトを言っている。ただ、ワタシ個人は、死刑制度に犯罪の抑止力を求めるべきではないと考えている。数値的にその因果関係の証明のしようがない。それに最近は“死刑になるため”に、数を競って人を殺すといったキチガイが出て来ている状況である。死刑を恐れて殺人を思いとどまるというのが実際に有り得るのか甚だ疑問だ。。死刑制度そのものは、犯した行為に対してどう償うべきか、という選択肢、量刑のヒトツに過ぎない。

被害者の人権には一切言及しないという死刑制度廃止派の低レベルでクソな主張には毎回ヘドが出る思いだが、そんなアホどもに聞かせてやりたい程に、デヴィ夫人のこの記事は実に痛快だ。でもあの例の口調を想像すると笑えてくる(笑)。

アレコレ書き連ねようと思ったが、カラダがダルダルなので終わり(笑)。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 雑記
genre : ブログ

tag : 死刑制度 光市母子殺害事件

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-18(Sun)

「パクる」って響きが韓国語っぽいな。関係ないけど(笑)。

via: 韓国、日本のテレビ番組の盗用横行 - MSN産経ニュース
国としての好き嫌いはともかく、韓国の映画には面白いものが多い。まぁ、面白いと感じるかどうかは完全に主観の問題ではあるが、少なくとも日本映画にはないもの、欠落している何かを韓国の映画を観たときに感じるのは確かである。それは何か。模倣、パクリ、盗用、マネ、コピー・・・・表現はいろいろあれど、他国の映画のエッセンスを吸い上げるチカラ、である。チカラ、などと言うとエラく格好よく聞こえるが、要するに“オイシイとこ取り”の才能に長けているということだ。フルコースの中から数品抜き出して、また別のフルコースを作り上げると言うこと。オリジナリティかその場のウマさか。韓国映画にはいさぎよくその場のウマさを追求する姿勢が明確だ。面白くならないハズがない、という自信に満ちている。これはワタシがこよなく愛するタランティーノ作品にも通じるところがあって、パクリやマネの先にそれをオリジナリティへと変貌させてしまう(或いは言い切ってしまうw)チカラがあるということだ。しばしば“オマージュ”という便利ワードを使って語られることもあるが(笑)、いずれにせよ、純粋な意味でのオリジナルというものは芸術において存在しないということを考えると、わかりやすい極端な作品だということだろう。まぁ、タランティーノの場合は偏執狂的オマージュの固まり、とでもいったところだろうが。
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme :
genre : ブログ

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-17(Sat)

スラッシュ、スラッシュ。

via: ウェブ発明主、たったひとつの後悔 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ
世の中にはいろんな後悔があるものだな~・・・と。

数限りない、それもスケールの小さくくだらない後悔に埋もれる日々を送っている庶民からすると、こういった後悔はちょっと・・・いや、すごく羨ましい気もする(笑)。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : インターネット関連
genre : コンピュータ

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-16(Fri)

広島女児殺害事件裁判のダラダラ感。

via: 最高裁が審理差し戻し 広島・小1女児殺害事件 - 47NEWS(よんななニュース)

via: 【広島女児殺害】高裁で改めて量刑など判断 最高裁が差し戻し - MSN産経ニュース

via: asahi.com(朝日新聞社):広島女児殺害事件、審理を高裁に差し戻し 最高裁判決 - 社会

via: NIKKEI NET(日経ネット):主要ニュース-各分野の重要ニュースを掲載

via: 広島小1女児殺害事件 - Wikipedia
そう言えばそんな事件あったあった・・・と、ニュースをじっくりと聞いていたが、ワタシがバカなのか今ひとつその内容がよくわからなかった。わからないと意見の持ちようもない。で、ネットでアチコチのサイトを読み進めていってようやくコトの次第がわかったきた。要するにまず最初、検察の求刑死刑に対し、一審の判決は無期懲役という減刑判決だった。当然納得のいかない検察は控訴し、その結果、二審においては“一審判決は今後の裁判員制度を踏まえたりして迅速な裁判に徹しすぎたんでちゃ~んと審理してね~んじゃね~の?はいはい、やり直しやり直し!”ってな具合に一審に戻すという差し戻しの判決が下された。・・・が、今後は弁護側が、“いやいや、一審でちゃ~んと審理した結果が無期懲役なんだから改めてやる必要なんてないから!それで死刑判決とかになったら困るから!”と上告。で、その結果、最高裁は“うんうん、確かに二審の差し戻し判決ってのはおかしいよな。あれ何か勘違いしてんだな。破棄破棄。もう一回二審に考えさせるわ。ったく、ちゃんとやれよ二審!”ってな展開・・・みたいである。あってんのか?これ(笑)。いずれにせよ、事件の本質ではなく、あくまでも手続きとしての不備云々というところで時間が費やされている。このダラダラした一連の流れは結局のところ“まだ裁判が続くと思うと、辛い。早く終わらせてもらいたい”という遺族のコトバに全て集約されてしまうのだ。何故に加害者の保身のために遺族が翻弄されなければならないのか。何故に死刑判決をサクッとくだせないのか。そして執行出来ないのか。冤罪の可能性云々とは全く関係のないところでの話である。ダラダラとした裁判が遺族を苦しめ続けるという現実をエセ人権派どもはどう見ているのか。キチガイでもガイジンでも死刑はノンノンよ!と汚いツバを飛ばしながらいつまでも叫んでいるのか。八王子駅ビルの無差別殺傷事件についても無期懲役が下された。あれは求刑から無期というアホなものだったが、何故に責任能力まで認めておきながら死刑は重いという判断になるのか。死刑でも軽いくらいじゃないのか。エセ人権派どもはこういう不条理なアホ判決に満足感を得ているのか?

テメ~らみたいなのが日本を腐らせているんだよ。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme :
genre : ブログ

tag : 死刑制度

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-15(Thu)

廃人になると元には戻れないというコト。

via: らばQ:たった数年で別人に変貌…麻薬の恐ろしさを見せつけられる写真
特に説明も要らない写真。連続した写真は、単なるビフォー・アフターの比較写真よりも、廃人と化していくプロセスがわかると同時に、そこに至る背景、ストーリーのようなものをうっすらと感じさせてナントモナントモ・・・である。それにしてもよくここまで、まるでパラパラ写真が作れるほどに写真の枚数が増えたな~・・・と、その逮捕回数に驚かされる。まさに麻薬常習者の成せる技だろう(ワザでも何でもないが(笑))。例えばタバコに冒された肺の写真もそうだが、こうした写真を、もっとコドモ達に見せておくべきだ。ガツンとトラウマにしてしまうくらいのことが必要だという気がする。今はそれがなさ過ぎる、と言うか、何かがトラウマになるとか恐怖におののくとか、そういう感覚が今のコドモ達にあるのだろうか。それが疑問。これらの写真に怖さを感じなければ全く意味がない。むしろそっちのほうが怖いと感じる。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 雑記
genre : ブログ

tag : 麻薬 ドラッグ 薬物

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-14(Wed)

欽ちゃん・・・正論。

先週の記事になるが、朝日新聞テレビ欄の『記者レビュー』というのが個人的にかなりストライクで面白い記事だった。萩本欽一が日本放送作家協会のイベントでテレビ局の番組宣伝について経験則を語った、という内容。以下一部抜粋。

“何月何日放送、見てね、と言った番組はすべてはずれています。当たったのは、記者会見ゼロで、ぐずぐずっと誰にも教えず、ボワーッとはじめて、ポスター作っていない、番宣やっていないもの。”、“(視聴者は)見てくださいって言って見るほどバカじゃない”。そして、最近多い、ドラマ出演者が“番組ジャック”と称して自局の別番組に次々に顔出すことについて、“一番がっかりするのはそれをNHKがやっていること。ショックですね”

・・・まさに、その通り、である。

正直言ってこの欽ちゃんの発言は少々意外でもあった。というのも、欽ちゃんは旬なヒトではない。全盛期を知るワタシにとっても、全く名前すら知らない人にとっても、今のヒトではない。今の時代にウケている笑いのヒトではない。今はヒトツの時代を築いた先駆者としての名誉会長とか名誉監督的ポジションだろう。欽ちゃんがテレビに出まくっていた時代とは、メディアも視聴者も様変わりしている。が、しかし、プロである。イチ視聴者のワタシが言うのもおこがましいが、やはり欽ちゃんはプロのお笑い師でありテレビ人だ。その笑いは過去のモノとなったが、言ってることは実に鋭く、そして的を射ている。その少々毒っぽいコメントが意外だった。確かに最近のNHKのヒドさは痛々しい限りだ。ドラマ然り、バラエティ然り。センス以前の問題。民放のマネなど出来ないと知っていながら、中途半端な“マネもどき”で自己満足しているようなモノばかりだ。チープなドラマとサムいバラエティ(笑)。呆れるのを通り越して笑ってしまうことすらある。そこへ持ってきて見るも痛々しい番宣の嵐。民放各局の視聴率を独占していた欽ちゃんが嘆くのも仕方ない。まさに“さまよえるNHK”といったところだろう。もちろん全ての番組がおかしなコトになっているわけではない。中には優れた番組もある。これは誰もが認めるところだ。

いやいや、見たくて積極的にみてるわけじゃないから。老人と暮らしていると自ずとNHK時間が増えるってだけで・・・そりゃ嫌でも耳に目に入ってくるから・・・と、一応最後に弁解しておく(笑)。

本題とは関係ないが、この夏NHKが繰り返し流した戦争体験関連の番宣は恐ろしくヒドいものだった。あまりにお粗末でよく覚えていない(笑)。確か渋谷とか新宿とかの若者のアホコメント(戦争に徹底して無頓着な(笑)コメント)を繋いだだけみたいなヤツだったような・・・。ビデオ編集ソフトを覚えたてで楽しくて仕方がないといったオモシロスタイリッシュ気取りのアホ編集番宣だった。パソコンユーザーが趣味でやるにはいいが、仮にもプロがやるには恥ずかしい代物だった・・・・・・・・・・・ような気がする(笑)。とにかくそんな印象しか残ってない。“あ~~これがNHK勘違い品質ね”、と妙に納得してしまったが。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : NHK
genre : テレビ・ラジオ

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-13(Tue)

デカい、デカ過ぎる。リング状の光雲・イン・ロシア。

via: 「巨大UFO!」 それとも 「エイリアンの侵略か!?」 モスクワ上空に“輝く雲”が出現! – ロケットニュース24(β)
そりゃいきなりこんな光のリングが空に出てきたら驚くわ。ヒョコヒョコとベタなUFOムービーっぽく動かないところが逆に不気味。フェイクか?いやそうでもないっぽい。紹介記事によると、これは単なる光の加減による見え方の問題だということらしいが、ワタシに言わせれば“単なる”という域を超えてるような気さえするのである。これは何か・・・ある。いよいよ人類がそのチカラを試される時が来たようだ。いずれにせよ、良からぬ前兆に違いない。ヤバイ、ヤバすぎる。早速非常食の準備をしないと・・・。とりあえず水とペプシNEXと板チョコと・・・(笑)。この展開だとまずはロシアから・・ということだろう・・・。次は中国、キタを飛ばして韓国、そして日本・・・・なんて考えるほうがとても楽しい(笑)。まぁ、単なるバカデカいシーリングライトでやんすよ。国土がワンルームでその天井に・・・そしてボタンを押したら虹色に変わって怪しい雰囲気になってあぶってあぶって・・・ウソウソ。

・・・・・いや、やっぱり不気味だワン。

★携帯でストリーミング再生する場合はコチラ

この動画観てると、今一番観たい映画『District 9』を連想するな~。


↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-12(Mon)

子トカゲ。

トカゲ君

子トカゲ君登場!

トカゲなんて何年ぶりだろうか。ひょっこりと出てきた子トカゲは、しばらくこのポーズのまま微動だにしなかったが、動きだけは恐竜のように(笑)ソロリソロリと去っていった。

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 日記
genre : 日記

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-12(Mon)

長女の首を部屋の柱に打ちつける母親。長女1歳6ヶ月。

via: 長女の頭打ちつけ逮捕の女「しつけのため」 | 日テレNEWS24

via: 1歳6カ月の長女の背中を突き飛ばし重体 傷害容疑で母親逮捕 - MSN産経ニュース

産むなよ・・・。ただそれだけである。

で、これはワタシが以前から何度もブログで書いていることだが、犯した行為に対する罰というのは、犯した行為と全く同じであるべきだということだ。要するに、背中を突き飛ばし首を柱に打ちつけてしまったのなら、その罰は同様に背中を突き飛ばされ首を打ちつけられるべきなのだ。意識不明ならば意識不明になるまで、死に至らしめたのならば死に至るまで罰を受けるがいい。まぁ、現実的なハナシではないが、そのくらいに罪が重いということだ。口論の末、だったり、暴力の応酬の果て、であれば、まだわからなくもない。が、相手は1歳6ヶ月である。子育てのストレスとは無縁の人間がヒドイ事件だと切り捨てるのは無責任なことなのか。全く違う。子供の存在には、その始めに選択肢があるはずだ。産む産まない。そしてこれはあってはならない選択肢だが、育てる育てない、或いは育てられない、というのもあるだろう。いずれにせよ、どの選択肢を選ぼうと、そこには計り知れない重さの責任というものが付いてくるのだ。何故に1年6ヶ月経って自らの手で我が子を意識不明にする必要があるのか。何故にストレスのはけ口を赤ん坊同然の子供に一点集中させなければならないのか。責任放棄する方法すら知らないふざけたアホが多すぎる。親ではなくアホが・・・。

表現が非常に難しいが、この1歳6ヶ月の子、“生き残るべきかどうか”という瀬戸際にあるということを考えると、あまりにも重いニュースだ。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : ニュース
genre : ニュース

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-11(Sun)

老人の幼児化。石原東京愚知事。

via: asahi.com(朝日新聞社):石原知事、五輪招致150億円「痛くもかゆくもない」 - 社会

via: NIKKEI NET(日経ネット):社会ニュース-内外の事件・事故や社会問題から話題のニュースまで

via: 石原知事 五輪めぐるブラジルの反発に反論 | 日テレNEWS24
恐らく・・・、これ、仮に全く逆の立場だったら石原氏はこういうハズだ。

『よっぽど悔しかったんでしょ~な~。まぁね~、我々には知恵とセンスがあるからね。勝負なんて最初から決まっていたようなもので・・・政治力学なんて全く通用しないんだな、これが。ア~タ考えてみなさいよ。東京以外にどこにふさわしい場所があるのかね・・・。決まるべくして東京に決まったって誰が考えてもわかるでしょ?えっ?ア~タ住んでるところは知らんが、日本人でしょ?それだったらもっと勉強しないとダメだな。』

彼のアタマの中は、開催地が決定した今も尚、こういう妄想が渦巻いているようである。負けを認めたくない気持ちを、“悔しい!”と残念がるか、“ウラがあるから勝てっこないよ。それにお金ならいくらでもあるも~ん!ウチ金持ちだからね~!”と周囲が苦笑するしかない負け惜しみに終始するか(笑)。オトナの反応かコドモの反応か、である。まぁ、普通はコドモでも悔し涙を流しながら次回に向けて頑張ります、と自分のチカラ不足を反省し、次へつなげるものだが、どうもこのヒトにはそれが出来ないらしい。まぁ、アレコレ恨み節をほさいだところで、2016年のオリンピックはリオデジャネイロで開催には変わりない。ふさわしい場所での開催である。・・・で、己の権力を過信した日本の老人が冥土の土産をもらい損なってしまった。まぁ、そんなもの最初からなかったわけだが・・・(笑)。

ヒトは年を取るにつれ幼児化するものである。老人が引き際を誤ってしまうと、我々はいつまでもシワシワの幼児を見守ることになる。それは不気味で痛々しい・・・・・・・・・・・が、大いに笑える。腹が痛いほどに笑える。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : ニュース
genre : ニュース

tag : 石原都知事

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-11(Sun)

千葉法相、早速アホバカぶりを発揮か?!トホホ・・・。

via: 中国人姉妹に在留特別許可 千葉法相、敗訴確定後は異例 - 47NEWS(よんななニュース)
アホバカ大臣が早々にその本領を発揮し始めているような気がしてナントモ・・・である。冷酷無比な法相に徹しろ、などと思っているわけではない。敗訴確定後の在留特別許可自体は今年の3月にも出されていて、これを異例と呼ぶかどうかは微妙なところでもある。法相として保証されている当然の権利を行使したに過ぎないということも理解出来る。また、両親の違法滞在が発覚して強制退去を命じられた一家のケースとは異なり、中国残留孤児の子孫という要素が今回の許可に影響を与えているのも確かだろう。がしかしだ。どうも単なる温情としての権力行使を着任早々の大きな初仕事としてやったようにしか思えない。いわゆるポーズである。“ワタシはこういう法相です”的先制アドバルーンを掲げたようにしか映らない。しかしワタシ達はよくよく考え、このアホバカ大臣を見守っていく必要があるのだ。この調子で“特別”許可を出されていてはかなわない。最高裁の判断と今回の特別許可それぞれについての見解を、大臣として公式の場で発表すべきだろう。そして最も懸念すべき事項が他にある。未だ百人を超える死刑囚が執行待ちの状態である。これからのハナシではあるが、死刑制度反対を公言しているこの法相が、任期中に自ら死刑執行命令書へのサインをするとは到底思えない。

何故思えないか。それはアホバカ大臣だから。法相になる資格などないから。以上。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme :
genre : ブログ

tag : 死刑制度

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-10(Sat)

「足利事件」弁護団の演出。

via: 東京新聞:検事、菅家さん詰問 録音テープ最後に『人として失格』:社会(TOKYO Web)
身に覚えのないままに18年間の刑務所生活を送るということなど想像も出来ないししたくもない。1991年当時の最先端技術だったDNA鑑定は、皮肉にも20年近く経ってまた同じくDNA鑑定で過去の結果を否定することとなった。技術と手法がかみ合わずに過信の下で捜査が進められた結果の代償はあまりにも大きかった。当事者ではない警察のオエライさんが「スミマセンでした」などと詫びたところで、刑務所で過ごした18年間の人生が戻ってくるわけでも、捜査ミスが帳消しになるわけでもない。“二度と起こらないように・・・”・・・当たり前のハナシである。技術の進歩が諸刃の剣だということがわかったはずである。・・・で、21日から始まる再審裁判。その裁判に向けて、弁護団が会見を開いた。そこには今回検察から開示された取り調べ時の録音テープの山。そしてヘッドフォンをしてそのテープに聴き入る菅家氏。自白を強要された当時の事がナマナマしく、つい昨日の事のように思い出されたことだろう。

・・・・が、しかしである。

その姿をマスコミに公開する必要がどこにあるというのか。確かに録音内容そのものは公開しない事が条件らしいので、せめて菅家氏の苦しみの一端でも伝われば・・・と意図してのことだというのもわからなくはないが、自白強要されている当時の音源を聴きながらつらそうにしている菅家氏本人の姿、その映像が本当に必要なのか?ニュースにのせる必要があるのか?と感じるのである。こういった判断が効果的に世間へ伝わっているとはどうしても思えないのだ。極端なハナシ、芝居っぽいと思えばそう見えてくるというのが、正直な印象である。弁護側が、映像のインパクトを正しく理解しているとは到底思えない。仮にこれが菅家氏の希望だったとしても、得策だとは思えない。非公開の録音テープの内容をいかにメディアの受け手に伝えるか。時間はかかってもホンキで検察と交渉するなり、何かしらの知恵というものを絞り出すなり、そういう努力を弁護団はしているのか。“DNA鑑定の誤りによる冤罪”というそのキーワードに浮き足立っていないか。今回の「足利事件」の一件について一連の流れを見ていると、科学捜査のリスクを感じると同時に、鬼の首でも取ったかのように声高に叫びながら、ある種のスケープゴートとして“DNA鑑定など信用ならない!自白も全部でっち上げよ!警察の捜査なんていい加減そのものよ!”などと事ある毎に騒ぎ立てるアホが出てきそうな気さえするのである。この「足利事件」にしても、“じゃぁ真犯人は誰なんだ?”という部分が完全に欠落したまま、“冤罪の怖さ”だけがひとり歩きしているという有様だ。冤罪も怖いが、完全にこの世から消滅してしまったかのような殺人犯の扱いというのも怖いハズなんだが・・・。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : ニュース
genre : ニュース

tag : 足利事件

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-09(Fri)

無人探査機の月面衝突中継に見入る・・・・の巻。

via: asahi.com(朝日新聞社):月面衝突の様子、ネット中継 NASAの無人探査機 - サイエンス

via: asahi.com(朝日新聞社):月に「体当たり」成功 NASA探査機、氷を調査 - サイエンス
動画:無人月探査機LCROSS~2段目ロケット月面衝突ジワリジワリと音もなく近づき・・・・あ、あれ?・・・衝突した?・・・したのか・・・・英語でも確かにそれっぽいこと言ってる気がするが(笑)・・・あ、確かにスタッフが地味に握手してる・・・ハグハグ~・・とかはないのか・・・まぁ、有人宇宙船なわけでもないし、当たり前か。にしてもやってることのスケールのデカさからしたらかなり地味な中継(笑)。轟音と共に濛々と白い砂煙をあげて探査機は月面に衝突し、その後に来たのは言いようのない静けさと衝撃の凄まじさを感じさせる巨大なクレーターだった・・・・みたいには・・・いくはずもない(笑)。でもこれで氷の存在がしっかり確認出来るかも知れないのだ。期待しよう。
月面衝突-1

矢印キーで次の写真へ

月面衝突-2

矢印キーで次の写真へ!

月面衝突-3

矢印キーで次の写真へ!

月面衝突-4

矢印キーで次の写真へ!

月面衝突-5

矢印キーで次の写真へ!

月面衝突-6

たぶん衝突完了?!次の写真はヤモリです(笑)


続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : ニュース
genre : ニュース

tag : NASA

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-08(Thu)

『福田君を殺して何になる』・・・低俗な売名行為に誰が乗る?

via: asahi.com(朝日新聞社):光母子殺害実名本「安易に一線越えた」作家ら疑問の声も - 社会
◎“面会などを通じて被告の言葉を得るのはイロハのイ。それをそのまま載せるのではなく、どう表現するか、だ”(ノンフィクション作家 佐野眞一氏)
◎“・・・今回は、こうした問題に対して真摯(しんし)に向き合い悩んだ様子が感じられず、安易に一線を越えたとしか思えない”(同上)
◎“インタビューの結果を読者に放り投げている、レベルの低い本だ。何のための実名なのか。書き手の覚悟を全く感じない”(フリージャーナリスト 奥野修司氏)

世の中に良識のあるヒトがいて少々安心した。

続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : ニュース
genre : ニュース

tag : 死刑制度 光市母子殺害事件 福田君を殺して何になる

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-07(Wed)

勢い先行の暴走機関車カメイ号。でも息切れもまた早い。

via: 「家族間殺人は大企業に責任」発言取り消さない 亀井金融相 - MSN産経ニュース
newsingの記事に対して書いたコメントをコピペ&補足。

亀井大臣の発言は、ワイドショーに出てくるコメンテーターとかいう下等生物やキャラの濃い社会学者みたいなのが、残虐な事件に対して求められたときにほさぐ薄っぺらなコメントと同じである。大して意味はない。そりゃ~言われた側からするといい気はしないだろうが、こんなことでイチイチ反応するほうがみっともない。“ホラー映画が残虐な犯罪を誘発する”だとか、“テレビゲームが青少年に与える脳への影響がなんたらかんたら・・・”といった類の短絡的な発想の域を超えてない低レベルのハナシ。ただ、家族間殺人と大企業の姿勢に全く関係がないかというと、それを完全否定するハナシでもない。要するに、世の中のあらゆる出来事をいろんな解釈とこじつけでもって殺人事件に関連づける事自体は容易なわけで、裏を返せば、殺人を引き起こす原因はかなり複雑だということなのである。殺人は個人が起こすものであり、その個人が生きている背景には社会があり、その同じ社会の中でも、殺人を犯す人間と犯さない人間がいる。一言に“社会背景”や“企業責任”と括って殺人の動機や原因を語るのはあまりにアバウト過ぎる。ただ、家庭内に限らず、殺人という行為のハードルが下がってきているのは誰もが実感しているはずで、それが現代ならでは、起こるべくして起こっている気がするのもまた現実だろう。事件を引き起こす数限りない要素のうちのヒトツに、社会なり企業というのが複雑に絡み合っているのは否めないことだ。亀井氏はこれを“大企業の責任”と言い切ってしまった。飛びすぎである。切り捨てるにも程がある。そして何よりも、ラクし過ぎである(笑)。社会を形成する上で大企業が担う責任の重さを言わんとしたのだろうが、糖分でも足りずにアタマが回ってなかったのだろう(笑)。いずれにせよ、一番の問題は、この暴走気味の亀井のオッサンはあまりにボキャブラリーが少なすぎることだ。そして、ホンネのトコロは、かつて抵抗勢力として自民党からはじき出された自分が、皮肉なまでに予期せぬタイミングで巡ってきた大臣職がうれしくてしゃ~ない、といったとこだろう。「オレが大臣だ!とってもエラくてとっても権力持ってんだぞ!文句あっか?」ってなもんである(笑)。ハダカのナントカ・・・。

「はい、文句あります。」と楯突くのもイイが、放っておけば自爆する可能性大だということを思えば、アレコレ突っ込む必要もないのかも知れない。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : ニュース
genre : ニュース

tag : 亀井大臣

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-06(Tue)

少年とかいう呼び方はヤメてしまえ。胸クソ悪い。

via: asahi.com(朝日新聞社):男性殴り眼球破裂、容疑の少年「ひったくりの失敗版」 - 社会

via: 兵庫・伊丹の中2重体:傷害容疑で別の3中学生逮捕 ささいな言動端緒 - 毎日jp(毎日新聞)

via: ドラム缶遺体、女子高生含む6人逮捕…遺棄容疑 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

via: 小3暴行を動画撮影、殺人未遂容疑の15歳 携帯で : 週間ニュース : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
まぁ、今更驚くような事件でもないか・・・。この一週間だけでもこんな感じだ。政権交代祭りという旬なモノが優先されている陰で、ニュース番組でこういう事件に割かれる時間は極わずかだ。腐りきった少年法など廃止して、極当たり前に死刑の適用をすべき時に来ている。国民の税金を使って連中の生活を保障し生き長らえさせる必要がどこにあるのか。被害者、遺族は為す術もなく死に損の泣き寝入りするしかないのか。

民主党よ。本当のムダとはこういうウジ虫の存在じゃないのか。司法を正常に機能させることを最優先にしろ。・・・というわけで、とりあえずアホバカ法相をいますぐチェンジだ!
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : ニュース
genre : ニュース

tag : 死刑制度 光市母子殺害事件

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-06(Tue)

【死刑制度バトン】に答えてみる・・・の巻。

バトンという中に死刑制度についての問いがあったので、チョロッと答えてみた。簡潔に答えるのは難しい。

【あなたの意見】死刑制度バトン【聞かせてください】バトン

Q1 真面目にお願いします。あなたの正直な意見が聞きたいです。
A1 はい。
Q2 それでは最初に、貴方は死刑制度反対ですか?賛成ですか?
A2 賛成です。賛否が存在する意味がわからない程に賛成です。
Q3 反対派にお聞きします。貴方の大切な方が無残な殺され方で殺されても死刑をとなえませんか?
A3 -
Q4 賛成派にお聞きします。なぜですか?
A4 犯した行為に対してどう償うか。法治国家において、どう償うことがふさわしいのか。それだけ。
Q5 死刑制度が無くなると、犯罪が大幅に増加するという意見がありますがどうでしょうか
A5 死刑制度の有無と犯罪件数との因果関係はない。Q6とも絡んでくるが、犯罪抑止力として語られるべきではない
Q6 死刑制度とはどういった効果などを持つものだと思いますか?
A6 否定するものでもないが、死刑制度に効果を求めるべきではない。量刑のヒトツに過ぎない。
Q7 海外では死刑制度を廃止にする国がありますが、どう思いますか?
A7 海外がそうだからそれにならえというのは非常に稚拙。自分なりの価値観を持つことのできないオバカさん。
Q8 仮に死刑制度がなくなったとしたら我が国はどうなると思いますか?
A8 人殺しのキチガイの人生を、国民の税金で保障していくというおぞましい国へとなっていくだろう。
Q9 以上で質問は終わりです。他の方にも回してくれたらと思います。
A9 -
Q10 お答えいただき、ありがとうございました。
A10 文字数制限がやっかいでした。

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : バトン
genre : ブログ

tag : 死刑制度 バトン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-05(Mon)

政治家の死。

via: asahi.com(朝日新聞社):中川氏死亡、循環器系の異常か - 社会
昨日のニュースを見たときの違和感は妙なものだった。どのニュースでも、“寝室で死亡していた”としか出てこない。それ以外、全くと言っていいほど、死因に関することやその状況といったものが出てこない。敢えて伏せているのか?と勘ぐりたくなるほどだった。というのも、ワタシだけでなく、ほとんどの人々が、何の迷いもなくこれは自殺だと確信していたに違いないからだ。政治家の自殺というのは時として芸能人の死よりもインパクトがあるものだ。今回のニュースを聞いて、彼の父親の自殺を思い出した人は少なくないはずである。しかし、時間が経つにつれ、病死の線が濃厚になってきた。世界中に醜態をさらしてしまったどうしようもないアノもうろう会見。大臣辞任。衆院選落選。そして今回の急死。誰もが自殺だと考えても何ら不思議ではない状況だったが、今わかっている時点では、循環器系の異常が疑われる死だったらしい。

彼に関するwikipediaは今回初めて読んだが、今までの経歴、エピソード等々非常に面白い。確かに歯に衣着せぬ発言が話題にはなるのだが、意外なことにそれは極端に世論と乖離したものでもなかったりする。日本における核の有り様については、賛否の分かれるところだろうが、戦後生まれの保守派の政治家として、現実的政策について論戦を組める人間だったことは確かだろう。そして何よりも、拉致問題に対して積極的だったことを思うと、家族会だけでなく、国民にとっても今回の死のインパクトは大きい。貴重な戦力を失ってしまったことは否めない。

いずれにせよ、本人の意志でも何でもなく、突発的な異変による死であったとしても、それは事実上の“自殺”であり、自己管理が出来なかったことが招いた悲劇だろう。親子二代に渡って道半ばでの死。やり残していることがあまりに多いと一番悔やんでいるのが本人であることを思うと、一政治家の死は、支持不支持といったものを超えて残念であり、広い意味で国民にとっての損失かもしれない。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : ニュース
genre : ニュース

tag : 中川昭一

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-05(Mon)

新着記事にNEWマーク。

そ~言えば・・・MovableType使ってたときのカスタマイズで、“新着記事にNEWアイコン”みたいなのあったな~・・・FC2ブログだと・・・と、ふと思い立ち、ヒマに任せて検索。「FC2ブログのテンプレート工房」のコチラの記事にお世話になりました。テンプレートの二カ所にコピペするだけ。わかりやすい記事に感謝。とりあえず文字のみで日付の横にNEW表示。まぁ、NEWも何も結局先頭に来てる記事がとりあえず最新なわけだが、こんな駄ブログでも一応記事の鮮度の目安にはなるかと・・・。更新しないと、NEWにはお目にかかれないという、ある種の自分ケツ叩きにはなりまする(笑)。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : ブログ
genre : ブログ

tag : FC2ブログ

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-04(Sun)

『キル・ビル Vol.3』は2014年。平成26年。多分まだ平成?

via: タランティーノ、「『キル・ビル』続編は2014年!」と明言 | エンタテインメント | マイコミジャーナル
・・・と、タランティーノ監督、イタリアのテレビ番組で明言したとのこと。ファンとしては、楽しみというよりも、嬉しい、アリガトウ!といった感じではある。とにかくタマラない映画だった。気取った映画評論家達をバカにしまくったような痛快さが、“タランティーノここにあり!”ってな感じでステキだった。・・・で、監督の気が変わらなければ、オトナの事情なんてコトが出てこなければ、あのザ・ブライドが帰ってくる。ユマ・サーマンがどのくらい老けてしまうのか心配なところではあるけれど(笑)、今まで以上にカッコ良く暴れてくれることを大いに期待したいところだ。

・・・・・が、今度は“キル・誰・・・”だ?
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 映画ニュース
genre : 映画

tag : キル・ビル クエンティン・タランティーノ

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-03(Sat)

ヤモリ再び。

ヤモリ再び

台所の窓にヤモリ再び発見!

先日に続き、昨夜再び発見。こちらの気配に気付いたのか、途中でクニョっと急遽方向転換。というものの、このクニョっというポーズのまましばらく静止状態。それにしてもこの足の踏ん張り方、指先にみなぎる緊張感(笑)、憎めんな~・・・。

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : ブログ日記
genre : ブログ

tag : ヤモリ

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-03(Sat)

オリンピック東京落選。騒ぐほどのことか。ヒマなのか。

via: 16年五輪:東京の夢砕かれる 都庁大会議場にどよめき - 毎日jp(毎日新聞)

via: 東京五輪招致失敗で慎太郎都知事窮地…消えた3兆円経済効果:社会:スポーツ報知

via: 東京五輪でないと地球滅亡!?石原節さく裂 - スポーツニュース : nikkansports.com

via: 新聞・テレビが伝えなかった「東京五輪反対」-JanJanニュース
東京落選の瞬間、都庁に集まった関係者はがっくりと肩を落とし・・・・・。落胆に“酔いしれる”人々。アホっぽい、ホントにアホっぽい光景だ。本気で東京開催決定を信じていたのか。だとしたらそれはそれでスゴイ。尊敬に値する・・・ウソ(笑)。それにしてもだ。オリンピック招致の是非よりも何よりも、15才の体操少女が英語でスピーチというあの最終プレゼンにはクチポカ~ンだった。あれが招致委員会としての最後の“切り札”だったらしい。おいおい、今プレゼンしている国は中国か?北朝鮮か?と笑わせるあれが“切り札”である。アタマ膿んでないか?まぁ、海外からみれば中国も日本も同じアジアンだろうけど。まぁ、あれを切り札として自信満々に持ってくるあたりが、所詮委員会のセンスというかさすがトホホ石原ここにありといった感じではある。東京でのオリンピック開催を、石原氏は冥土の土産にでもしかったのだろうか。このどさくさ紛れに新東京銀行のことなどみんな忘れてしまうとでも思っていたのだろうか。これほどまでに世論に支持されない状態でオリンピック招致に浮き足立ち空回りしている日本の姿は、海外メディアにはかなり特殊な民族に映ったとは思うが、オバマ大統領の神通力も通じず、サマランチ元会長の飛び道具のような演説(笑)も及ばず、最終的に南米初のオリンピック開催、リオデジャネイロに決定ということには誰もが納得したのではないだろうか。ペレの涙ぐんでいる姿がとても印象的だった。お互いに抱擁し、涙を流しながら熱狂している人々を見ていると、東京が立候補していたことなど全く忘れてしまうほどだ。というか・・・、ホントに立候補してたっけ(笑)?

ちなみに・・・、今回の招致費用、150億円也。
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : ニュース
genre : ニュース

tag : 石原都知事 オリンピック

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-02(Fri)

2人殺すも不起訴。恐るべし心神喪失のチカラ。

via: asahi.com(朝日新聞社):2人殺害の男を「心神喪失」で不起訴 鹿児島地検 - 社会
これがまかり通るなら、そんなのがあるのかどうか知らないけれど“心神喪失マニュアル”でもじっくり読んで殺人計画を練るヤツが出てきてもなんら不思議はないハズである。まぁ、現に存在するんだろうけど・・・。それにしても、である。殺された側にしてみれば、単なる不運な事故という扱いである。これでいいのか。これが許されていいのか。ワタシからすると、心神喪失により犯行当時、正常な判断が出来なかったというこの手の判断がさっぱりワカラナイのだ。そもそも、キチガイだろうとキチガイでなかろうと、人を殺すというハイテンションな時点で、正常な判断云々という括りなどぶっ飛んでいるわけで、事後かなりの時間経過の末に刑事責任能力無しなどと判断したところで、じゃあ殺人という行為そのものに対する罪とはどこに消え去ったんだ?ということである。心神喪失というキーワードは、加害者を“普通の人”と“判断能力を失った精神的におかしくなった人”という人格に分離して、殺人を犯したのは別人格で、本人の意志が及んでいないから無罪というある種の腐った免罪符的な使われ方をしているのである。精神疾患そのものの深刻さと図らずも起こしてしまったという本人の悲運というは、感情的な残酷さはあっても、殺人という犯行事実とは切り離して考えるべきで、でなければ、“罪”そのものの概念すら崩れてしまいかねないのである。不起訴だから償わなくていいということではない、とことくらいは弁護士も含め、加害者側の人々は理解しているとは思うが、やはり殺人という行為に対する量刑は、死刑も含め法的に積極的に且つ明確に下されるべきだと考える。どうも浅く薄っぺらな感情論と人権論を振りかざすエセ人権派の勘違いを助長するようで、なんとも気持ちが悪い。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : ニュース
genre : ニュース

tag : 精神鑑定 心神喪失 量刑 死刑制度

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2009-10-01(Thu)

自殺の原因は体罰。それだけで終わっていいのか。

via: 北九州小5年自殺:原因は担任の体罰 福岡地裁支部判決 - 毎日jp(毎日新聞)

via: asahi.com(朝日新聞社):「小5自殺は体罰」認定 北九州市に880万円賠償命令 - 社会
このニュースを目にして率直にどう思うか。・・・難題。
例えば・・・、教師の情熱、教師のストレス発散、モンスターペアレンツ、親子共に抱える精神的免疫力のなさ、体罰の定義、同級生の証言の信憑性、市に約8100万円、「日本スポーツ振興センター」に約2800万円を求めることの妥当性、女性教師ならではのヒステリックさ、・・・そしてその日教室で起きた事実とは何か・・・真相は?・・・といったように、ザクッとまとめられたニュースを見ていろいろと気になる要素は出てくるが、これだけでは判断することの限界を感じるのである。おかしな教師もいればマトモな教師もいて、方やおかしな親がいればマトモな親もいる。この手のニュースを見ながら単純に体罰を子供に対する暴力行為として論じるだけでいいのか?という疑問は未だに消えない。自分が学生の頃を考えるとき、今の御時世であれば正直いくらでも“ニュースに出来そうな”体罰は日常的なことだった。コント並みにヒステリックな教師や、これまたコント並みに暴力的な教師もいた。ただ、そこには、教師を憎み、そして教師を恐れていながらも、時として同級生のような親近感を感じるという、ある意味絶妙な関係が存在していた。体罰でアザが出来たからといって親なり教師に訴えるなどという発想すらなかった。むしろ親などは、体罰を推奨する(笑)というそういう世代だった。ワタシは“昔は当たり前だった”と言って今の本質を見ることの出来ない懐古主義のジジィになるつもりはさらさらない。感じるのは、生徒の側も教師の側も、時代と共にそれぞれが感じるセンスのようなものが変わってきているということだ。センスというか質というか。それは時代というよりも、今は年ごとに変わってきているような気さえする。このニュースとは全く関係ないが、我が子の万引き行為を咎められて逆ギレするアホ親の記事を読んだとき、親のバカさ加減以上に、それを受ける店側がどこまで毅然とした態度を取れているのか甚だ疑問だということを感じたのである。今回のニュースと絡める気はないし、何の関連性もないが、こういったニュースを目にして共通して感じるのは、それぞれの立場の自覚なり誇りのようなものが失われつつあり、結果としてその関係性までもが崩れてきているということだ。自殺する子供に非はなく、子供のココロまでを読み取れずに体罰とされる行為に出た教師に全面的に非があるというのもワカル。ただ、自殺するかしないかという選択肢に子供なりに迷ったときにどちらを選ぶか。そこには親の責任も存在するはずである。そもそも自殺という行動そのものが選択肢ではなく即結論というところも問題だと感じる。何故にもっと振れ幅を持てないのか。この責任を全て学校に求めるのは少々酷な気もするのである。と同時に、そういう振れ幅の少ない子供にどう対応していくか。ここに教師としての能力をいかに発揮していくか。そして本当にその資格があるのか。教師受難の時、とまでは思わないが、今の時代のほうが、圧倒的に教師にその質を求められているのは確かだ。

それにしても・・・出てくる情報量が少なすぎる。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : ニュース
genre : ニュース

tag : 教師 体罰 自殺

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

関連するエントリー

Loading


calender
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from parkingline. Make your own badge here.
Created with flickr badge.
profile

parkingline

Author:
parkingline

日々の戯言雑言
アレコレ
日々の怒喜交々
アレコレ
喜怒哀楽の覚書
アレコレ

recent entries
recent comments

recent trackbacks

NINJA counter
NINJA visitor
gooberwalk
tag cloud v1.2a
地下鉄サリン事件(#1)量刑(#1)XBOX(#1)麻生首相(#5)和布刈(#1)本庄第一高校(#1)ドラッグ(#1)拘束(#1)原発事故関連(#84)HDD(#1)東京都青少年健全育成条例(#1)法務大臣(#1)Windows8.1(#3)長崎市長射殺(#1)people(#1)S&W(#1)麻薬(#1)24時間テレビ(#1)コカ・コーラ(#1)M9A1(#2)フジテレビ(#6)デリンジャー(#1)関門海峡花火大会(#1)ドキュメンタリー(#1)WA(#1)冤罪(#1)OSX(#1)事故(#1)薬物(#1)70-300mm(#1)千葉法相(#4)精神鑑定(#8)WiMAX2+(#1)GLOCK18C(#1)人権(#2)44マグナム(#1)オニユリ(#1)皇族(#1)DebbieGibson(#1)Weapon_of_Choice(#1)フィギュアスケート(#1)砂風呂遊び(#1)橋下知事(#5)門司港レトロ展望室(#1)東京マルイ(#6)大相撲(#1)フォント(#2)天皇制(#1)爪切り事件(#3)バラエティー(#1)ドリームマッチ2009(#1)アイコン(#1)西川社長(#1)フォトショップ(#1)電動ブローバック(#1)死刑(#3)大統領選(#1)コルトガバメント(#1)ポール・ニューマン(#1)とくダネ!(#1)光市母子殺害事件(#30)万引き(#1)楳図かずお(#2)デジカメ(#14)ハッピーサマー缶(#1)朝日新聞(#2)うろこ雲(#1)USB(#1)windows8(#2)バッタ(#1)ロス疑惑(#2)ドレスの色(#1)三浦元社長(#1)バトン(#1)スカイプ(#1)こんにゃくゼリー(#15)下関(#1)創価学会(#5)石原都知事(#3)ヤモリ(#2)GX660R(#6)消費者庁(#1)安田弁護団(#1)景観破壊(#2)福田君を殺して何になる(#1)グロック26アドバンス(#1)番組(#1)Mk23(#1)皇室(#1)instaxmini(#1)Opera(#1)ドコモ(#1)放火(#1)デザート・イーグル(#2)wma(#1)携帯(#3)グロック18C(#1)緒形拳(#1)ニード・フォー・スピード(#1)裁判所(#1)画像表示(#1)さんま(#1)アカマイ設定(#1)テロ指定解除(#1)死刑反対派(#1)mp3(#2)PCゲーム(#1)金正日(#1)HighslideJS(#1)犯罪(#1)法相(#2)合成写真(#1)itunes(#2)世田谷一家殺害事件(#1)東国原(#2)大阪府知事(#1)足利事件(#2)漁船衝突(#6)デザートイーグル(#3)臓器移植(#1)接写(#1)カマキリ(#1)鳩山首相(#1)ペプシアイスキューカンバー(#1)イージーカバー(#1)郵便法(#1)GoogleAJAXFeedAPI(#1)流出(#8)ドナーカード(#1)なめらかスロー(#1)福岡タワー(#1)MHL-HDMI変換アダプタ(#1)国会のヤジ(#1)プッチンプリン(#1)東海テレビ(#2)泣き(#1)クリストファー・ウォーケン(#1)トイガン(#3)px4(#1)モデルガン(#1)ジャイロ・タイヤ(#1)ノーベル賞(#1)猫(#4)フルブラウザ(#1)障害者割引(#1)WiMAX(#1)ガスガン(#14)関門海峡(#3)youtube(#1)加工(#1)東日本大震災(#1)謝罪会見(#1)北朝鮮(#10)白鷺(#1)大蘇ダム(#1)SIGMA50-500mm(#1)ネットカフェ(#1)ぶらさがり取材(#3)爆弾(#1)佐世保高1女子殺害(#3)ウド&井上(#1)タグ(#1)マクロリングライト(#1)バラク・オバマ(#1)オバマ大統領(#1)修整(#1)fatboy_slim(#1)露店爆発事故(#2)責任能力(#10)USBメモリ(#2)ワイプ(#1)radiko(#1)参院選(#1)GP-E2(#1)ペプシ(#1)FC2ブログ(#3)S2S(#1)秋葉原殺傷事件(#2)写真表示(#1)お笑い(#2)秋葉原連続殺傷事件(#1)Winodws8.1(#1)ばった(#1)クエンティン・タランティーノ(#1)紅葉(#3)グーグルマップ(#2)NASA(#1)東金女児(#1)朝鮮学校無償化(#4)固定スライド(#1)中川昭一(#1)イグ・ノーベル(#1)ジャケット写真(#2)くまモン(#1)国会(#1)中山前国交相(#1)スター・ウォーズ(#1)キーボードカバー(#1)サイクリング(#2)少年法(#6)RICHO(#1)F-05D(#1)キル・ビル(#1)Spyder4pro(#1)夕日(#2)ウエスタン・アームズ(#1)THETA(#1)佐賀県知事(#4)きちがい(#1)関連するエントリー(#1)白と金(#1)ロボコップ(#1)GoogleEarth(#1)八百長(#1)海上自衛隊(#1)GO!GO!7188(#1)土浦連続殺傷事件(#1)中山国交相(#1)EF50mm(#1)和布刈公園(#1)失言(#1)photofunia(#1)クレーン車6児童死亡(#2)コーラ(#1)夜桜(#1)死刑廃止(#2)エアガン(#2)タクティカル・エリート(#1)GeforceGTX780M(#1)ファットボーイ・スリム(#1)キム・ヨナ(#1)待受ショートカット(#1)H&K(#1)007(#1)広告(#1)18-35mm(#3)インタビュー(#1)スカーレット・ヨハンソン(#2)アンストッパブル(#1)民主党(#33)福田元首相(#1)ツイッター(#6)千葉景子(#2)死刑制度(#131)オリンピック(#1)KSC(#1)転送(#3)酒井法子(#1)死刑廃止を推進する議員連盟(#1)朝鮮学校(#2)友泉亭公園(#1)ソフトウェア更新(#1)M92F(#2)政権交代(#1)テレビ番組(#1)死刑囚(#2)BlogPeople(#1)ジャケット(#1)映画音楽(#1)トカレフ(#1)田母神幕僚長論文(#5)モバイルバッテリー(#1)音楽(#1)川崎中1殺害事件(#5)夕陽(#2)組み立てキット(#1)SⅡS(#1)殺害(#1)GPS(#1)野田消費者行政担当相(#6)マウント(#2)公明党(#4)鹿児島夫婦殺害(#2)ヒメツルソバ(#1)はなむけ(#1)ライバルズ(#1)飛行機雲(#1)メタリック・ナノパズル(#1)ファイル転送(#1)時効制度(#1)自殺(#3)Wi-Fi(#1)三浦和義元社長(#1)鬼百合(#1)宇宙遊泳(#1)bluetooth(#2)SCM(#1)虐待(#2)雲(#4)永遠のゼロ(#1)船外活動(#1)PowerShotSX50HS(#4)テロップ(#1)アートワーク(#1)ズームレンズ(#2)Safari(#1)蒟蒻畑(#11).44マグナム(#1)まやかしの世界(#1)小1殺害(#2)いじめ(#1)江東バラバラ殺人事件(#2)オート9(#1)キック・アス(#4)グロック(#1)加藤容疑者(#3)MSI(#16)実名報道(#4)亀井大臣(#1)窃盗(#1)GoogleMap(#2)参議院選挙(#1)集団暴行(#1)振り込め詐欺(#1)ブラウザ(#1)クリエイティブフィルター(#2)クイックプレイリスト(#1)秋葉原連続通り魔事件(#1)裁判員制度(#1)DragonEdition2(#10)製造責任(#1)総裁選(#2)障害者(#2)リボルテックダンボー(#1)監禁(#1)ルービック・キューブ(#1)グロック26(#1)心神喪失(#1)USP.45(#1)中国(#1)flickr(#1)プラネタリウム(#1)空(#3)flv(#1)東国原知事(#1)飲酒運転(#19)筑紫哲也(#1)swf(#1)grasshopper(#1)ゼロ戦(#1)福祉(#2)韓国(#1)個室ビデオ(#1)政府(#1)改正国籍法(#1)夕焼け(#4)訴訟(#1)GT70(#10)M29(#1)福岡城跡(#1)映画(#1)ストリートビュー(#2)御祓い(#1)王貞治(#1)青と黒(#1)マッド・マックス(#1)ベレッタ(#2)裁判員裁判(#6)F-01F(#7)オートアート(#1)KatyPerry(#1)docomo(#2)Skype(#1)インターセプター(#1)想像力(#1)教師(#1)死に神(#1)闇サイト殺人(#1)待受(#1)UFO(#1)インターネット(#1)舞鶴公園(#2)BIOS(#2)キチガイ(#1)コオニユリ(#1)むかご(#1)死刑廃止論者(#2)懲戒請求(#1)政教分離(#3)年越し派遣村(#3)X360(#1)拉致問題(#2)ソーダ味(#1)浅田真央(#1)EOS70D(#36)日本郵政(#1)オウム(#1)HY-MHL1(#1)ソーコム(#1)学校(#1)スマホカバー(#1)SIGMA(#4)ペプシホワイト(#1)中大教授刺殺(#1)pc(#2)タナカワークス(#1)ハリー・キャラハン(#1)クワガタ(#1)宮崎県知事(#1)尖閣諸島(#7)被災松(#3)ブルドッグ(#1)F-06B(#35)自民党(#3)ビーチサンダル(#1)福知山花火大会(#2)広島女児殺害(#1)picnik(#2)カラス(#1)桜(#2)光学ドライブ(#2)関門トンネル人道(#1)F-01A(#9)企業責任(#2)事件(#2)チェキ(#1)写真(#2)鳩山政権(#2)泣かせ(#1)osx(#1)ロマン・ポランスキー(#1)ひき逃げ(#3)小6殺害(#1)体罰(#1)
mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

QR code
QRコード

ashiato
categories
Trackback People

BlogPeople People

amazon
AD
search this site by Google
Loading
search form
all entries

全ての記事を表示する

monthly archives
FC2BLOG

BlogPeople
RSS links



 RSSリーダーで購読する

“ブロとも” form

この人とブロともになる

blogscouter