カテゴリ:音楽 の記事一覧


| | 古い記事一覧へ≫


--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme :
genre :

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2016-01-11(Mon)

デヴィッド・ボウイ死去。

デヴィッド・ボウイ氏、がんで死去 故大島渚監督の映画に出演 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
何と言うか・・・哀しいとか残念とか惜しいとか・・・そういうことよりも、突然ニュースで知らされて驚いて。。。で、止まっているというのが正直なところ。アレコレと書き記しておきたいことは山ほどあるが、今日のニュースで彼の死を知らされて「え?」と驚いたヒトなら、感じているところはみんな共通しているハズである。2年前にリリースされたアルバム『THE NEXT DAY』の素晴らしさに感動していただけに、彼の死は残念の一言に尽きる。

彼は単なる”歌手”“俳優”ではなく、まさに唯一無二の“アーティスト”だった。

新作『BLACKSTAR』。遺作。じっくりと聴こう。
スポンサーサイト

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2013-11-05(Tue)

今宵、改めてデヴィッド・ボウイに酔いしれる。

覚え書きのエントリーをしようと思いつつこのアルバムリリースから8ヶ月も経ってしまった(笑)。今宵、改めてデヴィッド・ボウイに酔う。『The Next Day』、やっぱり名盤。ワタシ自身は、彼の80年代の活躍にハマりまくっていた世代。今でも聴いて飽きない『Let's Dance』に熱くなっていた時代。『戦場のメリークリスマス』を観に劇場へ足を運び、涙し、いろいろな映画雑誌で特集記事を読んでいた時代。『キャット・ピープル』のナスターシャ・キンスキーに惚れ、デヴィッド・ボウイの歌うエンディングの曲にシビれていた時代。MTV全盛期。毎日日課のように必ずミュージックビデオをチェックしていた時代。あくまでも“PV”ではなく“ミュージックビデオ”と呼んでいた時代(笑)。正確な時期は違うとは思うが、デヴィッド・ボウイに熱くなっていた時のことを思うと、高校時代の暑い暑い夏を思い出すのはワタシだけだろうか。良くも悪くも・・・・いや、素晴らしいまでに様々なジャンルの曲が入り乱れてゴッタ煮状態のエイティーズだった。60代も後半にさしかかったデヴィッド・ボウイが今年になってリリースしたアルバムを聴けば聴くほど、当時を思い出す。

懐かしさを感じさせる新しさ。

この誰もマネ出来ないトコロが、やっぱりデヴィッド・ボウイなんだな。ただただカッコヨロシ。ああいう風に歳を取り重ねたいが・・・・、そう思うそばから自ら笑えてしまう(笑)。うん、やっぱり純粋に鑑賞し憧れるモノってあるんだ(笑)。
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-12-21(Wed)

踊るダース・ベイダー。

ただのパロディービデオかと思いきや、これがスンゴくよく出来ている。そして笑える(笑)。


↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : YouTube Music Video
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-12-01(Thu)

久々に原田真二を聴く。

完全に忘れかけていた曲や歌手のことをいきなり思い出すことがある。画面を見ることなく、たまたま音だけが耳に入ってきて、“ん??何だっけこの曲・・・”と思ってからすぐに、“あ~~~!!原田真二か!”と思い出し、テレビ画面を見てみると、どうやらフジテレビのドラマで使われているらしいと知った次第。実際にはスピッツがカバーしているとのことだが、とにもかくにも、才人原田真二のことをすっかり忘れかけていたので、しばし懐かしさにのたうち回ってしまった(笑)。彼がデビューして注目され始めたのは、ワタシが小学校から中学にかけた頃だった。ちょうど洋楽の世界に足を踏み入れた頃で、彼のメロディーは当時ガキだったワタシにも結構ストライクだったのはよく覚えている。個人的に超名曲認定している曲も多い(笑)。洋楽をいろいろと聴き始めてくると、彼がどういった音楽に影響を受けているかが見えて来る。エルトン・ジョンであり、ビリー・ジョエルであり、もちろんビートルズもあるだろうし、イイ意味で、変幻自在に様々な洋楽のエッセンスを取り込んでいるのがよくわかる。改めて時系列で見てみると、そのスタイルの変遷ぶりが結構面白い。思い切り“プリンス”なライブがあったりして(笑)、それでも質の良さというか、センスの良さというか、“あ~~もうちょっと後の時代に出て来ればまた違うカタチで認知されたのかも・・・”ってなことを感じさせる。いずれにせよ、この『タイムトラベル』は、改めて何度聴いても名曲だ。使われているらしいフジのドラマには全く、ホントに笑ってしまうほどに全く興味がないのだが(笑)、この曲と原田真二という歌手を思い出させてくれたことには感謝感謝だ。この動画は、『タイムトラベル』リリース当時の“夜ヒット”出演時の映像をアレンジしたものだと思うが、とにかく若くあどけない。最近“懐かしの歌手勢揃い”みたいなイベントの模様をテレビで見たのだが、そこに何と言う偶然か原田真二が出て来て驚いた。昔に比べよりハスキーボイスな感じが増してまた良かった。まだまだライブとかやってんだな~。。。

続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : J-POP
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-24(Sun)

久々にインエクセスを聴く。

今でも好きでたまに聴いているINXS。とにかく全ての曲がカッコイイ。ただ、やはり一番ハマっていたのは80年代になる。マイケル・ハッチェンスの自殺のニュースを知った時には、非常に驚きではあったが、正直なトコロ、INXSを“思い出した”という感じだった。最近初期の頃のアルバムを聴きながら、やはりマイケル・ハッチェンスの声あってのINXSだと改めて思う。何と言うか、聴いててクセになる声というか、まぁ、美しくロックなボーカル(笑)。というわけで、“Never Tear Us Apart”。イイ曲ばかりの中で、この曲は特に名曲だろう。後半の間奏で入ってくるサックス。カッコ良過ぎる(笑)。

INXS - Never Tear Us Apart(1987)

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-22(Fri)

久々にブロンディを聴く。

ブロンディもイイ曲ばかりなので、コレだっ!という1曲が選べない(笑)。が、初めて聴いた時の印象度やその時に感じた新鮮さ、そして単なる好みを考えると、この“Rapture”が浮かぶ。印象的なメロディーやディスコディスコなアレンジ(笑)、そして当時としてはまだ珍しかったラップをデボラ・ハリーが・・という、やはり他の曲からすると異質な感じのする名曲だ。で、ワタシの英語力では到底英語詩を聴き取り理解することなど出来ないので、Google翻訳で試しに訳してみたところ、これが予想外に・・・素晴らしかった(笑)。機械訳ならではのシュールなところが何とも言えず曲にマッチしているようで・・・読みながら笑ってしまった。曲を聴きながらラップに入るところからこの機械訳をなぞっていくと、その感覚がわかるハズだ。(・・・・多分(笑))

Blondie - Rapture(1981)
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-21(Thu)

久々にファイン・ヤング・カニバルズを聴く。

恐らくファイン・ヤング・カニバルズと言えば誰もが一度は耳にしたことがある“She Drives Me Crazy”ということになるのかも知れないが、散々アチコチで使い回されて独り立ち、独り歩き(笑)してしまった感もあるので、個人的にはこの“Johnny Come Home”が今でもダントツ1位である。と言うのもこの曲が気に入ってこのグループを知ったせいもある。いや~~~久々に聴いたがカッコヨロシ過ぎる。何だろうか、この完成度の高さは・・・。

Fine Young Cannibals - Johnny Come Home(1985)

続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-21(Thu)

久々にアース・ウィンド・アンド・ファイアーを聴く。

ワタシが生まれて初めて買ったLP盤というのが、アース・ウィンド・アンド・ファイアーのベスト盤だった。まぁ正確には『スター・ウォーズ』のLP盤が最初だったが、あれは本編のダイジェスト盤というちょっと変わった代物だった(笑)。本編で流れる曲をまとめたいわゆるサウンドトラック盤とは違って、要所要所のセリフをそのまま収録したアルバム。全編英語。今から思うとLP盤で映画の音声を聴くなんて、まるで英語教材みたいだったな~と(笑)。で、そんなハナシではなく、アース・ウィンド・アンド・ファイアー。中学校に入った頃だっただろうか。そんなガキにとっては安い買い物ではなかったが、とても好きだった“セプテンバー”と“宇宙のファンタジー”が入っているだけで随分お得な気がしたアルバムだった。

Earth, Wind & Fire - September(1978)
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-17(Sun)

久々にロバート・パーマーを聴く。

大好きだったロバート・パーマーがこの世を去ってからもう8年近くが経つ。ホントにまさか・・の訃報だった。月日の経つのは・・・普通に・・・早い。とにかく紳士的な渋さがカッコイイ人だった。そしてこの“Addicted To Love”を初めて見た時の驚き。曲のカッコ良さもさることながら、無表情のモデル集団というかレプリカント集団というか、強烈なインパクトを残したPVだった。続く“I didn't mean to turn you on”、“Simply Irresistible”。どれも傑作PVだ。なかでも“Simply Irresistible”の動と静、対照的なモデルたちの動きがタマランタマラン。

Robert Palmer - Addicted To Love(1986)
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-17(Sun)

久々にハワード・ジョーンズを聴く。

おっ!・・・気が付けば外が明るくなってる(笑)。そろそろ80'sから戻って来なくては・・・(笑)。というわけで(でも何でもないが(笑))ハワード・ジョーンズの“What Is Love”。これもラジオでよく流れてたな~。MTVでもよく流していた。気付けば鼻歌のレパートリーに加わっているというメディア戦略・・・ウソ(笑)。久々に聴いたけど、な~んかイイな。イイ意味で耳に残るメロディーというか、覚えやすいサビというか、何だかとにかくてんこ盛りアレンジとか、まぁハワード・ジョーンズのヘアスタイルも含めて、これも間違いなく80'sを代表する曲のヒトツ。

Howard Jones - What Is Love(1983)

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-16(Sat)

久々にチープ・トリックを聴く。

小学校卒業間近か中学に入る頃だったと思うが、ラジオから流れてきた時に“イイな~この曲”と思ったものの、誰の何という曲かもわからず、しばらく日が経ってからそれがチープ・トリックの“Voices”だと知ったあの時からもう30年以上が経つことにフゥ~~~・・・とため息をついてしまう(笑)。当時はかなりの人気を誇っていたバンドだった。高校に入ってからは友人がチープ・トリックの大ファンだったこともあり、学園祭で“I Want You To Want Me”をカバーして盛り上がったものだった。懐かしい思い出だ。ちなみはワタシはギターを全く弾けない(笑)。しばらくご無沙汰だったチープ・トリックを耳にしたのが“The Flame”。名アルバム“Lap Of Luxury”からの曲。この曲もまた80'sを代表すると言って間違いない名曲だ。

Cheap Trick - Voices(1979)
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-16(Sat)

久々に最近の音楽でも・・・(笑)。

懐メロばかり聴いたり見たりしていると戻って来れなくなりそうなので(笑)、たまには最近のやつも・・・ということで、ベニー・シングスの“Big Brown Eyes”。少し前になるがFMでこれが流れてきた時、何とも言えない懐かしさというか、その切なくそしてポップな感じが、どことなく80'sを思い出させる不思議な感覚を覚えた次第。ベニー・シングスというヒトの存在もこの曲で初めて知った。オランダのシンガー。たまにこういうセンスの音楽に出会うとうれしくなる。そういう出会いはやっぱりテレビよりラジオだな~・・・と思う。曲を邪魔しないシンプルなPVがグッド。

Benny Sings - Big Brown Eyes(2011)

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-15(Fri)

久々にマドンナを聴く。

デビューアルバムの中で一番好きな“Burning Up”。まだ“Like a Virgin”で完璧なブレイクを果たす前のマドンナ。初々しさや可愛さという点では“Borderline”や“Lucky Star”だが、後のマドンナっぽさを予感させる微エロな感じはこの曲、このPVだろう。そしてワタシが“ひょっとしたら”彼女の曲の中で一番好きな曲かも知れない“Into The Groove”。とにかく“The Virgin Tour”のビデオは晩飯後によく見ていた(笑)。最初から最後まで良く出来たライブビデオ。この頃のオバカなネエちゃんっぽいマドンナというのは無敵モードだった。向かうところ敵なしってな感じで独走状態。ぽっちゃりムチムチ感もタマランタマラン。そして“Into The Groove”の流れをくんだ“Causing a Commotoin”。これもイイ。動画は“Who's That Girl World Tour”の時の模様。この時に急に筋肉お化けになったハズだ(笑)。この3曲、1983-1985-1987と2年間隔。進化というか何と言うか、明らかに存在感が増しているのがよくわかる。

Madonna - Burning Up(1983)

続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-15(Fri)

久々にハートを聴く。

恐るべしウィルソン姉妹・・・だった(笑)。特にナンシー・ウィルソン。おっぱい星人としては巨乳の金髪ギタリストというだけで文句なしだった、と言うのは冗談・・・でもなく、ホントにウホホ・・・だった(笑)。曲、容姿共に美しカッコイイオンナ(笑)というのは、飢えた高校男子にとってはタマランタマラン存在だった。と、一昨日も同じようなコトを書いている(笑)。要するに外人女子に弱かったというだけの淡く切ない、そしてギラギラした(?笑)思春期だったということだ。にしてもイイ曲だ。80'sを懐かしむ時に欠かせない曲。でもこの“These Dreams”と“There's The Girl”、リリースは1年ほど間があるのにまるで2本撮りしたような感じだな(笑)。いや、絶対セット手抜きしてるだろ(笑)。

Heart - These Dreams(1986)
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-14(Thu)

久々にJ・ガイルズ・バンドを聴く。“堕ちた天使”、一択(笑)。

エイティーズとか、懐洋メロに思いをはせる時、ホントは“一発屋”でもないのかも知れないが、記憶の中では完全に“一発屋”として定着しているバンドというのが意外と多いことに気付く。J・ガイルズ・バンドのこの“堕ちた天使”なんてまさにそうだ。洋楽に興味なくてもこのイントロには聞き覚えがあるというヒトが多いのではないかと思うくらいに、大ヒットしたし、今でもBGMとかで使われることもよくある。が、このバンドの他の曲が注目された記憶がない。まぁ、大事なのはヒットの数ではない。自分がその曲を好きかどうか、というコトだけでいいのだ。でももうちょっとウケてもいいバンドだと思うのだが(笑)。高校生の頃に友人らとこの曲のコピーをしようということになったのだが、この曲の肝でもあるイントロがどうしても再現出来ずにあっさり“ヤメヤメ~!”となった全然苦くない記憶がある(笑)。いや~それにしても洋ピン大好き学生にとってはタマランPVだったな(笑)。

J. Geils Band - Centerfold(1981)

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-14(Thu)

“ Wicked Game”あってこその『ワイルド・アット・ハート』。

デヴィッド・リンチ作品のなかでひとつだけ選べと言われたら、ひょっとしたら『ワイルド・アット・ハート』と即答してしまうかも知れない。そして数秒経ってから『ロスト・ハイウェイ』に変更するかも知れない(笑)。いずれにせよ、『ワイルド・アット・ハート』を映画館で初めて観た時のインパクトはいつまで経っても忘れられない。ニコラス・ケイジもローラ・ダーンもとにかく素晴らしかった。間違いなくリンチ的名作のヒトツだ。で、その中で非常に印象深く残る曲が、このクリス・アイザックの“Wicked Game”である。そんなにハッキリと長く流れるわけではないのに、強く強く印象に残る名曲。ギターの音色が何とも切なく耳に響く。クリス・アイザックというヒトもこの曲も、この映画で初めて知ったのだが、それが最初で最後だった(笑)。個人的音楽選的には“素晴らしき名曲一発屋”に認定(笑)。ちなみにこのPVの監督はデヴィッド・リンチ。映画の温度を感じさせるPVになっている。『ワイルド・アット・ハート』、また観たくなった。

Chris Isaak - Wicked Game(1990)
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-14(Thu)

“ラジオ・スターの悲劇”。やっぱりイイね~・・・・。

“懐かすぃ~・・・”とつぶやいたヒトはもういいオッサンなハズだ(笑)。いや~それにしてもやっぱりイイ曲だな~。何度繰り返し聴いたことか・・・。完全にカセットテープの記憶(笑)。美しいイントロにエフェクトのかかったボーカルが入ってくるこの出だしの斬新さ。そして切なさを感じさせる絶妙なメロディ-。いや~・・改めて聴いても飽きない曲だ。PVもフィルム撮り。そしてシンプル過ぎるビデオエフェクト。セットのみのアナログテイストもイイ。今見ても楽しくステキなPVだ。

The Buggles - Video Killed The Radio Star(1979)

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-13(Wed)

久々にパッツィ・ケンジットに惚れる。

エイス・ワンダーと言えば“Stay With Me”。“Stay With Me”と言えばピーター・セテラ、『竹取物語』(笑)。じゃなくて、パッツィ・ケンジットのハナシ。この“Stay With Me”でデビュー。当時17歳。このPVで魅せる彼女の可愛さは驚きだった。性欲がメルトダウンを起こしているような高校男子にはナントモ罪深い存在だった(笑)。今見ても全然イケそうな可愛さだ。そんな彼女が4年後に『リーサル・ウェポン2』で久々に再び女優として登場した時にも驚いた。カワイイコからオンナになっていた。メル・ギブソンの野郎め・・・(笑)。それにしても楽しくカワイイPV。革ジャンを脱ぎ捨てスタジオのバンドに合流する最初のところが好きだ(笑)。

Eighth Wonder - Stay With Me(1985)
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-13(Wed)

久々にドン・ヘンリーを聴く。

“The Boys of Summer”。1984年。MTV全盛期。当時カラフルなPVがてんこ盛り状態だったなかで、この切ないモノクロ映像はとても新鮮だった。映像、曲共に素晴らしいPV。このPVの登場以降、やけにモノクロのPVが増えたような気もしたが・・・気のせいか(笑)。

Don Henley - The Boys Of Summer(1984)

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-13(Wed)

久々にクラウデッド・ハウスを聴く。

オーストラリアのバンド、クラウデッド・ハウスのデビューアルバム“Crowded House”には名曲が詰まっている。紛れもなく名盤だ。ワタシが断言する(笑)。中でも“Don't Dream It's Over”はやっぱり名曲中の名曲だ。何度聴いてもウルウルしてしまう。何て美しいメロディーなんだ!結果的には残念ながらこの“Don't Dream It's Over”以上の商業的成功を収められなかったせいか、“一発屋”的イメージを持たれがちだが、その後のアルバムにもイイ曲が詰まっている。Mr.Childrenの“”という曲の歌い出しを聴いた時、“これ完全に“four seasons in one day”だな~・・絶対聴いてるな”と思ったものだ。明らかにビートルズの味わいを感じさせるクラウデッド・ハウスは、間違いなく多くのバンドに影響を与えているはずだ。

Crowded House - Don't Dream It's Over(1986)

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-12(Tue)

久々にブルース・スプリングスティーンを聴く。

久々に聴いたがイイ曲だな~。ブルース・スプリングスティーンの骨太さは同性から見てもカッコイイ存在だった。曲もまた骨太で名曲も多い。バラードもググッと聴かせる。で、何故にこの“Dancing In The Dark”のPVが印象に残っているのか・・・。それは、ただのライブを収録しただけのPVと思いきや、ちょっとほのぼのするプチ展開というか、それよりも何よりも、これをあのブライアン・デ・パルマが監督しているということに、当時かなりの違和感を覚えたからだ。デパルマワールドに思い切りハマっていたワタシには驚きだった。そりゃそうだ。『殺しのドレス』『ミッドナイトクロス』『スカーフェイス』ってな映画を撮っていた監督がブルース・スプリングスティーンのPVを撮るとか。それもどんでん返しも血もエロもない、ストレートなPVなんて。でもその意外性こそが、デパルマならではだったんだろうな・・・と。まぁ、映画でヒネりまくっていたからPVで小休止、といったトコロだったとは思うが(笑)。ちなみに、ブルース・スプリングスティーンがステージに上げる選ばれし幸運な女性役は、あの『スクリーム』のコートニー・コックスである(と、さっき知った(笑))。わかっ!

Bruce Springsteen - Dancing In The Dark(1984)

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-12(Tue)

混沌とした日本にThe B52'sを大音量で流そう!

数年前に水道橋の中古CDショップでこの“Love Shack ”聴きたさにアルバム“Cosmic Thing”を買ったのだが、ジャケットも日焼けしてケースも傷だらけという状態で確か200円でワゴンに寂しそうに放置されていたのを思い出した(笑)。時々無性に聴きたくなるグループだ。とにかく聴いてて楽しい。PVもイイ。どことなくトーキング・ヘッズ臭のする(笑)、まさにくせになるポップさだ。今こそノリノリなThe B52'sを大音量で聴いて、どんよりとした日本から気分だけでも脱出しよう。それにしても“Roam”のPVは素晴らしくオモシロイな~。

The B52's - Love Shack(1989)
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-11(Mon)

穴はチカラ・・・・。

デヴィッド・ボウイの“Let's Dance”はとにかく素晴らしいアルバム。1983年。レコード盤に針を落とし、“Modern Love”のイントロが流れてきたあの瞬間あの感動と言ったら・・・。もう何と言うか、“グォ~~~~!”という感動(笑)。それにしても誰だよ、空耳アワーに投書したの。あれ見てから完全にそうとしか聞こえなくなったじゃないか(笑)。そしてアルバムタイトルである“Let's Dance”。もし“一日に十回以上聴ける曲”というコーナーがあったら、自分の中ではかなりの上位にくる(笑)。当時のデヴィッド・ボウイは、『キャット・ピープル』の主題歌や『戦場のメリークリスマス』の公開というのも重なって随分カッコ良さが炸裂していた。

David Bowie - Modern Love(1983)
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-11(Mon)

“ Gimme Shelter”はゾワゾワする名曲だ。

自分の好きないろいろなアーティストを思い浮かべながら、一番好きな曲は何か、と自問自答するのは、とてもいいヒマつぶしになる(笑)。というわけで、ストーンズの中で“ひょっとしたら”自分が一番好きな曲かも、と思うのがこの“Gimme Shelter”。“ひょっとしたら”というのが、“一曲だけ選べるワケね~だろ”というホンネを踏まえての保険の枕コトバ(笑)。いや~、それにしてもそれにしても、やっぱりこのイントロ聴くとゾワゾワする。そして何と言ってもこのライブで見せる女性のバックボーカリストがスゴい。ミック・ジャガーを完全に食っている。リサ・フィッシャーというベテランの人らしいが、いろいろな“Gimme Shelter”動画を見てきて、このアムステルダムのライブ版“Gimme Shelter”が中でも最高だった。やっぱり女性のバックコーラスが“Gimme Shelter”の肝だな、と改めて思った次第。

Rolling Stones - Gimme Shelter - Live '95 Amsterdam

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 動画
genre : ブログ

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-10(Sun)

今、改めて、少年ナイフ。

少年ナイフの名盤“Rock Animals”から2曲。ふと思い立って探し続け、やっと見つけた。と言うか、初期の彼女たちにはPVらしいPVがない。いや~~~~それにしても久々に聴いたが・・・イイわ、コレ。カッコ良過ぎ。最近こういうテイストのバンド、無いな。と言うか、少年ナイフと聞いて“ウォ~~~!!!”となれるヒト、ノレるヒトは・・・かなり絞られるか(笑)。いやいや、知らないヒトも、知っているヒトも、今こそ改めて少年ナイフですぞ。カッコ恐ろしきオバチャンたちの若かりし頃を堪能せよ(笑)。


Shonen Knife - Tomato Head(1993)
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-10(Sun)

夜も更けてきたので・・・“Undercover of the Night”。

いや~懐かしい。今でも全然イケるな、これ。まぁ、この曲はいわゆる80'sサウンドでも何でもない、ただただストーンズ節のカッコ良さが楽しめる曲なわけだが、MTVが全盛期を迎えようとしていた当時、あのストーンズまでもがここまで作り込んだビデオを出してきたことに驚いたものだった。曲、ビデオ共に、完全に他を圧倒するインパクトを残したのは確かだ。まさに短編映画。あ、今は“ショート・フィルム”と言った方がいいのか(笑)。監督はジュリアン・テンプル。この名前の響きに“あ~~~~~~聞き覚えある~~~~~!”と思う人も多いハズだ。とにかくMTVで見るPVの常連監督と言えばこの人だった。と言うわけで、夜も更けてきたので“Undercover of the Night”で、Back To the 80's and MTV!! 高画質で見たいと思って探してはみたものの、ワタシのチカラでは無理だった。

The Rolling Stones - Undercover of the Night(1983)

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-10(Sun)

今宵は“Middle Of The Road”で。

クリッシー・ハインドのカッコ良さ、そして疾走感がタマラン曲。何度聴いても飽きることがない。ベタなドタバタライブ劇に時代を感じるが、や~っぱりプリテンダーズはカッコイイバンドだ。名曲は数知れず・・・で、今宵は“Middle Of The Road”2種を堪能。

The Pretenders - Middle Of The Road(1984)
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-08(Fri)

“デュ欄・デュ欄”じゃなくて“デュラン・デュラン”なんだよ。

賢いと思っていたATOKもさすがに“デュラン・デュラン”までは一発変換出来ないか(笑)。いや~~それにしても懐かし~~。このイントロ聴くと一気に思春期へ戻されてしまうな。邦題“グラビアの美少女”。イミフメ~~~~(笑)。まぁ、とにかく“Girls on Film”。1981年。80'sバブルなデュラン・デュランはここから始まったと言ってもイイ。ヒット曲そして名曲連発だった。というわけで、グラビアでも美少女でも何でもないPVを久々に堪能。。。

Duran Duran - Girls On Film(1981)


ん??・・・なんか違う。今も昔もおっぱい星人のワタシが、思春期心にときめいた印象とちと違うような・・・。もっとエロな乱痴気騒ぎっぽい印象があったのだが・・・。
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-07(Thu)

久々に川本真琴。

テレビCMをなにげに見ていて、画面右下に“♪川本真琴”の文字。驚いた。十数年前、曲のカッコ良さと彼女の新鮮さが気に入ってデビューシングルCDをを買ったワタシだが、すっかり忘れていた。まさかファンケルのCMで歌っているとは(笑)。いや~それにしてもやっぱりいいな、♪アイノ~サイノ~。

川本真琴 「愛の才能」(1996)

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-07(Thu)

やっぱりデヴィッド・ボウイってカッコエエな~。

今日ラジオで久々に聴いたのだが、いや~楽しい曲だ。元気が出る。で、PV。これもまた随分久しぶりに見たが、やっぱりデヴィッド・ボウイはカッコエエな~と。と言うか、ミック・ジャガー見てると笑ってしまうんだな(笑)。いやいや両者ともにカッコイイとは思うが、そりゃこの頃のデヴィッド・ボウイはダントツだったからな。あとこの曲ってカバーだったのか。当時も紹介されてたハズだが、全く記憶にナシ。いわゆるモータウンサウンドというヤツ。これもまたカッコヨロシ。

David Bowie & Mick Jagger - Dancing In The Street(1985)
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : プロモーションビデオ
genre : 音楽

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

関連するエントリー

Loading


calender
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from parkingline. Make your own badge here.
Created with flickr badge.
profile

parkingline

Author:
parkingline

日々の戯言雑言
アレコレ
日々の怒喜交々
アレコレ
喜怒哀楽の覚書
アレコレ

recent entries
recent comments

recent trackbacks

NINJA counter
NINJA visitor
gooberwalk
tag cloud v1.2a
三浦元社長(#1)拘束(#1)紅葉(#3)なめらかスロー(#1)野田消費者行政担当相(#6)ぶらさがり取材(#3)インターネット(#1)はなむけ(#1)ベレッタ(#2)闇サイト殺人(#1)GeforceGTX780M(#1)窃盗(#1)海上自衛隊(#1)osx(#1)マクロリングライト(#1)グロック(#1)関門トンネル人道(#1)007(#1)友泉亭公園(#1)WA(#1)待受(#1)フィギュアスケート(#1)緒形拳(#1)バラエティー(#1)ルービック・キューブ(#1)川崎中1殺害事件(#5)MSI(#16)関連するエントリー(#1)総裁選(#2)裁判所(#1)テロ指定解除(#1)グロック18C(#1)皇族(#1)スカイプ(#1)ブルドッグ(#1)死刑制度(#131)Windows8.1(#3)死刑廃止論者(#2)GLOCK18C(#1)XBOX(#1)参議院選挙(#1)コカ・コーラ(#1)和布刈公園(#1)ウエスタン・アームズ(#1)実名報道(#4)ブラウザ(#1)死刑廃止を推進する議員連盟(#1)政府(#1)人権(#2)さんま(#1)爪切り事件(#3)ドナーカード(#1)泣き(#1)万引き(#1)S2S(#1)鹿児島夫婦殺害(#2)蒟蒻畑(#11)クワガタ(#1)組み立てキット(#1)夜桜(#1)転送(#3)ジャケット(#1)鬼百合(#1)HDD(#1)中川昭一(#1)青と黒(#1)オリンピック(#1)ソーコム(#1)WiMAX2+(#1)フォント(#2)ヒメツルソバ(#1)門司港レトロ展望室(#1)王貞治(#1)オウム(#1)まやかしの世界(#1)mp3(#2)東国原(#2)キル・ビル(#1)いじめ(#1)画像表示(#1)テロップ(#1)西川社長(#1)石原都知事(#3)虐待(#2)デジカメ(#14)MHL-HDMI変換アダプタ(#1)S&W(#1)懲戒請求(#1)モバイルバッテリー(#1)windows8(#2)企業責任(#2)日本郵政(#1)公明党(#4)天皇制(#1)福祉(#2)ツイッター(#6)ジャケット写真(#2)WiMAX(#1)皇室(#1)露店爆発事故(#2)THETA(#1)ストリートビュー(#2)金正日(#1)プラネタリウム(#1)USP.45(#1)ソーダ味(#1)インタビュー(#1)OSX(#1)福岡城跡(#1)冤罪(#1)韓国(#1)小6殺害(#1)下関(#1)永遠のゼロ(#1)福田元首相(#1)DebbieGibson(#1)鳩山政権(#2)grasshopper(#1)事故(#1)事件(#2)国会のヤジ(#1)bluetooth(#2)少年法(#6)千葉景子(#2)くまモン(#1)コーラ(#1)70-300mm(#1)白と金(#1)バッタ(#1)タグ(#1)クレーン車6児童死亡(#2)スター・ウォーズ(#1)中山国交相(#1)きちがい(#1)トイガン(#3)カマキリ(#1)モデルガン(#1)USB(#1)心神喪失(#1)死刑廃止(#2)法相(#2)トカレフ(#1)M9A1(#2)番組(#1)民主党(#33)雲(#4)ワイプ(#1)ソフトウェア更新(#1)ばった(#1)F-01A(#9)映画音楽(#1)X360(#1)ゼロ戦(#1)本庄第一高校(#1)アンストッパブル(#1)裁判員制度(#1)想像力(#1)ドリームマッチ2009(#1)ニード・フォー・スピード(#1)障害者(#2)エアガン(#2)年越し派遣村(#3)KSC(#1)44マグナム(#1)責任能力(#10)政権交代(#1)朝鮮学校(#2)福田君を殺して何になる(#1)宇宙遊泳(#1)ノーベル賞(#1)接写(#1)秋葉原連続殺傷事件(#1)泣かせ(#1)死刑(#3)SIGMA(#4)HighslideJS(#1)大蘇ダム(#1)北朝鮮(#10)個室ビデオ(#1)メタリック・ナノパズル(#1)Opera(#1)flickr(#1)景観破壊(#2)和布刈(#1)radiko(#1)ひき逃げ(#3)死に神(#1)ドキュメンタリー(#1)GoogleEarth(#1)ペプシホワイト(#1)swf(#1)秋葉原連続通り魔事件(#1)朝鮮学校無償化(#4)ドラッグ(#1)尖閣諸島(#7)F-05D(#1)クエンティン・タランティーノ(#1)白鷺(#1)関門海峡花火大会(#1)ロマン・ポランスキー(#1)ポール・ニューマン(#1)合成写真(#1)GT70(#10)携帯(#3)漁船衝突(#6)放火(#1)クリエイティブフィルター(#2)光学ドライブ(#2)クリストファー・ウォーケン(#1)楳図かずお(#2)原発事故関連(#84)Mk23(#1)フジテレビ(#6)時効制度(#1)photofunia(#1)待受ショートカット(#1)船外活動(#1)ライバルズ(#1)GP-E2(#1)キーボードカバー(#1)広告(#1)ハッピーサマー缶(#1)朝日新聞(#2)拉致問題(#2)土浦連続殺傷事件(#1)GO!GO!7188(#1)タクティカル・エリート(#1)死刑反対派(#1)ガスガン(#14)アートワーク(#1)USBメモリ(#2)Skype(#1)イージーカバー(#1)写真(#2)アイコン(#1)F-01F(#7)バトン(#1)カラス(#1)デザートイーグル(#3)被災松(#3)KatyPerry(#1)御祓い(#1)飛行機雲(#1)中大教授刺殺(#1)東京マルイ(#6)関門海峡(#3)夕焼け(#4)流出(#8)田母神幕僚長論文(#5)佐賀県知事(#4)写真表示(#1)FC2ブログ(#3)アカマイ設定(#1)福知山花火大会(#2)創価学会(#5)空(#3)障害者割引(#1)オバマ大統領(#1)安田弁護団(#1)BlogPeople(#1)こんにゃくゼリー(#15)グロック26アドバンス(#1)テレビ番組(#1)宮崎県知事(#1)キム・ヨナ(#1)ウド&井上(#1)砂風呂遊び(#1)消費者庁(#1)修整(#1)BIOS(#2)Spyder4pro(#1)江東バラバラ殺人事件(#2)教師(#1)オート9(#1)酒井法子(#1)スマホカバー(#1)ロス疑惑(#2)チェキ(#1)飲酒運転(#19)px4(#1)HY-MHL1(#1)東国原知事(#1)ファットボーイ・スリム(#1)デザート・イーグル(#2)東日本大震災(#1)コオニユリ(#1)中国(#1)薬物(#1)電動ブローバック(#1)EOS70D(#36)訴訟(#1)体罰(#1)ペプシアイスキューカンバー(#1)ロボコップ(#1)加工(#1)東海テレビ(#2)国会(#1)youtube(#1)18-35mm(#3)足利事件(#2)リボルテックダンボー(#1)音楽(#1)バラク・オバマ(#1)イグ・ノーベル(#1)グーグルマップ(#2)量刑(#1)麻薬(#1)キック・アス(#4)地下鉄サリン事件(#1)参院選(#1)鳩山首相(#1)精神鑑定(#8)itunes(#2)キチガイ(#1)フルブラウザ(#1)GPS(#1)東金女児(#1)ジャイロ・タイヤ(#1)お笑い(#2)ドコモ(#1)自民党(#3)製造責任(#1)SIGMA50-500mm(#1)ドレスの色(#1)サイクリング(#2)むかご(#1)うろこ雲(#1)小1殺害(#2)亀井大臣(#1)24時間テレビ(#1)ネットカフェ(#1)SⅡS(#1)大阪府知事(#1)マッド・マックス(#1)八百長(#1)光市母子殺害事件(#30)法務大臣(#1)flv(#1)ビーチサンダル(#1)オニユリ(#1)謝罪会見(#1)福岡タワー(#1)docomo(#2)Wi-Fi(#1)とくダネ!(#1)麻生首相(#5)死刑囚(#2)SCM(#1)集団暴行(#1)猫(#4)千葉法相(#4)GoogleMap(#2)映画(#1)クイックプレイリスト(#1)殺害(#1)GX660R(#6)people(#1).44マグナム(#1)Weapon_of_Choice(#1)EF50mm(#1)ファイル転送(#1)広島女児殺害(#1)スカーレット・ヨハンソン(#2)NASA(#1)東京都青少年健全育成条例(#1)大統領選(#1)改正国籍法(#1)H&K(#1)学校(#1)夕日(#2)失言(#1)PCゲーム(#1)タナカワークス(#1)自殺(#3)筑紫哲也(#1)ヤモリ(#2)GoogleAJAXFeedAPI(#1)マウント(#2)橋下知事(#5)インターセプター(#1)加藤容疑者(#3)舞鶴公園(#2)三浦和義元社長(#1)佐世保高1女子殺害(#3)浅田真央(#1)コルトガバメント(#1)中山前国交相(#1)犯罪(#1)デリンジャー(#1)監禁(#1)臓器移植(#1)政教分離(#3)郵便法(#1)Safari(#1)フォトショップ(#1)PowerShotSX50HS(#4)大相撲(#1)DragonEdition2(#10)プッチンプリン(#1)グロック26(#1)pc(#2)爆弾(#1)裁判員裁判(#6)秋葉原殺傷事件(#2)桜(#2)picnik(#2)M29(#1)ペプシ(#1)Winodws8.1(#1)UFO(#1)M92F(#2)RICHO(#1)世田谷一家殺害事件(#1)wma(#1)instaxmini(#1)振り込め詐欺(#1)ハリー・キャラハン(#1)ズームレンズ(#2)fatboy_slim(#1)オートアート(#1)F-06B(#35)長崎市長射殺(#1)夕陽(#2)固定スライド(#1)
mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

QR code
QRコード

ashiato
categories
Trackback People

BlogPeople People

amazon
AD
search this site by Google
Loading
search form
all entries

全ての記事を表示する

monthly archives
FC2BLOG

BlogPeople
RSS links



 RSSリーダーで購読する

“ブロとも” form

この人とブロともになる

blogscouter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。