FC2ブログ
2011-01-14(Fri)

入浴剤誤飲はメーカー責任か?アホ過ぎる本末転倒話。

via: asahi.com(朝日新聞社):ペットボトル入浴剤を誤飲 4歳児、一時意識失う 愛知 - 社会

こんにゃくゼリー騒動再び・・・的な脱力系なハナシである。

相変わらずこの手の事故は起きる。それは仕方がない。子供は予測不能な生き物だ。あらゆるものに興味を示し、噛んだり舐めたり飲み込もうとしたりと好奇心旺盛な生き物、動物。自分に子供がいなくとも、同じ進化をしてきた人間としてそのくらいは普通にわかる(笑)。人間も動物。生き延びるために学習しながら成長する生き物である。自然界では、学習しないことは死を意味する。そしてこれは意欲によるところが大きいのだが、年を重ねる毎に人間は学習することを忘れ始める。生き延びる必要性を感じているかどうか。オトナになるにつれ、そんなことなど意識しなくなりがちだ。死を恐れながらも、生に対して必死ではない。そんな漠然とした矛盾を抱えながら、時間に身を委ねる・・・そうなりがちだ。子供には決してわからないハナシだろう。死の概念がまだ理解出来ない子供には、生き延びるための学習しか選択肢はない。子供の持つ残酷さが純粋さの裏返しである理由はそこにある。

何のハナシか忘れそうになった(笑)。

要するに、意欲ではなく本能で学習しようと必死にもがいているのが子供だ。好奇心からくる行動を制御する機能が未完成なので、一歩間違えば“学習”が単なる“事故”となり得る。自然界ではそれが日常だろうが、仮にも私たちは文明社会にエラそうに生きている人間である。本能や理性や感情を無意識に制御しながら、それも自分一人ではなく、他人との関わりの中で生きている。危険を察知すれば、自分自身はもちろんのこと、他人に対してもそれを可能な限り回避しようさせようと行動する。それはひょっとしたら種としての人間の本能かもしれない。限界はあるにせよ、子供の“学習”が“事故”にならないように見守るのが周りにいるオトナの役割であり責任であるハズだ。

またズレ始めた(笑)。

要するに、防げる事故だということ。完全に事故ゼロは不可能だとしても、事故を未然に防ぐことは極普通の人間が極普通の知恵をもって対処すれば可能だということだ。予測不能な子供に対して、可能な限り予測可能な状況にすればいいハナシである。事故の可能性があるモノをどう管理しどう使うか。どう使わせるか。結局のところ、“責任”の二文字に集約される。その責任の自覚がなければ、どんな危険物でもその場の状況関係なく放置するだろうし、事故も容易に起きるだろう。単なるパッケージや製品設計の変更が、事故を防ぐ上で最優先される策だというのは、消費者である使い手としていかに無責任であるかを露呈しているに過ぎない。爆発するはずのないモノが突然爆発したり、という話ではない。消費者の使い方によってありとあらゆるものが凶器になり得るという極単純な話だ。

市民団体・主婦連合会(東京)の佐野真理子事務局長は「消費者が誤って食べたり飲んだりする恐れがある商品は作るべきではない」と話す

世の中からあらゆる物質が消えてなくなるSFレベルの愚かで無責任な発言。市民だか主婦だかおクソなおババアか知らないが、こういうドアホの存在に対し責任を問う法律って出来ないものか。アホを製造した責任ってことで、親にPL法適用とか(笑)。
スポンサーサイト




↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

tag : こんにゃくゼリー 蒟蒻畑

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2010-12-22(Wed)

“直径1センチ以下”レベルのアタマしか使ってない消費者庁。

via: こんにゃくゼリーに安全指標決定 「直径1センチ以下」「弾力性を小さく」  - MSN産経ニュース

なんかコレって受け狙いか?って思ってしまうくらいのバカバカしさ。まぁ、アホな消費者庁の連中がアホな結論を出しても今更驚きもしないが、それにしても・・・・・・・・オモシロイな(笑)。こういうドアホどもの研究会にも税金が使われてるのだろうか・・・だろうな。ホントの無駄遣いとはこういうこと。

・・直径1センチ以下にするか、逆に一口で飲み込めないほど大きくすることを求めた・・

マンナンライフには、このアホ極まる安全指標に対して、是非ともバカでかい、畳一畳くらいのデカいこんにゃくゼリーを発売して欲しい。“凍らせないでください。一歳児には与えないでください。親としての監督責任を果たせない方々は御購入をお控えください”とデカデカと書いておけばいい。ネタにはネタで勝負すべきだ(笑)。

ガンバレ、マンナンライフ。消費者はマンナンライフの味方だ(笑)。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

tag : こんにゃくゼリー 蒟蒻畑

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2010-11-18(Thu)

改めて、こんにゃくゼリー裁判について思うこと。

via: asahi.com:こんにゃくゼリー訴訟 死亡男児の父の思い-マイタウン兵庫

父親曰く、“安全性より食感を求めるのは間違いだと思う
弁護士曰く、“男児の祖母は危険性を知らないからこそ孫に与えた

ただひとつだけ、彼らに聞いてみたいことがある。1歳11カ月の子供に、凍らせたこんにゃくゼリーを与えたことをどう考えているのか知りたい。それだけ。子供がやせ細り意識を取り戻すことなく亡くなったという悲劇性とその原因や責任を混同していけない。凍らせたこんにゃくゼリーの危険性の認識がなかったとすれば、それは消費者の認識云々というハナシではない。1歳11カ月。子供と言うよりまだ赤ちゃんだろう。

マスコミは触れたがらないところかもしれない。企業の過失による悲劇の事故としてのほうがドラマ性があって、との考えかも知れない。がしかしだ。今に始まったハナシではないが、感情論としての妙な世論誘導報道はヤメて、真相は真相として淡々と報道すべきだ。これは遺族を責めるハナシではない。事故となり得る原因を冷静に伝えるのが仕事ではないのか。

いずれにせよ、今回の判決を受けても企業はホッとはしていられないハズだ。消費者の敵となっているバカバカしい消費者庁の戯言もあるだろうし、企業責任の範囲を超えた同様の問題もまだまだ起きるハズだ。消費者にとっても、一括りに“消費者”とされると困るようなケースも今後出てくるだろう。

当たり前の判決にホッとはしたが、消費者にもいろんな人間がいることを思うと、次はどうなることやらという心配は残る。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

tag : こんにゃくゼリー 蒟蒻畑

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2010-11-14(Sun)

こんにゃくゼリー裁判の不毛さ。17日判決。

via: こんにゃくゼリー:窒息死事故17日判決 危険性争点に - 毎日jp(毎日新聞)

過去に散々ブログで書いてきたが、すっかり忘れかけていた・・・。あまりにバカバカしいハナシ。

事故によって子供を亡くした親の悲しみが、企業への責任追及へと向かうというそのこと自体は、例え筋違いのハナシであっても、当事者の感情として仕方がないことなのかも知れない。目的はお金ではないとは言っても、裁判所が提示するのは、悲しみの代償としての金額である。被告となる企業がゴメンナサイと謝って審議終了ではない。責任の大小は金額の大小となる。裁判とはそういうものだ。

ただ、冷静に考えなくてはならない。そしてこれは感情論の話ではない。この手の話は、こんにゃくゼリーに限った話ではなく、PL法というのが世間に認知されるようになってから、何か事故があった際に必ず出てくる話だ。PL法の功罪というよりも、責任の所在を明確にすることなく、明らかに“とりあえず”企業の責任を問うというだけの話になってきている。もちろん中には明らかな欠陥商品の存在もあり得るが、消費者の使い方次第で、一瞬にして欠陥商品になり得るということだ。要するに、消費者が正しくない使い方をすれば、全く問題のない商品も、欠陥商品としての烙印を押されてしまうということである。それは企業が莫大な損害を被るだけでなく、結果的に消費者にとっての不利益となる話だ。

この事故については、確か野田とかいう記憶にも残らない、残す価値もないアホ女議員がかなりエネルギッシュにこんにゃくゼリー・・・マンナンライフを敵視し、消費者行政担当大臣として異様な圧力をかけていた。その結果、あの素晴らしく機能的で愛らしい(笑)こんにゃくゼリーは一時店頭から消え、多くの消費者が寂しい思いをした。メーカーは製品設計を変更し、パッケージデザインも変え注意喚起に勤めた。まさに悪の主役こんにゃくゼリーが強引に更正させられた瞬間だった(笑)。

そもそも・・・と、この事故について思う時、どう考えても、どう厳しい目で商品を見ても、こんにゃくゼリー自体に責任があるとは思えないのだ。製品の持つ危険性という意味では、ゼロなものなど皆無である。広く周りを見渡さなくとも、手の届く範囲には凶器になり得るものはいくらでもある。こんにゃくゼリーの危険性について、餅やアメと比較して論じていること自体、あまりにバカバカしいハナシだ。貴重な税金と時間を使ってそんなこと調べてるのか・・・と脱力するばかりである。小学生の夏休みの宿題レベル(笑)。

いずれにせよ、この事故については、メーカーの言う通り、“凍らせて食べたことや、大人が見ていなかったこと”・・・これに尽きる。要するに、極普通に防げた事故ということである。より安全性を高めるという責任は企業が問われて当たり前だが、消費者が製品購入後にどう使うかまで責任を問われるのは酷なハナシだろう。ましてや製品とは何ら関係のない、子供に対する親の管理監督責任が企業責任への追求へとすり替わっていること自体、感情論はともかくとして、ナンセンスだとも思う。

約6240万円の損害賠償と製造差し止め”が、果たして妥当なのだろか。常識なのだろうか。悲劇の責任を企業が問われるだけで今後の事故が防げるのだろうか。起きる時は起きる、というよりも、結果的に“図らずも起こしている”というほうが正確ではないだろうか。亡くなった子供が被害者だと言うのなら、加害者は誰か、ではなく、“加害環境”とでも言うべき当時の状況について、より深く注目した上で検証し、その責任の所在も含め、今後に活かすべきではないだろうか。

17日の判決。裁判所がどういう常識を示すのか要注目である。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

tag : こんにゃくゼリー 蒟蒻畑

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2008-12-04(Thu)

消費者の敵が消費者団体というバカバカしさ。

こんにゃくゼリー、消費者団体が「販売見送り」求める声明 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


ようやく今日から“蒟蒻畑”が販売再開とのことである。アホで無能な人間が消費者行政担当相などに就いていると、こうした不毛な騒動だけが先行して、消費者にとっては甚だ迷惑なだけである。議員の資質すらない人間が何故に消費者行政の陣頭指揮を執れるというのだ。即刻議員辞職してもらいたいくらいである。まさに税金のムダのヒトツ。そして何よりも消費者団体の存在の疎ましさ。“消費者主役の新行政組織実現全国会議”・・・とのこと。笑わせてくれる。ホームページを見てあまりの間抜けさに呆れてしまった。“たて割り行政”というコトバに酔って批判するのはいいが、そもそも今回の件の発端でもある消費者の責任について一切言及しないというのは、全くもってレベルの低すぎるハナシである。個人的には、今回のこんにゃくゼリー騒動については、企業側の消費者への賠償請求があってもいいと考える。今まで企業や国に対して届けることの出来なかった声を、迅速的確に届けるという機能については、それが消費者の利益に繋がっているのであれば、誰も反対はしないハズである。ただ、企業や国に対してものを言うということは、消費者自身の責任を自覚しているということが大前提であり、単にピーチクパーチク言っているようでは、ただのタチの悪い“クレーマー”である。困ったことに、そのクレーマーがもたらすのは、結果的にマトモな消費者への迷惑だけなのである。

ピカピカの新組織を、消費者自身の手で!”・・・・ふざけるな、このドアホが。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : ニュース
genre : ニュース

tag : こんにゃくゼリー 野田消費者行政担当相 蒟蒻畑

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2008-10-24(Fri)

“浪速製菓 野田”でGoogle検索してみる・・・・の巻。

nikaidou.com: 蒟蒻畑製造中止で野田聖子が一儲け


newsing経由ネタ。
このわかりやす過ぎる展開が事実だとしたら、由々しき事態というか、おぞましきオンナである。検索をかけてみても、今の時点で明確に裏の取れているソースも見当たらないので、ナントモ言えないといったところではあるのだが、そもそもこんにゃくゼリーの件で、マンナンライフだけを内閣府に呼びつけ、事実上の圧力をかけているトコロからしてオカシイのは確かである。それに男児死亡事故の約一ヶ月後、マンナンライフが糾弾され始めているのをよそに、浪速製菓がこんにゃくゼリーの新製品の販路拡大という見事なまでにベタな展開も、私達に疑念を抱かせるには十分な材料である。
それにしても・・・だ。無能無才の野田消費者行政担当相が自分を支援してくれている企業に対し、“粋で大胆な”(笑)・・計らいをしていたとしても、所詮はナンチャッテ担当相である。驚きや失望など微塵も感じることはない。仮にこのハナシが何の根拠もなくデタラメな中傷話だとしても、彼女が大臣遊びに興じている“反消費者”行政の長であることには何ら変わりはないわけで、現在の悲劇とも言える事態を打開するには、一刻も早く議員を辞めてもらうしかないのである。例えそれが“ダメモト”だとしても、今が“ダメダメ”なコトを考えると、ほんの少しでもマトモに向かうハズである。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : ニュース・社会
genre : ニュース

tag : 野田消費者行政担当相 こんにゃくゼリー 蒟蒻畑

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2008-10-20(Mon)

蒟蒻畑。とりあえず今は貴重品。

蒟蒻畑ナンダカンダとドアホな連中どもに槍玉にあげられた“蒟蒻畑”。先日スーパーで見つけて買わずにはいられなかった。当然ながら在庫限り。やっぱり、ウマイ。冷凍庫でキンキンに凍らせて、それを口に頬張ったときに周りからゼリーに戻っていくアノ独特の舌触り。“舌触り”・・なんか表現がヤらしい(笑)。とにかく斬新な食い物だった。初めてゼリーを凍らせて食べたオヤツかも知れない。アイスでもかき氷でもない何とも絶妙な食感と味わい。それがしばらくは味わえそうにない。ドアホでキチガイで無責任な連中の犠牲となってしまった。そんな連中は今頃勝利を勝ち取ったつもりでもいるのかね〜。窒息死したコドモがあの世で残念がっているのは、「何で気をつけてくれなかったの?何で危ないって言ってくれなかったの?何でそのまま与えたの?こんなにオイシイのに・・」・・ということだろう。後悔先に立たず。まぁ、いずれにせよ、近いうちに“続・蒟蒻畑”とかいってチョットだけパッケージデザインを変えて、ゼリーは全く同じ形状同じ食感で出してくれればヨロシ。消費者行政などと大げさな看板を振りかざして職権で遊ぶ無能な勘違いオンナに、その違いなどわかるハズもない(笑)。

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 雑記
genre : ブログ

tag : 蒟蒻畑 こんにゃくゼリー

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2008-10-11(Sat)

こんにゃくゼリー糾弾、議員の怒号。アタマ大丈夫か?

形は国が決める? こんにゃくゼリー 自民、議員立法へ 消費者行政迷走(産経新聞) - goo ニュース

この調子だと“こんにゃくゼリー”タグがデカくなる一方だ(笑)。・・・が、敢えて重ねてエントリーをしておく。昨日もエントリーしたばかりで、特に追記することもないのだが、それにしてもドアホ議員だらけである。上記事は読み物として非常にオモシロイ。そして皮肉なことにアノ厚労省がマトモ・・というか極普通のコメントをしており、無意味にテンションを上げまくっているドアホ議員達と対照的で、結果的に議員達の無能無才ぶりを晒しているのである。“子供が見て、食べたら死ぬと分かるようにしないと。それぐらいはできるでしょ!”は意外と名ゼリフかも知れない。これはスゴイ。「5歳未満は食後死亡の恐れがあります」とか入れるのか?それがスーパーやコンビニに流通するのか?“食べたら死ぬと分かるように”・・という発想にも恐れ入ったが、ここまで熱くゼリーに執着するそのエネルギーにも感心する思いだ。当然のコトながら、その調子で他の諸問題にも当たっていると信じたいものである(笑)。野田消費者行政担当相の、餅が危ないという常識は多くの人が共有している、というコメントには、彼女のアタマの悪さ、知恵の無さ、国会議員、大臣としての無能無才ぶりが見事に凝縮されており(笑)、こういう飛び抜けて常軌を逸したマヌケ議員の任期と事故のタイミングが被ってしまったこんにゃくゼリー「蒟蒻畑」の悲運に、ただただ同情するばかりなのである。“「なぜゼリーだけかと野党に突っ込まれても答えようがない」(政府関係者)”・・・日本はこういう連中に管理されている。もはや笑うしかない。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 時事ネタ
genre : ニュース

tag : こんにゃくゼリー 蒟蒻畑 野田消費者行政担当相

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2008-10-10(Fri)

こんにゃくゼリーを規制するという相変わらずのコント的展開。

こんにゃくゼリー規制へ=自民調査会が法整備検討(時事通信) - goo ニュース

形は国が決める? こんにゃくゼリー 自民、議員立法へ 消費者行政迷走(産経新聞) - goo ニュース


ここまで来ると怒りだとか不愉快さを通り越して笑ってしまう。まるでこんにゃくゼリーがテロリストの武器のようなノリである。議員の暇つぶしにも程があるというものだ。アホらしくてコトバにもならない。エントリーの度にテンションが下がってくるのがワカル(笑)。もしどうしても規制をしたいのであれば、1歳のコドモに凍らせたこんにゃくゼリーを食べさせ、何の監督責任も負わずに企業責任だけを追及するような連中をまずは規制すべきなのである。むしろこっちの方が罪が重い。そもそも今回の件で一気に議員立法まで突っ走ってしまうこのアホな展開はどうにかならないものなのか。無能無才な野田消費者行政担当相の無意味なリキみと権力行使の圧力が非常に不愉快でアホらしい。権力を使う立場がウレシくて仕方がないんだとは思うが、あまりに醜い。それこそ他にもっとやることあるだろ〜といった感じである。まぁ、見ようによっては、こんにゃくゼリー相手に国を挙げて必死に立ち向かうという完全なナンセンスコメディにも見えてくるのだが、こんにゃくゼリーに勝利したからといって油断するでないぞ。まだまだ強力な伏兵“餅”が控えているからな(笑)。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 時事ネタ
genre : ニュース

tag : こんにゃくゼリー 蒟蒻畑 野田消費者行政担当相 企業責任

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2008-10-08(Wed)

こんにゃくゼリー製造販売中止という悲劇。不愉快な圧力。

マンナンライフ、こんにゃくゼリー製造販売を一時停止(読売新聞) - goo ニュース

マンナンライフ、こんにゃくゼリー製造停止へ(朝日新聞) - goo ニュース

こんにゃくゼリー製造停止 窒息事故でマンナンライフ(共同通信) - goo ニュース

恐れていた事態というか、これを圧力と呼ばずして何というのか。政治的無能無才の野田消費者行政担当相の目指している仕事というのはこういうことなのか。メーカーへの製造責任を問い、製造販売中止を求めるのであれば、2歳に満たないコドモに何ら事故の危険性可能性を考えることなくこんにゃくゼリーを与え、窒息死に至らしめた親族の管理監督責任についても、同じレベルで言及すべきではないのか。これはこんにゃくゼリーに限った話ではなく、最近の企業責任、製造責任という言葉の一人歩き、乱用には非常に危険なものを感じる。消費者団体あたりがここぞとばかりに不毛な騒ぎを始めるわけだが、本来であれば、企業責任を問うのと同様に、消費者自身の安全意識、ある意味での自己防衛といった注意喚起もすべきハナシなのである。一方的に怒りの矛先を企業に向けるのは、消費者保護という観点からすると大きな誤りであり、この調子だと市場から“製品”と呼ばれるモノがなくなってしまう勢いだ。考えるべきは、何故に死に至る事故になっているのかというその状況こそが問題なのである。こんにゃくゼリーを口にして死ぬコドモと死なないコドモ。その違いは何なのか。膨大に流通している製品に対して、事故の件数も比例して膨大にならないのは何故なのか。今回のような間接的暴挙とも言える強権発動が許されるのであれば、無責任な親に対しても“コドモ製造中止”といったペナルティを科すべきであると思うが・・・。
バランスに欠いた事故対応は不愉快極まりない・・・・というか、この流れは薄気味悪い。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 時事ネタ
genre : ニュース

tag : こんにゃくゼリー 企業責任 製造責任 蒟蒻畑

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

関連するエントリー

Loading


calender
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from parkingline. Make your own badge here.
Created with flickr badge.
profile

parkingline

Author:
parkingline

日々の戯言雑言
アレコレ
日々の怒喜交々
アレコレ
喜怒哀楽の覚書
アレコレ

recent entries
recent comments

recent trackbacks

NINJA counter
NINJA visitor
gooberwalk
tag cloud v1.2a
地下鉄サリン事件(#1)量刑(#1)XBOX(#1)麻生首相(#5)和布刈(#1)本庄第一高校(#1)ドラッグ(#1)拘束(#1)原発事故関連(#84)HDD(#1)東京都青少年健全育成条例(#1)法務大臣(#1)Windows8.1(#3)長崎市長射殺(#1)people(#1)S&W(#1)麻薬(#1)24時間テレビ(#1)コカ・コーラ(#1)M9A1(#2)フジテレビ(#6)デリンジャー(#1)関門海峡花火大会(#1)ドキュメンタリー(#1)WA(#1)冤罪(#1)OSX(#1)事故(#1)薬物(#1)70-300mm(#1)千葉法相(#4)精神鑑定(#8)WiMAX2+(#1)GLOCK18C(#1)人権(#2)44マグナム(#1)オニユリ(#1)皇族(#1)DebbieGibson(#1)Weapon_of_Choice(#1)フィギュアスケート(#1)砂風呂遊び(#1)橋下知事(#5)門司港レトロ展望室(#1)東京マルイ(#6)大相撲(#1)フォント(#2)天皇制(#1)爪切り事件(#3)バラエティー(#1)ドリームマッチ2009(#1)アイコン(#1)西川社長(#1)フォトショップ(#1)電動ブローバック(#1)死刑(#3)大統領選(#1)コルトガバメント(#1)ポール・ニューマン(#1)とくダネ!(#1)光市母子殺害事件(#30)万引き(#1)楳図かずお(#2)デジカメ(#14)ハッピーサマー缶(#1)朝日新聞(#2)うろこ雲(#1)USB(#1)windows8(#2)バッタ(#1)ロス疑惑(#2)ドレスの色(#1)三浦元社長(#1)バトン(#1)スカイプ(#1)こんにゃくゼリー(#15)下関(#1)創価学会(#5)石原都知事(#3)ヤモリ(#2)GX660R(#6)消費者庁(#1)安田弁護団(#1)景観破壊(#2)福田君を殺して何になる(#1)グロック26アドバンス(#1)番組(#1)Mk23(#1)皇室(#1)instaxmini(#1)Opera(#1)ドコモ(#1)放火(#1)デザート・イーグル(#2)wma(#1)携帯(#3)グロック18C(#1)緒形拳(#1)ニード・フォー・スピード(#1)裁判所(#1)画像表示(#1)さんま(#1)アカマイ設定(#1)テロ指定解除(#1)死刑反対派(#1)mp3(#2)PCゲーム(#1)金正日(#1)HighslideJS(#1)犯罪(#1)法相(#2)合成写真(#1)itunes(#2)世田谷一家殺害事件(#1)東国原(#2)大阪府知事(#1)足利事件(#2)漁船衝突(#6)デザートイーグル(#3)臓器移植(#1)接写(#1)カマキリ(#1)鳩山首相(#1)ペプシアイスキューカンバー(#1)イージーカバー(#1)郵便法(#1)GoogleAJAXFeedAPI(#1)流出(#8)ドナーカード(#1)なめらかスロー(#1)福岡タワー(#1)MHL-HDMI変換アダプタ(#1)国会のヤジ(#1)プッチンプリン(#1)東海テレビ(#2)泣き(#1)クリストファー・ウォーケン(#1)トイガン(#3)px4(#1)モデルガン(#1)ジャイロ・タイヤ(#1)ノーベル賞(#1)猫(#4)フルブラウザ(#1)障害者割引(#1)WiMAX(#1)ガスガン(#14)関門海峡(#3)youtube(#1)加工(#1)東日本大震災(#1)謝罪会見(#1)北朝鮮(#10)白鷺(#1)大蘇ダム(#1)SIGMA50-500mm(#1)ネットカフェ(#1)ぶらさがり取材(#3)爆弾(#1)佐世保高1女子殺害(#3)ウド&井上(#1)タグ(#1)マクロリングライト(#1)バラク・オバマ(#1)オバマ大統領(#1)修整(#1)fatboy_slim(#1)露店爆発事故(#2)責任能力(#10)USBメモリ(#2)ワイプ(#1)radiko(#1)参院選(#1)GP-E2(#1)ペプシ(#1)FC2ブログ(#3)S2S(#1)秋葉原殺傷事件(#2)写真表示(#1)お笑い(#2)秋葉原連続殺傷事件(#1)Winodws8.1(#1)ばった(#1)クエンティン・タランティーノ(#1)紅葉(#3)グーグルマップ(#2)NASA(#1)東金女児(#1)朝鮮学校無償化(#4)固定スライド(#1)中川昭一(#1)イグ・ノーベル(#1)ジャケット写真(#2)くまモン(#1)国会(#1)中山前国交相(#1)スター・ウォーズ(#1)キーボードカバー(#1)サイクリング(#2)少年法(#6)RICHO(#1)F-05D(#1)キル・ビル(#1)Spyder4pro(#1)夕日(#2)ウエスタン・アームズ(#1)THETA(#1)佐賀県知事(#4)きちがい(#1)関連するエントリー(#1)白と金(#1)ロボコップ(#1)GoogleEarth(#1)八百長(#1)海上自衛隊(#1)GO!GO!7188(#1)土浦連続殺傷事件(#1)中山国交相(#1)EF50mm(#1)和布刈公園(#1)失言(#1)photofunia(#1)クレーン車6児童死亡(#2)コーラ(#1)夜桜(#1)死刑廃止(#2)エアガン(#2)タクティカル・エリート(#1)GeforceGTX780M(#1)ファットボーイ・スリム(#1)キム・ヨナ(#1)待受ショートカット(#1)H&K(#1)007(#1)広告(#1)18-35mm(#3)インタビュー(#1)スカーレット・ヨハンソン(#2)アンストッパブル(#1)民主党(#33)福田元首相(#1)ツイッター(#6)千葉景子(#2)死刑制度(#131)オリンピック(#1)KSC(#1)転送(#3)酒井法子(#1)死刑廃止を推進する議員連盟(#1)朝鮮学校(#2)友泉亭公園(#1)ソフトウェア更新(#1)M92F(#2)政権交代(#1)テレビ番組(#1)死刑囚(#2)BlogPeople(#1)ジャケット(#1)映画音楽(#1)トカレフ(#1)田母神幕僚長論文(#5)モバイルバッテリー(#1)音楽(#1)川崎中1殺害事件(#5)夕陽(#2)組み立てキット(#1)SⅡS(#1)殺害(#1)GPS(#1)野田消費者行政担当相(#6)マウント(#2)公明党(#4)鹿児島夫婦殺害(#2)ヒメツルソバ(#1)はなむけ(#1)ライバルズ(#1)飛行機雲(#1)メタリック・ナノパズル(#1)ファイル転送(#1)時効制度(#1)自殺(#3)Wi-Fi(#1)三浦和義元社長(#1)鬼百合(#1)宇宙遊泳(#1)bluetooth(#2)SCM(#1)虐待(#2)雲(#4)永遠のゼロ(#1)船外活動(#1)PowerShotSX50HS(#4)テロップ(#1)アートワーク(#1)ズームレンズ(#2)Safari(#1)蒟蒻畑(#11).44マグナム(#1)まやかしの世界(#1)小1殺害(#2)いじめ(#1)江東バラバラ殺人事件(#2)オート9(#1)キック・アス(#4)グロック(#1)加藤容疑者(#3)MSI(#16)実名報道(#4)亀井大臣(#1)窃盗(#1)GoogleMap(#2)参議院選挙(#1)集団暴行(#1)振り込め詐欺(#1)ブラウザ(#1)クリエイティブフィルター(#2)クイックプレイリスト(#1)秋葉原連続通り魔事件(#1)裁判員制度(#1)DragonEdition2(#10)製造責任(#1)総裁選(#2)障害者(#2)リボルテックダンボー(#1)監禁(#1)ルービック・キューブ(#1)グロック26(#1)心神喪失(#1)USP.45(#1)中国(#1)flickr(#1)プラネタリウム(#1)空(#3)flv(#1)東国原知事(#1)飲酒運転(#19)筑紫哲也(#1)swf(#1)grasshopper(#1)ゼロ戦(#1)福祉(#2)韓国(#1)個室ビデオ(#1)政府(#1)改正国籍法(#1)夕焼け(#4)訴訟(#1)GT70(#10)M29(#1)福岡城跡(#1)映画(#1)ストリートビュー(#2)御祓い(#1)王貞治(#1)青と黒(#1)マッド・マックス(#1)ベレッタ(#2)裁判員裁判(#6)F-01F(#7)オートアート(#1)KatyPerry(#1)docomo(#2)Skype(#1)インターセプター(#1)想像力(#1)教師(#1)死に神(#1)闇サイト殺人(#1)待受(#1)UFO(#1)インターネット(#1)舞鶴公園(#2)BIOS(#2)キチガイ(#1)コオニユリ(#1)むかご(#1)死刑廃止論者(#2)懲戒請求(#1)政教分離(#3)年越し派遣村(#3)X360(#1)拉致問題(#2)ソーダ味(#1)浅田真央(#1)EOS70D(#36)日本郵政(#1)オウム(#1)HY-MHL1(#1)ソーコム(#1)学校(#1)スマホカバー(#1)SIGMA(#4)ペプシホワイト(#1)中大教授刺殺(#1)pc(#2)タナカワークス(#1)ハリー・キャラハン(#1)クワガタ(#1)宮崎県知事(#1)尖閣諸島(#7)被災松(#3)ブルドッグ(#1)F-06B(#35)自民党(#3)ビーチサンダル(#1)福知山花火大会(#2)広島女児殺害(#1)picnik(#2)カラス(#1)桜(#2)光学ドライブ(#2)関門トンネル人道(#1)F-01A(#9)企業責任(#2)事件(#2)チェキ(#1)写真(#2)鳩山政権(#2)泣かせ(#1)osx(#1)ロマン・ポランスキー(#1)ひき逃げ(#3)小6殺害(#1)体罰(#1)
mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

QR code
QRコード

ashiato
categories
Trackback People

BlogPeople People

amazon
AD
search this site by Google
Loading
search form
all entries

全ての記事を表示する

monthly archives
FC2BLOG

BlogPeople
RSS links



 RSSリーダーで購読する

“ブロとも” form

この人とブロともになる

blogscouter