FC2ブログ
2011-08-25(Thu)

番組で闇社会を肯定するのは、アタマが蒸れたから。

via: 島田紳助「暴力団関係者がトラブル解決」闇社会が勝手にやった!? : J-CASTテレビウォッチ

昨日も少し書いたことだが、それが暴力団なのかどうかはともかく、闇とまではいかないまでもいわゆる“アングラ”な社会を相手にした“持ちつ持たれつ”という関係が存在するであろうことは否定はしない。NHKでさえ言及していたことだが、興行面やトラブル解決という面でタレントと暴力団が互助関係にあるというのは、今更驚くようなハナシでもない。表のルールだけで“夢を売る商売”が100%成立していると信じているヒトが果たして多数派だろうか。もちろんキレイなものをキレイな状態で視聴者なり受け手側に提供してもらうのが一番だし、そうあって欲しいと願うのも当たり前のハナシである。見て見ぬ振りなんてものは、暗黙の、というより無意識なものであるべきだ。

がしかし・・・である。ネットにアップされていたオズ・・いやオグラ氏の発言は、紳助擁護に走る余りに、常識や良識からあまりにもズレズレズレ~なものになっており、ただただ呆れるばかりである。“みなさんの周辺にもね、知らないうちにそういう人たちが解決してくれたとかっていうこと、どっかで起こるはずなんですよね。知っていて解決してくれることもありますよ”・・・なんてサラッと言われても困るのである。そんな身近なところに闇社会はない(笑)。まぁ、“いつそういうことに巻き込まれるかも知れませんね”、というニュアンスであるとしても、テレビ番組の司会者が、業界の身内擁護へ世論誘導するような露骨なコメントを言うべきではない。何を思おうがどんな思想信条を持とうが勝手だが、立場を利用して公然とテレビ番組で闇社会を肯定するのは愚かな行為だ。もし本意が伝わっていないのなら、司会者など辞めた方がイイ。才能も知恵もない人間の発言を公共の電波に乗せるのは無駄以外の何ものでもない。おまけに極々マトモなことを言ったデーブを茶化してまで、問題の本質からズラそうとするあたり、オバカワイドショーのオバカMCとは言え、非常に不愉快な言動である。“ズラすのはズラだけにしとけよ!”と、ひとりでも多くの視聴者がツッコミの叫びを入れたと願いたいところだが(笑)、やはり“紳助かわいそう”と目頭を熱くした大変幸せでドアホなヒトのほうが多いのだろうか。

まぁ、所詮はワイドショーである。いちいち出演者のオバカコメントに反応することでもない・・・、とは思うが、今回の件についてマスコミはどうもおかしな発信の仕方をしているような気がして気持ち悪いのである。横並びな紳助擁護に終始するタレントばかりというのが異様ですらある。これはとくダネ!に限ったハナシではない。ひとりのタレントが、多くの番組を抱えていながら一夜にして引退宣言をしたこと、せざるを得なかったことについて、ワタシの思う普通の感覚からすれば、まずは疑問なり疑念を抱いて当たり前だと思うのだが、放送人のクチを突いて出て来るのは、“天才なのに惜しい”とか“引退する必要はないのに”とか、挙げ句の果ては“番組スタッフにも家族がいるからこれから大変”とか(笑)、そもそもの“モラルとは何ぞや?”という基本根本の部分から遙か遠いトコロでお茶を濁してオワリ、という有り様だ。同業者を擁護しながら、いい人を気取っているようで、実は知恵の無さとオバカさをとことん露呈しているだけという痛々しさ。

しかし、逆にオモシロイのも確かである。一昨日の会見で、渦中の暴力団関係者には手紙も写真も送ってないし、あるわけがない、と断言した翌日に、警察から“紳助直筆の手紙や家族ぐるみの写真が複数あった”とリークされる始末(笑)。これから真相がズルズルと表に出て来るのか、それともここぞとばかりに闇社会のチカラを借りてフェードアウトさせるのか、どういう展開になるのかはわからないが、その展開を慎重に見極めながらタレント同業者は発言を微調整することだろう(笑)。火のない所に煙は立たず。4年前からマークされていたかも知れないことを考えれば、電撃引退宣言のワケも察しが付くというものだ。

いずれにせよ、テレビ番組の司会者が闇社会を公然と肯定するほどに、全放送人が一丸となって紳助擁護しなければならないという異様な状況。やはりテレビは終わっているのか、ということを改めて感じさせる事態である。中身がこのザマである。中身の空っぽさ。もはや“オワコン”などと揶揄することすら出来ない悲惨な状況なのである。
続きを読む ≫
スポンサーサイト




↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : テレビなんでも
genre : テレビ・ラジオ

tag : フジテレビ

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-08-14(Sun)

ここまで来ると、韓流ゴリ押しはオモシロいかも知れない(笑)。

ちょっと前のネタになるが、“K-POPよりJ-POPが好きと発言した岩尾が干された”というハナシ。アップされていた動画を見てかなり笑ってしまった。これ、不愉快というより、もうここまで来ると完全にセルフパロディーである。まぁ、韓流大好きなヒトにとっては“待ってました!”のコーナーだろうし、ワタシのように違和感を覚えるヒトにとっては“何じゃコレ”というコーナー。アナウンサーが思い切り、“フジテレビがチカラを入れております韓流のお時間でございます”と言ってしまうあたりなど、豪快すぎてもう笑うしかない(笑)。

そして何よりも、山崎と岩尾のやりとりは絶妙だ。何度見ても笑ってしまう。かたくなにJ-POPが好きと言い切った岩尾が、違う回ではいとうあさこに変わっているというのも含めオモシロイ。“岩尾は番組内の発言が元で干された”、かどうかについては確認のしようがないのでよくわからないが、回をまたいでそう思わせる状況を山崎が誘導しているようにも見えて、これは完全にベタなコントじゃないか、と思わず笑ってしまった。アップされている動画の編集の妙、というのも多分にあるとは思うが(笑)。そもそも山崎の“韓流はイ~ですよね~”の言い方とゲストへの振りの軽さと強引さ(笑)。まるで気持ちのこもってないその上滑りなしゃべりが何とも言えずおかしくて笑ってしまうのである。

“J-POPが好き”というのが完全にNGコメントのようなやりとり。で、それを絶対に譲らなかった岩尾の姿は次の回では消えている、というわかりやすさ。実際には単にスケジュールの問題だとしても、“干された”というふうに見えてしまうというトコロが、今、日本のテレビ局として非常におかしなコトになっているフジテレビを象徴していて傑作である。今批判されている“フジテレビの韓流ゴリ押し”というのを、自らパロディーネタとしてやっているような気さえしてくるノリだ。“フジテレビがチカラを入れております韓流”なんてコメント、台本であれアドリブであれ、そう簡単に局アナが言うようなことでもないだろう。雰囲気としては完全にテレビショッピング。“当番組が皆様にオススメするイチオシの商品がコレッ!!!”(笑)。

いずれにせよ、布教番組的なノリは気持ち悪い・・・が、あまりにも豪快にバカバカしすぎてオモシロイ。心の底から“何じゃコレッ!?”(笑)。



【他リンク】
http://youtu.be/c6UgEPrToAE
http://youtu.be/rHuiRl0jsDw

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : テレビなんでも
genre : テレビ・ラジオ

tag : フジテレビ

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-08-12(Fri)

“LITTLE BOY”Tシャツ騒動が象徴しているコト。

via: asahi.com(朝日新聞社):フジ系ドラマに原爆の通称名Tシャツ 広島県が配慮要請 - 社会

相変わらずフジテレビ関連の脱力ネタが日々出て来る。ネットのおつまみネタとしては格好のネタだ。例のツイートを発端として急に盛り上がり過ぎてしまった感は否めない。鬱積していたストレスの捌け口を見出した結果の盛り上がりであることも確かだろう。ワタシ個人としては、フジテレビに特別な思い入れがあるわけでもないし、過大な期待をしているわけでもない。NHKも含めテレビ局に対しては、一視聴者として良くも悪くも“全局横並び”の位置付けでしかない。面白そうな番組だと思えば見るが、それも偶然知って、ということが多くなった。番組表を熱心にチェックして、ということもなくなった。チェックするだけ無駄に終わるというか、“面白そう”と思うハードルが上がって、自分の中のアンテナの感度がアップしたのは確かだ。それだけ失敗しているということ(笑)。テレビは総じてつまらなくなっているし、レベルの低さとセンスの無さだけが発信されつつあるのは間違いない。まぁ、あくまでもワタシ個人の考え。そしてフジテレビの韓流ゴリ押し度が他局にに比べ突出しており、商売的確信犯とは言え、かなり異様な感じがするのも確かだ。なりふり構わぬ、というその様は、本来テレビが果たすべき役割を完全に見失っている。そしてかつての“面白かったフジテレビ”の面影すら、完全に過去のものとなりつつある。まぁ、これもまた、あくまでもワタシ個人の考え(笑)。

・・・と、まぁエラそうに論じてみたトコロで、結局テレビの評価というのはリモコンを手にした視聴者の“好き嫌い”でしかない。“くだらないし、つまらない”とワタシ個人が憤っていたとしても、“これ最高!”と笑い転げたり大泣きしたりして、名作傑作として記憶に残るテレビ体験をしているヒトも大勢いるハズだ。当たり前だが、テレビも含め、マスコミには正解というものがない。ネットもまた然りである。ただ、正解はないが、いちいち明文化するまでもない“ある一線”は厳然として存在するし、存在しなければならない。恐らくモラルとして広義に括られる一線だとは思うが、それは“テレビだから”というハナシではなく、極普通の日常生活においても存在するハズのものだ。それなりに成長し、いわゆる“オトナ”になり“社会人”になればなるほど、それは無意識のモノとなり、個人のモラルとして定着していくハズである。いいオトナがモラルについて突っ込まれるほど恥ずかしいことはない。・・・とまたエラそうに語る資格などない程に、ワタシ自身、“モラルなどクソ喰らえ!”と思うことは多々ある(笑)。この手のハナシは、価値観とも絡んでくるので、ちょっと覚え書きでブログに、というには少々荷が重い。

・・・で何のハナシか・・・。そう、フジテレビのドラマで使われたTシャツのハナシ。

“LITTLE BOY”とプリントされたTシャツを主人公が着ていたことが騒動の発端である。そのドラマについては全く興味もないし中身も知らないが、ドラマを作る立場の人間がそのTシャツを意図的に選んだとは思えないし、そこにメッセージ性があるとも思えない。この時期を狙って敢えて刺激剤としてこのTシャツを選び、まんまとその思惑通りにコトが運んでしまった、とは到底思えないのだ。結果としてこういう事態になったとは言え、仮にそれが意図的なものであったとしても、仕掛けと呼ぶにはあまりにも稚拙だ。というか、原子爆弾にどこかで結びつくような緻密な伏線のあるようなハナシでもないだろうし、せいぜい学芸会に間に合わせで持ってきた古着といった程度のものだろう。単純に“黄色でいっか?”ってなレベル。数十着の衣装の中から、主人公の心情やその場のシチュエーション、そして画面の色構成といった点から悩みに悩み抜いて選んだ1枚・・・、では絶対にないハズだ(笑)。学芸会か学園祭のノリ。

では何が問題なのか・・・と言うか、本来これは“問題”として騒がれるハナシではなく、作り手のモラルも含めた根本的な“センス”という部分のハナシなのである。何の意味もなく、何の必然性もなくこのTシャツを選んでしまったというセンス。無知の成せるワザ。いや、ワザでも何でもない(笑)。このドラマにどれだけの人間が関わっているのかは知らないが、撮影され放送されるまでには膨大な数の人間がこのTシャツの場面を目にしていることだろう。が、結果的に県がテレビ局に申し入れをするという異例の事態に至っているのである。一番驚いているのは、ドラマ制作に関わっていた人間だろう。“Tシャツ1枚でこんな騒ぎになるなんて・・”と恐らく驚いているとは思うが、まさにその感覚こそが問題なのである。

確かに、““LITTLE BOY”が持つ意味を知りませんでした。ゴメンナサイ”で終わるハナシかも知れない。そのドラマを見ていた視聴者のうち、“LITTLE BOY”というプリントに不快感や違和感を覚えたヒトはどのくらいいるだろうか。もしこれが真冬にオンエアされていたらどうだっただろうか。県のテレビ局への申し入れも、ネット上での炎上とも言える盛り上がりを受けてのことである。ひょっとしたらオンエア後しばらく経ってから“あれはホントはマズイよね・・”程度の、ネット上の小さな小さなボヤで終わっていたかも知れない。がしかし、よりによって広島原爆の日の翌日放送というタイミングというのも含め、大勢の“知りませんでした”の結果がこういう事態を招いたというコトに、何と言うか・・・ガッカリと言うか、やはりテレビがつまらない、ドラマが面白くないと感じるのは当たり前か・・・と脱力するのである。

知らないことが恥ずかしいことなのではない。恐らくほとんどの人間は、知らないことのほうが多いまま死ぬハズである。要は、その無知の産物に対して疑問を呈したりアドバイスが出来る人間が何故にヒトリもいなかったのか?ということなのだ。現場にそのTシャツ1枚しかなかったのであれば(笑)、タオルを掛けるなり、背中の文字を数秒だけでも隠すことはいくらでも出来たハズなのである。仮に・・・、仮に今回騒がれているようなことは全く的外れで、そもそもこのTシャツの“LITTLE BOY”自体、原爆を意味するものではなく、単なる歌詞の一部だったり語感でピックアップしたものをデザインとしてプリントしただけのモノ、だとしてもである。センスとしてアウトだな、と。ましてや2つの原爆の日に挟まれた中で放送すれば、今回のような反応が出て来る可能性は大いに予測出来たハズで、それを避けるセンスすらなかったというのが、底なしのアホさを感じて脱力するのである。


↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

tag : フジテレビ

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-08-05(Fri)

面倒くさくても、再びフジテレビのハナシで(笑)。

via: 「面倒くさい」あの話に触れてみようと思う:日経ビジネスオンライン

“いつまでフジテレビのハナシばっかりしとんじゃ!このアホのヒマ人が!”という怒りの声が聞こえてきそうだが(笑)、“継続はチカラなり”或いは“塵も積もれば山となる”ってな諺に習うには絶好の機会なのである・・・と言い訳をしつつ、再び例のネタ(笑)。

ネットで紹介されていたので読んでみた。主旨としては、“フジの韓国ゴリ押しは陰謀なんてものではなく、単に目先のカネ目当ての商売に過ぎない。そういったフジへ対する過剰な批判は、逆に日本人の評価を落とすという“代償”を生みかねない。日本は韓国とは違うんだということを示すためにも、もっと寛大であるべきだ”・・・ということらしい。言わんとしてることはわかる。同意出来る部分もある。が、陰謀ではなく商売だ、と言い切るのはあまりにも短絡過ぎであって、問題なのは、その商売が陰謀のツールと化しているということなのだ。“これ陰謀ですよ”など言って商売などする人間などいない(笑)。

要は、日本のマスコミを巧みに操って、即席の世論形成を行い、例え一時のブームであっても、ひとつのエンタメビジネスモデルとして定着させ、ブームを途切れさせないために更にマスコミを操り市場に大量投下し・・・という、結果的に日本のエンタメ市場を侵食するというカタチになっていることが問題なのである。まぁ、小田嶋氏の言うところの“商売”という意味では、“陰謀的な程にしたたかな商売”という言い方のほうが合っているのかも知れない。

いずれにせよ、“国家レベルで商魂たくましい国”である韓国を批判したところで、大した意味もないわけで、根本的な問題なり原因としてあるのは、やはり日本のマスコミの空っぽさが目立つというトコロに行き着くのである。商売は商売としてお互いに進めていくが、魂まで操られないように自分たちの存在意義は死守していこう、というチカラなり覚悟を全く感じないのだ。小田嶋氏の、“ものをつくる人間が、作品の質よりも、分け前の多寡を重視するようになったら、その作り手は、カネと引き換えに魂を失ってしまう”と言うのはまさにその通りだろう。

タチが悪いと感じるのは、フジテレビはそのことを十分わかったうえで、“それがどうした?ん?”という確信犯的な姿勢を貫き、一部の視聴者を巻き込みながら弱体化するという、自虐的にカネ儲けの道を突き進んでいるトコロなのだ。“見たくないヒトは見なければイイ”と言い方で、この件に言及するアホがいるが、PTAのオバハンに文句を言うのとはワケが違うということくらいは理解すべきだろう。論点がまるで違う。これはフジテレビというひとつのテレビ局に限定したハナシではない。メディアの種類関わらず、日本のマスコミが直面し抱え込んでいる薄気味悪い問題でもあるのだ。

なので、小田嶋氏の言う“「なーんだ、韓国とそっくりじゃないか」と、そう思われるのがいやな人は、韓国に対して寛大にふるまうべき”というのは、論点のすり替えにもなりかねないのである。肝心なことは、もし“韓国に対して寛大にふるまう”のであれば、その大前提として、日本のマスコミが日本のマスコミとして、当たり前にマトモな商売をマトモな方法でやれ、ということになる。別にアタマを悩ますような特殊なことではないし、懐古主義に走る必要もない。ましてや国のプロパガンダ機関になれということでもない。単に少しだけ原点に帰れ、というだけのハナシである。

韓国に対し寛大にふるまうことが日本の品格でも何でもないハズである。あからさまなゴリ押しなどしなくても、国を問わずイイものはイイと選ぶことこそが、日本人の大切な品格の一部だと思うのだが、頼まれてもいないのに日本人が自らそれを放棄してどうする、という気がしてならないのだ。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : テレビなんでも
genre : テレビ・ラジオ

tag : ツイッター フジテレビ

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-08-04(Thu)

なるほど・ザ・フジテレビ。

via: TwitLonger ― “フジテレビ内部者からの告発”

via: フジテレビが異常なほど韓流に肩入れする理由(ゲンダイネット) - livedoor ニュース

フジテレビに関する記事二つ。

“内部者”と言われても読者にとってその真偽は確認のしようがないし、“放送ジャーナリスト”なんてその響きからして胡散臭い・・・冗談冗談(笑)。が、どちらも書かれていることは“なるほどネ・・”とか“やっぱりネ・・”ってな感じで納得してしまうハナシだ。ただ、フジの会長が韓国の大学から名誉経営学博士号を授与されたのは事実だろうし、当然ながら社内的にビジネスとは別の意味での見えないチカラが働いているのも事実だろうけれども、内部者からの告発については、主観の加わっている分だけ、読み手の判断は慎重にならざるを得ない。

がしかし・・・である。両方の記事共に、“なるほど”と思ってしまう。そして、両方の記事共に、“真偽はともかく”、違和感がない。要はこの“真偽はともかく”というトコロが大事なのだ。真偽もわからないネタに踊らされガヤガヤ・・というのは、週刊誌の見出しだけを暇つぶしに読んで信じて驚いてガヤガヤ・・・というのと何ら変わらないのだが、面白いことに、一連のフジテレビ批判騒動を通して見えてくるのは、ネタの真偽云々とか関係ないと思わせる程に、フジの親韓ぶりには、もはや違和感もなにもなく、韓国とのズブズブの関係というネタにも説得力があるということなのである。“状況証拠だけで犯人扱いなんてヒドい、ヒド過ぎる!”と怒り泣いているフジの説得力の無さと対照的というこの皮肉さ(笑)。事の発端となったツイートも含め、ネット上では、“まぁ物的証拠もたくさんあるわけだし・・後々のコトを考えたら、そろそろ自白&更正モードにシフトしていった方がよろしいかと・・・”ってな感じで、ヒジョ~に暖かい目で見守っているヒトが多いのではないだろうか(笑)。

“逆ギレ気味のフジテレビと、それに呆れる人々”という構図。いち視聴者として、テレビはオワコンと揶揄しながらも、テレビにまだ期待を残しているが故に、極当たり前に常識的でマトモな指摘をすると、一斉にいろんなトコロから反論が出て来るというわかりやすさと気持ち悪さ(笑)。この流れはフジの番組よりも面白く視聴率も取れそうなのは確かだが(笑)、“所詮いつもの一過性の騒動。放っておけば静まるし、放っておいてもカネは入る。効率的に儲けて何が悪い。不視聴運動もどうぞどうぞ。話題になればなるほど視聴率もカネもウハウハ状態だ。ありがたや、ありがたや。これからもまた今まで以上に韓国コンテンツいち押しで頑張ります。それを止められない変えられないなら、視聴者はおとなしくキムチでもつまみながらテレビを見てろ。知恵のない者は無駄な抵抗などしないほうが身のためだぞ。特にタレントさんたちよ・・・”と、フジテレビがニヤニヤしているのも確かだろう。真偽はわからないが(笑)。


↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : テレビなんでも
genre : テレビ・ラジオ

tag : ツイッター フジテレビ

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-07-31(Sun)

ごく普通のタレントが、ごく普通にコメント。拍手。

ふかわりょうのラジオでの発言がアップされていたので聴いてみた。いや~面白かった。一連の韓流ブームというか韓流ビジネスの手法について、慎重にコトバを選びながら持論を展開していた。満点とは言えないが、かなりマトモなことを言っている。俳優がツイートした内容に直接絡めたハナシではないが、根底にあるのは、やはりしたたかでえげつないビジネス手法に日本のメディアが乗る危険性についてである。特にアップされている約15分の音声のうち、ラスト1分はズバリ的を射ており痛快そのものだ。単なるゴリ押しの“宣伝”を、“情報”や“ブーム”と称して、番組の中で取り上げ世論形成や誘導を目論むということが、いつの間にか横行するようになっていることへの危惧。テレビがもはや時代を反映するようなものではなくなっているということ。

こういうことをタレントが発言することが非常に新鮮に感じられる。言っていることは特に目新しいことでもないし、昨日今日わかったことでもない。誰も思いつかないような特殊なことでもない。ごく普通の日本人でごく普通のタレントがごく普通に自分なりの考えをラジオで述べただけに過ぎない。が、拍手したくなる。スタンディング・オベーションとやらをしたくなる(笑)。何故か。やはりそれだけ彼の発言が珍しく感じられるからだ。言っているその内容やその発言するという行為が、ごく普通のことでありながら新鮮で珍しく感じられるほど、メディアの受け手である我々は“何か”に慣らされてきているということだ。俳優のツイートが妙な波紋を広げることもまた然りなのである。テレビ局批判や韓流批判をする人間に対して、異質で邪悪なものを見るかのような扱いや拒絶反応を示すこと自体が、いかに異常なことかということに、そろそろ視聴者も気付くべきだろう。テレビを見るという行為の主導権を、いつの間にかテレビ局に奪われていないか、自問自答すべきかも知れない。好きなものや気に入ったものを嫌いになれ!という短絡的なハナシではない。要は、本当に自分の価値観に基づいて“これが好き”と判断しているか、ということだ。価値観すらテレビ局に提供されてはいないか?ということ。そこが明確になっていないと、“自分の好みや判断について他人にとやかく言われる筋合いはない”ってな反論の前提がぶっ飛んでしまうことになる。

いろんな意見があっていい。立場が違えば考え方も違って当たり前だ。中には本意でないことを言わされているヒトもなかにはいるだろう。あまりにもズレた論点でアホっぽい詭弁を繰り返す知恵のないバカもいるだろう。がしかし、そういう相手に対してもヒステリックになる必要はない。それはアチラさんにお任せしていればいい(笑)。そもそも何故いち俳優がボソッといち民放局の現状に嘆いたことが“騒動”になるのか、ということを考えれば、いかに特殊な状態に芸能人なりテレビ局なり番組なりがおかれているか、自然と見えてくるハズだ。

そういう意味で、今回の騒動はイイ機会を与えてくれたと思う。ムダにしてはならない。
続きを読む ≫

↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : テレビなんでも
genre : テレビ・ラジオ

tag : ツイッター フジテレビ

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

関連するエントリー

Loading


calender
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from parkingline. Make your own badge here.
Created with flickr badge.
profile

parkingline

Author:
parkingline

日々の戯言雑言
アレコレ
日々の怒喜交々
アレコレ
喜怒哀楽の覚書
アレコレ

recent entries
recent comments

recent trackbacks

NINJA counter
NINJA visitor
gooberwalk
tag cloud v1.2a
USBメモリ(#2)グロック26(#1)裁判員裁判(#6)監禁(#1)BIOS(#2)自民党(#3)プッチンプリン(#1)PCゲーム(#1)ネットカフェ(#1)桜(#2)クレーン車6児童死亡(#2)音楽(#1)people(#1)飛行機雲(#1)映画(#1)中山国交相(#1)懲戒請求(#1)KSC(#1)雲(#4)虐待(#2)写真(#2)地下鉄サリン事件(#1)王貞治(#1)放火(#1)電動ブローバック(#1)18-35mm(#3)紅葉(#3)年越し派遣村(#3)メタリック・ナノパズル(#1)露店爆発事故(#2)SⅡS(#1)ヒメツルソバ(#1)SCM(#1)ヤモリ(#2)ぶらさがり取材(#3)空(#3)ジャケット(#1)飲酒運転(#19)アンストッパブル(#1)フォトショップ(#1)SIGMA50-500mm(#1)THETA(#1)被災松(#3)オリンピック(#1)東海テレビ(#2)画像表示(#1)ドナーカード(#1)皇族(#1)大相撲(#1)拘束(#1)大蘇ダム(#1)BlogPeople(#1)ドコモ(#1)転送(#3)千葉景子(#2)企業責任(#2)アイコン(#1)橋下知事(#5)事故(#1)Spyder4pro(#1)和布刈(#1)Mk23(#1)プラネタリウム(#1)待受(#1)東金女児(#1)スカーレット・ヨハンソン(#2)朝鮮学校(#2)バラク・オバマ(#1)学校(#1)オートアート(#1)ペプシ(#1)GeforceGTX780M(#1)ゼロ戦(#1)バッタ(#1)ウエスタン・アームズ(#1)精神鑑定(#8)窃盗(#1)UFO(#1)流出(#8)ビーチサンダル(#1)犯罪(#1)スター・ウォーズ(#1)ルービック・キューブ(#1)自殺(#3)F-01F(#7)和布刈公園(#1)インターネット(#1)くまモン(#1)photofunia(#1)グロック26アドバンス(#1)デジカメ(#14)永遠のゼロ(#1)中山前国交相(#1)GoogleAJAXFeedAPI(#1)ドラッグ(#1)クエンティン・タランティーノ(#1)picnik(#2)MSI(#16)心神喪失(#1)映画音楽(#1)グーグルマップ(#2)冤罪(#1)ニード・フォー・スピード(#1)サイクリング(#2)フォント(#2)接写(#1)テレビ番組(#1)フィギュアスケート(#1)M92F(#2)死刑廃止を推進する議員連盟(#1)GT70(#10)HighslideJS(#1)H&K(#1)法務大臣(#1)関門海峡花火大会(#1)個室ビデオ(#1)筑紫哲也(#1)WiMAX2+(#1)SIGMA(#4)キーボードカバー(#1)ハリー・キャラハン(#1)GP-E2(#1)政府(#1)鳩山政権(#2)朝鮮学校無償化(#4)ロス疑惑(#2)クリエイティブフィルター(#2)世田谷一家殺害事件(#1)加藤容疑者(#3)本庄第一高校(#1)船外活動(#1)Safari(#1)USP.45(#1)フルブラウザ(#1)死刑(#3)訴訟(#1)ロマン・ポランスキー(#1)クリストファー・ウォーケン(#1)失言(#1)ツイッター(#6)Winodws8.1(#1)お笑い(#2)蒟蒻畑(#11)砂風呂遊び(#1)アカマイ設定(#1)秋葉原連続通り魔事件(#1)24時間テレビ(#1)東国原知事(#1)製造責任(#1)三浦和義元社長(#1)ひき逃げ(#3)Opera(#1)instaxmini(#1)007(#1)S2S(#1)下関(#1)トイガン(#3)swf(#1)トカレフ(#1)デザート・イーグル(#2)マクロリングライト(#1)HY-MHL1(#1)海上自衛隊(#1)GPS(#1)ソーダ味(#1)GoogleMap(#2)夕日(#2)安田弁護団(#1)教師(#1)公明党(#4)組み立てキット(#1)政権交代(#1)Wi-Fi(#1)pc(#2)夜桜(#1)バトン(#1)酒井法子(#1)死刑反対派(#1)X360(#1)日本郵政(#1)GO!GO!7188(#1)総裁選(#2)ウド&井上(#1)モバイルバッテリー(#1)土浦連続殺傷事件(#1)インタビュー(#1)コーラ(#1)北朝鮮(#10)景観破壊(#2)70-300mm(#1)江東バラバラ殺人事件(#2)テロップ(#1)itunes(#2)デザートイーグル(#3)bluetooth(#2)Windows8.1(#3)RICHO(#1)px4(#1)国会(#1)拉致問題(#2)国会のヤジ(#1)リボルテックダンボー(#1)オート9(#1)福田元首相(#1)コカ・コーラ(#1)足利事件(#2)中大教授刺殺(#1)宮崎県知事(#1)タグ(#1)カラス(#1)ドリームマッチ2009(#1)HDD(#1)mp3(#2)鬼百合(#1)秋葉原連続殺傷事件(#1)中国(#1)さんま(#1)尖閣諸島(#7)長崎市長射殺(#1)鳩山首相(#1)広告(#1)千葉法相(#4)ファットボーイ・スリム(#1)加工(#1)死に神(#1)野田消費者行政担当相(#6)少年法(#6)コルトガバメント(#1)謝罪会見(#1)ペプシアイスキューカンバー(#1)デリンジャー(#1)東日本大震災(#1)グロック18C(#1)白と金(#1)DebbieGibson(#1)青と黒(#1)はなむけ(#1)GoogleEarth(#1)うろこ雲(#1)マウント(#2)ズームレンズ(#2)薬物(#1)死刑制度(#131)EF50mm(#1)イグ・ノーベル(#1)猫(#4)マッド・マックス(#1)実名報道(#4)原発事故関連(#84)ガスガン(#14)flv(#1)M9A1(#2)番組(#1)殺害(#1)ブラウザ(#1)川崎中1殺害事件(#5)門司港レトロ展望室(#1)youtube(#1)福知山花火大会(#2)浅田真央(#1)鹿児島夫婦殺害(#2)携帯(#3)KatyPerry(#1)朝日新聞(#2)郵便法(#1)モデルガン(#1)事件(#2)ロボコップ(#1)人権(#2)夕陽(#2)オニユリ(#1)USB(#1)オウム(#1)ジャケット写真(#2)ジャイロ・タイヤ(#1)バラエティー(#1)合成写真(#1)時効制度(#1)光学ドライブ(#2)イージーカバー(#1)死刑囚(#2)関連するエントリー(#1)政教分離(#3)麻生首相(#5)白鷺(#1)むかご(#1)東京マルイ(#6)キック・アス(#4)振り込め詐欺(#1)タナカワークス(#1)光市母子殺害事件(#30)宇宙遊泳(#1)OSX(#1)ブルドッグ(#1)ばった(#1)いじめ(#1)とくダネ!(#1)wma(#1)量刑(#1)田母神幕僚長論文(#5)福岡城跡(#1)アートワーク(#1)EOS70D(#36)大統領選(#1)麻薬(#1)小6殺害(#1)皇室(#1)固定スライド(#1)F-06B(#35)参議院選挙(#1)裁判所(#1)泣かせ(#1)ノーベル賞(#1)クワガタ(#1)創価学会(#5)待受ショートカット(#1).44マグナム(#1)フジテレビ(#6)NASA(#1)ペプシホワイト(#1)タクティカル・エリート(#1)XBOX(#1)カマキリ(#1)grasshopper(#1)fatboy_slim(#1)八百長(#1)西川社長(#1)大阪府知事(#1)オバマ大統領(#1)集団暴行(#1)亀井大臣(#1)ソーコム(#1)障害者割引(#1)Skype(#1)グロック(#1)WA(#1)臓器移植(#1)万引き(#1)スマホカバー(#1)44マグナム(#1)東国原(#2)漁船衝突(#6)なめらかスロー(#1)爆弾(#1)闇サイト殺人(#1)夕焼け(#4)こんにゃくゼリー(#15)キチガイ(#1)小1殺害(#2)東京都青少年健全育成条例(#1)参院選(#1)docomo(#2)ワイプ(#1)F-01A(#9)改正国籍法(#1)爪切り事件(#3)キム・ヨナ(#1)ソフトウェア更新(#1)エアガン(#2)民主党(#33)F-05D(#1)体罰(#1)金正日(#1)DragonEdition2(#10)ポール・ニューマン(#1)死刑廃止論者(#2)ハッピーサマー缶(#1)ベレッタ(#2)想像力(#1)きちがい(#1)石原都知事(#3)友泉亭公園(#1)責任能力(#10)radiko(#1)韓国(#1)ライバルズ(#1)GLOCK18C(#1)ファイル転送(#1)M29(#1)佐賀県知事(#4)秋葉原殺傷事件(#2)法相(#2)osx(#1)楳図かずお(#2)ドレスの色(#1)S&W(#1)PowerShotSX50HS(#4)福岡タワー(#1)関門トンネル人道(#1)福田君を殺して何になる(#1)緒形拳(#1)写真表示(#1)インターセプター(#1)flickr(#1)福祉(#2)windows8(#2)消費者庁(#1)三浦元社長(#1)キル・ビル(#1)テロ指定解除(#1)泣き(#1)まやかしの世界(#1)MHL-HDMI変換アダプタ(#1)広島女児殺害(#1)御祓い(#1)修整(#1)死刑廃止(#2)スカイプ(#1)WiMAX(#1)クイックプレイリスト(#1)Weapon_of_Choice(#1)舞鶴公園(#2)裁判員制度(#1)障害者(#2)GX660R(#6)ドキュメンタリー(#1)天皇制(#1)中川昭一(#1)チェキ(#1)FC2ブログ(#3)コオニユリ(#1)関門海峡(#3)佐世保高1女子殺害(#3)ストリートビュー(#2)
mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

QR code
QRコード

ashiato
categories
Trackback People

BlogPeople People

amazon
AD
search this site by Google
Loading
search form
all entries

全ての記事を表示する

monthly archives
FC2BLOG

BlogPeople
RSS links



 RSSリーダーで購読する

“ブロとも” form

この人とブロともになる

blogscouter