FC2ブログ
2011-12-20(Tue)

殺された児童6人の命の重さ。・・・・・懲役7年。

via: 【クレーン車6児童死亡】「6人の命奪った結果は極めて重大」被告に懲役7年判決 宇都宮地裁 - MSN産経ニュース

これがマトモな量刑と言えるだろうか。

初公判の際にも書いたことだが、この裁判では、てんかんという病気がひとつの大きな酌量減軽の材料として注目されてきた。しかしワタシからするとそれは非常にあざとい論点のすり替えとしか思えず、不愉快そのものだった。被告が起こした事故は、完全に防げたハズの事件なのである。飲酒運転の悪質さとなんら変わりない。そもそもこの事件が“自動車運転過失致死罪”でしか裁けないというのがおかしいのだ。今回は求刑通りの最高刑判決が下された、とは言っても、懲役7年・・・・である。死ぬ理由も全くなく、その自覚すらないままにある朝突然に轢き殺された6人の児童の命が、刑にして7年という軽さである。“6人の命を奪った結果は極めて重大”としながらも、7年である。これを不条理と言わずしてなにを不条理と言うのだろうか。被告は26歳。刑期を終えても33歳。また働き、またものを食べ、また笑い、また怒るだろう。そして生き続けるだろう。弁護や擁護する立場の人間は、被告についてよく、“一生を掛けて罪を償う”とか、“十字架を背負って生きていく”とかいう言い方をする。非常に薄っぺらで中身の全くない宗教観の押しつけがましいその感覚にヘドが出る思いがすることがあるが、ならば極普通に“死を以て償う”ということの当たり前さもそこに並べろと言いたい。生きて罪を償うなど、窃盗レベルの量刑に限っていいくらいだ。

 

人を殺す時は、ちょっと知恵を絞って刃物ではなく自動車にすべし。最小限の刑期に抑えられるかもね。法律が守ってくれる。

 

これでも日本は法治国家である。たとえ被害者よりも加害者の権利が重んじられる不条理さと理不尽さを感じたとしても、ここは間違いなく法治国家なのである。

スポンサーサイト




↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

tag : クレーン車6児童死亡

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
2011-09-29(Thu)

鹿沼クレーン事故裁判。雑感。

via: 鹿沼クレーン事故初公判 被告、起訴内容認める |下野新聞「SOON」

via: 医師の制止聞かず運転、事故繰り返す 鹿沼6児童死亡事故で柴田被告 |下野新聞「SOON」

via: 安全を問う:鹿沼クレーン事故初公判/中 てんかん患者の自動車運転 /栃木 - 毎日jp(毎日新聞)

過去に何度も事故を起こし、複数の医師からもクレーン車の運転を控えるように注意されながら、結果的に児童6人を殺した行為は、到底許されるものではない。死刑でも足らないくらいである。ニュースを見るたびに胸糞が悪くなる。

この事件に関しては、弁護や擁護をする立場の人間から、てんかん患者への差別や社会的孤立を危惧するコメントが出て来るのだが、全くナンセンスな話であり、筋違いなハナシである。“たまたま薬を飲み忘れた故に起きてしまった事故で、薬さえ飲んでいれば問題なかった”ってな言い方で括られてしまっては、遺族はたまったものではないだろう。そもそも薬を飲むことが絶対条件だと言ったところで、飲むか飲まないかは本人の意思次第であり、また、それを外部から確認することも出来ない。運転免許にある“運転の条件:眼鏡等”とはワケが違う。

良くも悪くも“差別”というコトバの持つインパクトが強いため、この手の話が論じられる際、どうしても中和剤のような役割として“平等”というコトバが使われがちだが、もっと冷静に客観的に本当の意味での“平等”ということについて考えるべきだろう。“薬を飲めば普通の人と何ら変わりません。だから通常作業可能です。”ということを、果たして“平等”だと言っていいのだろうか、と。“薬の飲み忘れ”という重大なリスクに目をつぶった結果が、児童6人死亡という悲劇である。それも薬を飲み忘れていることを本人が自覚しての事件である。どこに擁護する余地があるのだろうか。殺された児童6人の墓前で、“クレーン車を運転するのは長年の夢でした”と言えば許されるとでも思っているのか。

殺人事件の際に取り上げられる、精神疾患を抱えた加害者についての扱いにしても同様のコトが言える。犯した行為に向き合わずに、“その行為に至るにはそれなりに理由がある”などというクソな主張で論点のすり替えをしようとする幼稚なアホがよく出て来る。完全に被害者の存在、事件の存在、殺害行為の存在というのを消した状態で論ずるという、人として、人間として、あまりに愚かであまりに稚拙な主張。“差別反対”“死刑反対”というコトバに酔っているだけで、本来目指すべき方向とは真逆に突っ走っていることに気付かないおめでたい人間たち(笑)。まぁ、そんな自己陶酔自己満足なガキどもはどうでもいい。

事件以降、てんかん患者の運転免許取得に関する相談が激増したという。規制が厳しくなることを心配してのことらしいが、それはそれでナントモ・・・・というハナシではある。記事にあるとおり、“そもそも日本てんかん学会は、患者は大型免許の適性がないとの立場を示している。地検は「クレーン車の運転自体が過失」と主張する方針”、というのは当たり前の話である。これは、この手の事件で出てきがちな、差別だとか社会的な無理解だとかいう話とは全く違う次元の話である。前述したとおり、重大なリスクを抱えながらも、それを平等というコトバをもって由とするのは、無責任極まりないハナシである。“薬を飲んでいるから事故を起こさなくて当たり前”なのでは決してない。“事故を起こして当たり前”というのが事実であり現実なのである。そこを“差別”だと言うのは、あまりにも社会を知らな過ぎる主張だ。人間万能主義とでも言いたいのだろうか。

“やってはいけないし、やるべきではない”といったことは、病気の有無にかかわらず、日常生活を送る上で、人間であれば誰もが抱えている問題である。いや、問題ではなく、極当たり前のハナシと言えるだろう。“向き不向き”というレベルではなく、社会における相互危機回避機能とでも言ったトコロだろうか。要するに、ヒトそれぞれに持つ“役割”が、社会を構成しているということ。絶対的なモノもあれば、そうでないモノもある。もしその“役割”を差別だと言うのならば、それは遠回しに社会を否定し人間を否定していると言える。まぁ、便利ワードとして短絡的に“差別反対”などと言う偽善者の底の浅さは、皮肉なことに今や社会的に認知されているような気もするが(笑)。

いずれにせよ、この鹿沼クレーン事故は、起きて当たり前の事件である。そして法的に防ぐことも出来た事件であり、常識的に防げた事件でもある。病気をネタに差別のハナシを持ち出されるのは、極めて不愉快だし、悪質な論点のすり替えにしか見えない。“罪を憎んで人を憎まず”というコトバを軽々しく掲げて、上っ面の人権主義を唱えるアホどもの罪深さにはヘドが出る思いがする。病気であれ何であれ、6人の命を奪った事実は変わらないのである。加害者がいなければ、被害者を生むこともなかったハズだ。正当防衛でも何でもない殺人行為に、弁護する余地があるとでもと言うのだろうか。

犯行の原因を病気のせいにするのは卑怯であり、そもそもこの事故を起こした原因は病気のせいでも何でもない。薬の飲み忘れを自覚しながらも運転したという、加害者自身に原因があるのだ。飲酒運転常習者の悪質さと何ら変わらない。どうしても何かのコトバで括りたいのならば、“人を憎んで病気を憎まず”に変えるべきだ。
↓よろしければひとつポチッとお願いします・・・。 FC2ブログ★ランキングはコチラをクリック! blogram投票ボタン にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 人気ブログランキングへ ニュース・一般部門へGO!!

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

tag : クレーン車6児童死亡 死刑制度

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

関連するエントリー

Loading


calender
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from parkingline. Make your own badge here.
Created with flickr badge.
profile

parkingline

Author:
parkingline

日々の戯言雑言
アレコレ
日々の怒喜交々
アレコレ
喜怒哀楽の覚書
アレコレ

recent entries
recent comments

recent trackbacks

NINJA counter
NINJA visitor
gooberwalk
tag cloud v1.2a
HY-MHL1(#1)オート9(#1)うろこ雲(#1)WiMAX(#1)東金女児(#1)THETA(#1)王貞治(#1)大蘇ダム(#1)集団暴行(#1)キーボードカバー(#1)ドコモ(#1)S&W(#1)消費者庁(#1)bluetooth(#2)裁判員制度(#1)朝日新聞(#2)亀井大臣(#1)ワイプ(#1)固定スライド(#1)F-01A(#9)グロック26(#1)M9A1(#2)郵便法(#1)ヤモリ(#2)fatboy_slim(#1)船外活動(#1)GoogleAJAXFeedAPI(#1)タグ(#1)転送(#3)テレビ番組(#1)死刑廃止論者(#2)フルブラウザ(#1)体罰(#1)インタビュー(#1)浅田真央(#1)px4(#1)フォトショップ(#1)放火(#1)時効制度(#1)mp3(#2)DragonEdition2(#10)大相撲(#1)GX660R(#6)小6殺害(#1)タナカワークス(#1)ソーダ味(#1)チェキ(#1)懲戒請求(#1)24時間テレビ(#1)こんにゃくゼリー(#15)紅葉(#3)政教分離(#3)USB(#1)佐賀県知事(#4)映画音楽(#1)東日本大震災(#1)参議院選挙(#1)OSX(#1)国会(#1)DebbieGibson(#1)石原都知事(#3)ジャイロ・タイヤ(#1)泣かせ(#1)ひき逃げ(#3)モデルガン(#1)ズームレンズ(#2)M92F(#2)ペプシ(#1)尖閣諸島(#7)007(#1)グロック18C(#1)キル・ビル(#1)本庄第一高校(#1)とくダネ!(#1)ネットカフェ(#1)ブラウザ(#1)露店爆発事故(#2)SIGMA50-500mm(#1)SCM(#1)HighslideJS(#1)空(#3)接写(#1)KatyPerry(#1)障害者(#2)スカイプ(#1)関門海峡(#3)飛行機雲(#1)キム・ヨナ(#1)ライバルズ(#1)F-01F(#7)ノーベル賞(#1)鳩山首相(#1)picnik(#2)ソフトウェア更新(#1)民主党(#33)中大教授刺殺(#1)光市母子殺害事件(#30)年越し派遣村(#3)永遠のゼロ(#1)ツイッター(#6)コーラ(#1)鬼百合(#1)70-300mm(#1)マクロリングライト(#1)事故(#1)精神鑑定(#8)UFO(#1)西川社長(#1)マウント(#2)自民党(#3)酒井法子(#1)Windows8.1(#3)死刑反対派(#1)ジャケット写真(#2)オニユリ(#1)広島女児殺害(#1)USBメモリ(#2)麻薬(#1)日本郵政(#1)アイコン(#1)バラエティー(#1)野田消費者行政担当相(#6)中国(#1)桜(#2)筑紫哲也(#1)闇サイト殺人(#1)福田元首相(#1)爪切り事件(#3)死刑囚(#2)XBOX(#1)韓国(#1)秋葉原連続通り魔事件(#1)福知山花火大会(#2)コオニユリ(#1)サイクリング(#2)flv(#1)長崎市長射殺(#1)教師(#1)ロマン・ポランスキー(#1)東京マルイ(#6)H&K(#1)インターセプター(#1)障害者割引(#1)ウド&井上(#1)裁判所(#1)被災松(#3)三浦元社長(#1)カマキリ(#1)プッチンプリン(#1)関連するエントリー(#1)マッド・マックス(#1)個室ビデオ(#1)photofunia(#1)秋葉原殺傷事件(#2)御祓い(#1)NASA(#1)アートワーク(#1)川崎中1殺害事件(#5)窃盗(#1)景観破壊(#2)デリンジャー(#1)osx(#1)待受ショートカット(#1)ソーコム(#1)Winodws8.1(#1).44マグナム(#1)ドラッグ(#1)GPS(#1)people(#1)虐待(#2)きちがい(#1)大統領選(#1)謝罪会見(#1)フジテレビ(#6)windows8(#2)死に神(#1)ハッピーサマー缶(#1)クリストファー・ウォーケン(#1)北朝鮮(#10)想像力(#1)HDD(#1)創価学会(#5)ファットボーイ・スリム(#1)拉致問題(#2)GeforceGTX780M(#1)宮崎県知事(#1)皇族(#1)夕焼け(#4)政府(#1)ロボコップ(#1)総裁選(#2)ドリームマッチ2009(#1)クエンティン・タランティーノ(#1)画像表示(#1)ぶらさがり取材(#3)和布刈(#1)修整(#1)写真表示(#1)電動ブローバック(#1)アカマイ設定(#1)いじめ(#1)和布刈公園(#1)東国原(#2)振り込め詐欺(#1)待受(#1)緒形拳(#1)朝鮮学校(#2)製造責任(#1)ジャケット(#1)死刑廃止を推進する議員連盟(#1)広告(#1)東京都青少年健全育成条例(#1)ゼロ戦(#1)GoogleEarth(#1)青と黒(#1)pc(#2)バラク・オバマ(#1)関門海峡花火大会(#1)イグ・ノーベル(#1)蒟蒻畑(#11)スカーレット・ヨハンソン(#2)福祉(#2)福岡城跡(#1)ドキュメンタリー(#1)ストリートビュー(#2)ポール・ニューマン(#1)まやかしの世界(#1)舞鶴公園(#2)なめらかスロー(#1)BlogPeople(#1)朝鮮学校無償化(#4)X360(#1)クイックプレイリスト(#1)ハリー・キャラハン(#1)学校(#1)楳図かずお(#2)テロップ(#1)ビーチサンダル(#1)死刑(#3)お笑い(#2)音楽(#1)少年法(#6)漁船衝突(#6)クワガタ(#1)鳩山政権(#2)政権交代(#1)宇宙遊泳(#1)ベレッタ(#2)福田君を殺して何になる(#1)秋葉原連続殺傷事件(#1)ウエスタン・アームズ(#1)携帯(#3)GoogleMap(#2)海上自衛隊(#1)組み立てキット(#1)GLOCK18C(#1)中山国交相(#1)雲(#4)GT70(#10)ルービック・キューブ(#1)S2S(#1)デジカメ(#14)バッタ(#1)EF50mm(#1)人権(#2)薬物(#1)足利事件(#2)東海テレビ(#2)バトン(#1)USP.45(#1)PCゲーム(#1)責任能力(#10)映画(#1)リボルテックダンボー(#1)grasshopper(#1)写真(#2)グロック26アドバンス(#1)原発事故関連(#84)Weapon_of_Choice(#1)ニード・フォー・スピード(#1)殺害(#1)docomo(#2)GO!GO!7188(#1)むかご(#1)下関(#1)キック・アス(#4)皇室(#1)コカ・コーラ(#1)44マグナム(#1)合成写真(#1)地下鉄サリン事件(#1)BIOS(#2)クリエイティブフィルター(#2)冤罪(#1)SIGMA(#4)参院選(#1)天皇制(#1)ドナーカード(#1)ペプシアイスキューカンバー(#1)加工(#1)量刑(#1)FC2ブログ(#3)flickr(#1)F-06B(#35)夜桜(#1)instaxmini(#1)EOS70D(#36)Spyder4pro(#1)国会のヤジ(#1)ばった(#1)クレーン車6児童死亡(#2)東国原知事(#1)MSI(#16)タクティカル・エリート(#1)猫(#4)犯罪(#1)中山前国交相(#1)実名報道(#4)はなむけ(#1)itunes(#2)金正日(#1)KSC(#1)ペプシホワイト(#1)Wi-Fi(#1)キチガイ(#1)youtube(#1)アンストッパブル(#1)ブルドッグ(#1)拘束(#1)飲酒運転(#19)大阪府知事(#1)Safari(#1)橋下知事(#5)関門トンネル人道(#1)流出(#8)改正国籍法(#1)Mk23(#1)千葉景子(#2)フィギュアスケート(#1)グロック(#1)番組(#1)スター・ウォーズ(#1)カラス(#1)鹿児島夫婦殺害(#2)RICHO(#1)WA(#1)光学ドライブ(#2)夕陽(#2)佐世保高1女子殺害(#3)失言(#1)くまモン(#1)トカレフ(#1)加藤容疑者(#3)トイガン(#3)M29(#1)裁判員裁判(#6)白鷺(#1)Skype(#1)世田谷一家殺害事件(#1)中川昭一(#1)ファイル転送(#1)門司港レトロ展望室(#1)千葉法相(#4)テロ指定解除(#1)ヒメツルソバ(#1)法相(#2)オウム(#1)麻生首相(#5)フォント(#2)オバマ大統領(#1)F-05D(#1)wma(#1)さんま(#1)デザート・イーグル(#2)MHL-HDMI変換アダプタ(#1)プラネタリウム(#1)デザートイーグル(#3)死刑廃止(#2)インターネット(#1)田母神幕僚長論文(#5)死刑制度(#131)訴訟(#1)福岡タワー(#1)ドレスの色(#1)ガスガン(#14)18-35mm(#3)メタリック・ナノパズル(#1)コルトガバメント(#1)夕日(#2)自殺(#3)白と金(#1)オリンピック(#1)WiMAX2+(#1)公明党(#4)泣き(#1)八百長(#1)オートアート(#1)モバイルバッテリー(#1)法務大臣(#1)Opera(#1)爆弾(#1)心神喪失(#1)江東バラバラ殺人事件(#2)ロス疑惑(#2)swf(#1)GP-E2(#1)radiko(#1)土浦連続殺傷事件(#1)万引き(#1)イージーカバー(#1)監禁(#1)企業責任(#2)SⅡS(#1)三浦和義元社長(#1)安田弁護団(#1)友泉亭公園(#1)事件(#2)PowerShotSX50HS(#4)エアガン(#2)グーグルマップ(#2)小1殺害(#2)スマホカバー(#1)砂風呂遊び(#1)臓器移植(#1)
mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

QR code
QRコード

ashiato
categories
Trackback People

BlogPeople People

amazon
AD
search this site by Google
Loading
search form
all entries

全ての記事を表示する

monthly archives
FC2BLOG

BlogPeople
RSS links



 RSSリーダーで購読する

“ブロとも” form

この人とブロともになる

blogscouter